肝性脳症 治療

肝性脳症の予防

    便通を整える
    消化管出血を予防する
    蛋白の摂取制限
    電解質異常の補正

肝性脳症の治療

    蛋白摂取制限:1日40g以下、糖質を中心に1,300から1,600Cal/日
    ラクチュロース: 腸内細菌によって乳酸を生じpHを低下させてしまうため、アンモニアの吸収を抑制(pHが下がるとNH3 →NH4+となって、イオンは吸収されにくいため)、下剤としての効果、エンドトキシン血症の予防
    分枝鎖アミノ酸(BCAA)の投与: BCAA投与により筋組織で取り込まれたBCAAはTCAサイクルを経て、α-ケトグルタール酸を経てグルタミン酸となり、これにアンモニアが結合してグルタミンを生成するためBCAA投与により血中アンモニアの濃度も低下する
    非吸収型抗生剤の投与: リフキシマ[あすか製薬]、ネオマイシン、カナマイシン

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください