感染性心内膜炎 update

Early Surgery versus Conventional Treatment for Infective Endocarditis. N Engl J Med 2012; 366:2466-2473
感染性心内膜炎と大きな疣贅を有する患者では、早期手術により全身性塞栓症のリスクが低下し、それに伴い全死因死亡・塞栓イベントの複合エンドポイントが有意に減少した

Evolution and Regression of Intracranial Infectious Aneurysm Diagnosed by Brain Computed Tomographic Angiography. Arch Neurol. 2010;67(9):1147.
抗菌剤治療による感染性脳動脈瘤の退縮をCTアンギオで観察できた感染性心内膜炎の55歳男性例

Effect of early cerebral magnetic resonance imaging on clinical decisions in infective endocarditis: a prospective study. Ann Intern Med. 2010 20;152:497-504
感染性心内膜炎患者での前向き研究では、頭部MRI検査で82%に脳病変が検出され、全体で28%の診断・治療方針に影響を与えたことから、頭部MRI検査は臨床的に有用であると考えられた。

コメントを残す