リンパ球性下垂体炎 lymphocytic hypophysitis 診断

概念
自己免疫的機序による下垂体の非特異的炎症です

    前葉の炎症はlymphocytic adenohypophysitis
    後葉から下垂体柄の炎症はlymphocytic infundibuloneurohypophysitis

と呼ばれます。
妊娠分娩を契機とし前葉機能不全を起こす前者がまず確立されて、尿崩症と関連した後葉の炎症が後に報告されました。
最近では、HLA-A24やIgG4との関連も報告されているようです

鑑別診断

    lymphocytic adenohypophysitis:下垂体腺腫、下垂体過形成
    lymphocytic infundibuloneurohypophysitis:胚芽腫、頭蓋咽頭腫、ヒスチオサイト−シス、結核、サルコイドーシス

hypophysitis

上段:治療前 Gd造影T1強調画像(造影される下垂体柄の腫大を認めます)
下段:治療後 Gd造影T1強調画像

hypo

左:Gd造影T1強調画像、右:T2強調画像
下垂体柄の造影増強効果は目立ちます。一方で、希に脳幹や基底核など大脳実質領域に炎症が及ぶこともあります

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください