ポンペ病 治療

マイオザイム投与
img_01
遺伝子組換えアルグルコシダーゼαで、1回体重あたり20mgを隔週点滴投与します。
特に乳児型には著効します。遅発型にも有効性はあるようです。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください