感染性心内膜炎 治療

細菌性動脈瘤について
レンサ球菌やブドウ球菌による感染性心内膜炎でよく見られます
真菌性は脳底部の動脈に動脈瘤を作ることが多いようです
急性期に脳出血やSAHによるmass effectが強く、血腫除去が必要な場合や、抗生剤を長期間投与しても動脈瘤の縮小、消失が見られない場合は手術が必要になります

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください