ラクナ梗塞 update

Effects of Clopidogrel Added to Aspirin in Patients with Recent Lacunar Stroke. N Engl J Med 2012; 367:817-825
ラクナ梗塞を最近発症した患者において,アスピリンにクロピドグレルを併用しても,脳卒中の再発リスクは有意に減少せず,出血と死亡のリスクが有意に増加した

Retinal fractals and acute lacunar stroke.Ann Neurol. 2010;68:107.
網膜微小血管の複雑さ(フラクタル次元)はラクナ梗塞の独立した危険因子である.

Enlarged perivascular spaces on MRI are a feature of cerebral small vessel disease. Stroke. 2010 Mar;41(3):450-4.
MRIにおける拡大血管周囲腔は、ラクナ梗塞あるいは白質のMRIでの高信号病変と関連していた

Ataxic Hemiparesis: The Benefit of Acute Multiparametric Magnetic Resonance Imaging. Arch Neurol. 2010;67(1):116-117.
脳底動脈閉塞に伴う視床外側のラクナ梗塞により失調性麻痺を来たした76歳男性

Prevalence, incidence, and risk factors of lacunar infarcts in a community sample. Neurology 2009 73: 266-272.
60歳を超えるとラクナ梗塞が偶然発見されることが多くなり、大きさと発症率は年齢と共に上昇し、高血圧や白質のT2高信号領域がラクナ梗塞の発症と関連していた

Retinal microvasculature in acute lacunar stroke: a cross-sectional study.Lancet Neurol. 2009 May 28. [Epub ahead of print]
ラクナ梗塞では他の病型の脳梗塞と比べて高血圧や糖尿病,高コレステロール血症は少ない傾向にあるが,網膜微小血管の異常は多く,非アテローム血栓性の血管閉塞であることを示唆し,予防に有用な所見であるかもしれない.

Differences in retinal vessels support a distinct vasculopathy causing lacunar stroke. Neurology 2009 72: 1773-1778.
ラクナ梗塞では、皮質枝梗塞と比較して網膜静脈が有意に拡張していたが、網膜動脈径は差がなかった

Location of lacunar infarcts correlates with cognition in a sample of non disabled subjects with age-related white matter changes: the LADIS study.JNNP. 2009 Feb 11. [Epub ahead of print]
内包や大脳白質,尾状核のラクナ梗塞では認知症との関連がみられないが,視床や被殻,淡蒼球のラクナ梗塞の存在は認知症スコアとの相関がみられる.

Lacunar stroke is associated with diffuse blood-brain barrier dysfunction.Ann Neurol. 2009;65:194-202.
ラクナ梗塞では皮質梗塞に比べて,Gd造影剤の白質や髄液への漏出が多く見られ、血管脳関門の障害が示唆される.

Significant associations of metabolic syndrome and its components with silent lacunar infarction in middle aged subjects. JNNP 2008 79:719-21
メタボリック症候群では中年の無症候性ラクナ梗塞が6.52倍と有意に多く,血圧,空腹時高血糖のほか高中性脂肪,高腹囲長とも相関している

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください