脳性麻痺 update

Risk Factors and Presentations of Periventricular Venous Infarction vs Arterial Presumed Perinatal Ischemic Stroke. Arch Neurol. 2010;67(7):842-848.
周産期動脈性脳梗塞と脳室周囲静脈性梗塞はしばしば診断が遅れ、前者は後者と比較して胎児仮死、緊急帝王切開、新生児期の蘇生との関連がより強かった

Cross-sectional comparison of periventricular leukomalacia in preterm and term children. Neurology 2010 74: 1386-1391.
脳性麻痺の一部に脳MRIで白質病変が認められ、その中で早産児であるか正期産児であるかにより臨床型が異なり、特に前者では痙性が強い例が多かった

Practice Parameter: Pharmacologic treatment of spasticity in children and adolescents with cerebral palsy (an evidence-based review). Neurology 2010;74:336?343.
脳性麻痺による痙縮に対する治療のエビデンスに関する総説

Comorbidities in cerebral palsy and their relationship to neurologic subtype and GMFCS level. Neurology 2009 72: 2090-2096.
脳性麻痺では、痙性四肢麻痺、ジスキネジアなどの神経症状がある場合、あるいは重症度が強い場合、他の神経学的異常を合併していることが多い

Selective neuronal nitric oxide synthase inhibitors and the prevention of cerebral palsy.Ann Neurol. 2009 Feb 20. [Epub ahead of print]
脳性麻痺のモデルウサギに対して,コンピュータを用いて新たに設計した神経NOS阻害剤を投与し効果が確認できた.

Changes in soleus H-reflex modulation after treadmill training in children with cerebral palsy. Brain 2009 132: 37-44
小児の脳性麻痺症例ではトレッドミルトレーニングによりヒラメ筋のH-reflexが減弱する

Diffusion tensor imaging of the pyramidal tracts in infants with motor dysfunction. Neurology 2008 71: 1676-1682.
乳児の運動機能障害はMRIトラクトグラフィーのFA値の低下と拡散値の上昇と相関する

Two-year placebo-controlled trial of botulinum toxin A for leg spasticity in cerebral palsy. Neurology 2008 71: 122-128.
ボツリヌストキシンA(最大30 mu/kg、3ヶ月ごと)は2-6歳の脳性麻痺のけい縮に対して効果を発揮できなかった

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください