脊髄損傷update

Early sacral neuromodulation prevents urinary incontinence after complete spinal cord injury.Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):74-84.
完全な脊髄損傷後の早期に,仙骨神経刺激装置を埋め込むことにより,排尿や排便,勃起機能を保つことができる.

Brainstem 1H nuclear magnetic resonance (NMR) spectroscopy: marker of demyelination and repair in spinal cord.Ann Neurol. 2009;66:559-6
脊髄損傷のモデルマウスではMRSによるNAAの値が,脱髄,再髄鞘化,症状の改善を反映しており,人での臨床試験でも有用かもしれない.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください