肺炎、誤嚥性肺炎 診断

メモ
脳梗塞特に脳幹梗塞では嚥下障害を強く認め、誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。
一方で、以下に咽頭筋が両側支配であっても一側性大脳病変でも嚥下反射遅延などによる嚥下障害が起こることが知られています。
その機序としては、島や視床を介する感覚系の障害による口腔・咽頭の知覚低下や、基底核障害による黒質線条体におけるドーパミン放出の低下などを介した迷走神経知覚枝の機能低下が考えられています

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください