頚椎症(性神経根症)update

Comparison of randomized treatments for late whiplash. Neurology 2010 74: 1223-1230.
頚椎障害の後遺症に対してブピバカイン筋注、flurbiprophen内服、理学療法の3群に分けて治療を行い女性優位に症状の改善を認めたが、治療の種類による効果の差はなく、その後に認知行動療法を追加することでさらなる改善効果が得られるようだ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください