膠芽腫 update

NFKBIA Deletion in Glioblastomas. N Engl J Med. 2011;364(7):627-37.
NFKBIA 欠失は,膠芽腫の病理において EGFR 増幅による影響と類似した影響を及ぼし,相対的に短い生存期間と関連する

Pearls & Oy-sters: Large vessel ischemic stroke secondary to glioblastoma multiforme. Neurology 2010 74: e50-e51.
大血管生脳梗塞を併発した多型性神経膠芽腫の41歳女性例

Recent Advances in Therapy for Glioblastoma. Arch Neurol. 2010;67(3):279-283.
膠芽腫に対する最新治療の総説

A Phase 1 Trial of ABT-510 Concurrent With Standard Chemoradiation for Patients With Newly Diagnosed Glioblastoma. Arch Neurol. 2010;67(3):313-319.
膠芽腫に対する化学療法、放射線療法にABT-510 (トロンボスポンジン-1)を20mgから200mgまでの漸増投与し、高い忍容性が確認できた(第一相試験)

Evaluation of O-(2-[18F]-Fluoroethyl)-L-Tyrosine in the Diagnosis of Glioblastoma. Arch Neurol. 2010;67(3):370-372.
膠芽腫ではFET(F- 18-フルオロアミノ酸)-PETの集積が見られる

Malignant Astrocytomas: A System Disease. Arch Neurol. 2010;67(3):353-355.
多形神経膠芽腫と遺伝子変異に関する総説

Optic neuropathy in patients with glioblastoma receiving bevacizumab. Neurology 2009 73: 1924-1926.
ベバシズマブ (Bevacizumab)治療を受け視神経症を来した膠芽腫の6例

Mgmt methylation is a prognostic biomarker in elderly patients with newly diagnosed glioblastoma. Neurology 2009 73: 1509-1510.
70歳以上の高齢発症の膠芽腫では若年者と同様にMGMT遺伝子のメチレーションは予後因子と考えられた

Correlation of enzyme-inducing anticonvulsant use with outcome of patients with glioblastoma. Neurology 2009 73: 1207-1213.
膠芽腫において肝臓でのP450を誘導する抗痙攣薬の服薬は理論的には化学療法薬の代謝を促進させてしまうが、予後因子であった

Patterns of relapse and prognosis after bevacizumab failure in recurrent glioblastoma. Neurology 2009 73: 1200-1206.
ベバシズマブ (Bevacizumab)の効果の乏しい再発膠芽腫では、PS低値、MRIで造影増強効果のない病変の出現が、中央生存期間の低下と関連していた

Clinical Reasoning: A 52-year-old man with spells of altered consciousness and severe headaches. Neurology 2009 72: e105-e110.
髄膜播種を伴うglioblastomasの1例

Bevacizumab and chemotherapy for recurrent glioblastoma: A single-institution experience. Neurology 2009 72: 1217-1222.
再発性の膠芽腫に対して化学療法と伴にベバシズマブ (Bevacizumab;VEGFモノクローナル抗体)を加えると治療効果が高い可能性がある

TP53 codon 72 polymorphism is associated with age at onset of glioblastoma. Neurology 2009 72: 332-336.
TP53コドン72の遺伝子多型が膠芽腫の発症に関与している

Patterns of care in elderly glioblastoma patients. Ann Neurol. 2008;64:628-34.
65歳以上の高齢者での膠芽腫4137例の検討から,平均生存期間は4ヶ月で,手術や放射線,化学療法などの治療を受けるかは人種や結婚の有無,合併症により影響される.

Molecular Predictors in Glioblastoma: Toward Personalized Therapy. Arch Neurol. 2008;65:877-883.
Glioblastoma(膠芽腫)の発現マーカーの違いに注目したテーラーメイド医療を目標とする総説

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください