感染性末梢神経障害 update

Hepatitis C seropositivity is not a risk factor for sensory neuropathy among patients with HIV. Neurology 2010 74: 1538-1542.
HIV症例においてC型肝炎ウィルス血清陽性と感覚性末梢神経障害発症増加の関連は見られなかった

Continued High Prevalence and Adverse Clinical Impact of Human Immunodeficiency Virus?Associated Sensory Neuropathy in the Era of Combination Antiretroviral Therapy: The CHARTER Study. Arch Neurol. 2010;67(5):552-558.
HIV感染者の約38%が感覚性末梢神経障害を併発しており、特に高齢、CD4値の低下、最近の抗エイズ薬多剤併用療法の試行、以前のD-drugの使用が危険因子であり、神経痛は明らかに日常生活の活動度を低下させていた

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください