Hoehn-Yahrの重症度分類

Hoehn-Yahrの重症度分類(修正版)

0度 パーキンソニズムなし
1度 一側性パーキンソニズム
1.5度 一側性パーキンソニズムおよび体幹障害
2度 両側性パーキンソニズムだが平衡障害なし
2.5度 軽度両側性パーキンソニズム及び後方突進あるが自分で立ち直れる
3度 軽度〜中等度両側性パーキンソニズムおよび平衡障害、介助不要
4度 高度パーキンソニズムおよび平衡障害、歩行は介助無しで何とか可能
5度 介助なしでは車椅子まただベットに寝たきり、介助でも歩行困難

Hoehn-Yahrの重症度分類

1度 一側性障害のみ。通常、機能障害は軽微またはなし。
2度 両側性の障害があるが、姿勢保持の障害はない。日常生活、就業は多少の障害はあるが行いうる。
3度 立ち直り反射に障害が見られる。活動はある程度は制限されるが職種によっては仕事が可能であり、機能障害は、軽ないし中程度だがまだ誰にも頼らず一人で生活できる。
4度 重篤な機能障害を有し、自力のみによる生活は困難となるが、まだ支えなしに立つこと、歩くことはどうにか可能である。
5度 立つことも不可能で、介助なしにはベッドまたは車椅子につききりの生活を強いられる。

3度以上で医療費の補助が受けられます

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください