Complex Regional Pain Syndrome update

Central opioidergic neurotransmission in complex regional pain syndrome. Neurology 2010 75: 129-136.
複合性局所疼痛症候群では、[(18)F]FEDPN PETで測定したオピオイド受容体結合能が対側の扁桃体や海馬傍回で低下し、対側の前頭前野で増加しており、それぞれ痛み、不安、うつ症状との関連を認めた

Is reflex sympathetic dystrophy/complex regional pain syndrome type I a small-fiber neuropathy? Ann Neurol. 2009;65:629-38.
RSD/CRPS-Iの病態についてのレビュー.

Sympathetic block with botulinum toxin to treat complex regional pain syndrome.Ann Neurol. 2009 Mar 18;65:348-351. [Epub ahead of print]
CRPSに対する交感神経ブロックでボツリヌス毒素Aを加えることにより10日以上の無痛期間を延長する.

Warm and cold complex regional pain syndromes: Differences beyond skin temperature?. Neurology 2009 72: 505-512.
皮膚温の低下するCRPSは上昇するものに比べ、痛みが強く、感覚障害を伴い、より深刻なイベント歴がある

fMRI reveals distinct CNS processing during symptomatic and recovered complex regional pain syndrome in children Brain. 2008 Jun 20.
小児のCRPSは寛解しうる点が成人とは異なる。小児CRPS例のfMRIで検討により中枢の回路形成の変化が示唆された。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください