深部脳刺激(DBS) update

Neurostimulation for Parkinson’s disease with early motor complications. N Engl J Med. 2013;368:610-22.
パーキンソン病で早期の運動合併症を有する患者において,QOLや運動症状及びジスキネジア陰性期間などに関して視床下核刺激は内科的治療よりも優れていた

Sleep induced by stimulation in the human pedunculopontine nucleus area.Ann Neurol. 2010;67:546.
パーキンソン病患者の大脳脚橋核への電気刺激によりノンレム睡眠が誘発された.

Motor and cognitive outcome in patients with Parkinson’s disease 8 years after subthalamic implants. Brain. 2010 Sep;133(9):2664-76.
パーキンソン病に対するDBS治療による認知機能障害は8年の経過を追っても強い障害は起こらないが、運動障害に対する効果はDBS植え込み8年後にはやや減弱していた

Bilateral Pallidal Stimulation for X-Linked Dystonia Parkinsonism. Arch Neurol. 2010;67(8):1012-1015.
両側淡蒼球刺激療法によりジストニアの改善しが認められたX連鎖ジストニア・パーキンソニズムの40歳男性例

Pallidal versus subthalamic deep-brain stimulation for Parkinson’s disease. N Engl J Med. 2010 Jun 3;362(22):2077-91.
パーキンソン病患者に淡蒼球刺激,視床下核刺激のどちらを施行しても運動機能に同程度の改善が認められたため、脳深部刺激手術の標的部位を選択する際には,非運動症状を考慮するのが妥当であるかもしれない

Effects of STN stimulation on the initiation and inhibition of saccade in Parkinson disease. Neurology 2010 74: 743-748.
視床下核脳深部刺激はパーキンソン病の衝動性眼球運動を改善させる効果がある

Subthalamic nucleus stimulation in Parkinson disease induces apathy: A PET study. Neurology 2009 73: 1746-1751.
パーキンソン病に対する視床下核刺激の試行後は無気力の程度が強くなり、右中前頭回と右下前頭回のグルコース代謝の変化と無気力の変化は正の相関をしめしていた

Bilateral subthalamotomy through dbs electrodes: a rescue option for device-related infection. Neurology 2009 73: 1243-1244.
脳深部刺激電極の感染により抜去前に、その電極を利用して両側視床下核切除を施行しパーキンソニズムの改善効果を認めた60歳男性

Long-term superiority of subthalamic nucleus stimulation over pallidotomy in Parkinson disease. Neurology 2009 73: 151-153.
進行期PDの運動症状に対して淡蒼球破壊術よりもて視床下核脳深部刺激の方が長期に追跡しても効果がたかいようだ

Cognitive Functions in a Patient With Parkinson-Dementia Syndrome Undergoing Deep Brain Stimulation. Arch Neurol. 2009;66(6):781-785.
マイネルト基底核へのDBS刺激により認知機能の強い完全を認めた認知症を伴うパーキンソン症候群の71歳男性例

Enough Is Enough: Moving on to Deep Brain Stimulation in Patients With Fluctuating Parkinson Disease. Arch Neurol. 2009;66(6):778-780.
前向き研による検討で、パーキンソン病では最適な薬物療法よりもDBSの方がジスキネジアのないOn時間の延長、6ヶ月後のQOLの改善などの項目で良好な結果が得られたが、重大な合併症を引き起こす危険性は高い

Improvement of tics after subthalamic nucleus deep brain stimulation. Neurology 2009 72: 1787-1789.
視床下核のDBSでチックが改善したパーキンソン病の例

Effective thalamic deep brain stimulation for neuropathic tremor in a patient with severe demyelinating neuropathy. JNNP. 2009 Feb;80(2):235-6.
重症脱髄性末梢神経障害の後遺症による手指の振戦に対して,両側の腹側中間視床核に対する深部脳刺激であっ.72歳の症例報告.

Frontal FDG-PET activity correlates with cognitive outcome after STN-DBS in Parkinson disease. Neurology 2009 72: 42-49.
進行したパーキンソン病では視床下核の深部脳刺激後に前頭葉の糖代謝能が低下することが多く、低下の程度と認知機能が相関する

STN-DBS activates the target area in Parkinson disease: An FDG-PET study. Neurology 2008 71: 708-713.
視床下核の深部脳刺激は、パーキンソン病の視床下核と淡蒼球のグルコース代謝を上昇させることがFDG-PETで検出できた

Cognitive declines following bilateral subthalamic nucleus deep brain stimulation for the treatment of Parkinson’s disease. JNNP 2008;79:789-95. Epub 2007 Oct 26.
パーキンソン病での視床下核の深部脳刺激では,運動症状が改善しても言語想起や会話での情報処理の能力などに軽度低下がみられ,前頭葉線条体の機能障害を来す

Pyramidal tract side effects induced by deep brain stimulation of the subthalamic nucleus. JNNP 2008;79:813-9. Epub 2007 Oct 10.
パーキンソン病の視床下核への深部脳刺激による錐体路への副作用は,高周波刺激により皮質延髄路への影響で顔面筋の筋収縮がおきやすく,電極と錐体路との距離とも相関している

Neuropsychological and psychiatric changes after deep brain stimulation for Parkinson’s disease: a randomised, multicentre study. Lancet Neurol 2008 Jul;7(7):605-14. Epub 2008 Jun 4.
パーキンソン病に対する視床下核の深部脳刺激による認知能力,精神症状への影響が危惧されているが,ある種の前頭葉機能の低下はみられるものの全体的な認知能力に影響はなく,また不安感は低減させる効果があり,生活の質を低下させるようなものではない

STN-DBS frequency effects on freezing of gait in advanced Parkinson disease. Neurology 2008 71: 80-84.
PDの重度のすくみ足に対しては、130Hzよりむしろ60Hzの視床下核刺激に強い改善効果を認める

Effects of subthalamic deep brain stimulation on noun/verb generation and selection from competing alternatives in Parkinson’s disease. JNNP 2008 79:700-5
PDでは動詞の発語障害が指摘されているが,視床下核刺激により名詞,動詞の間違った発語が多くなり,とくに類義語からの選択に影響がある

Multicentre European study of thalamic stimulation for parkinsonian tremor: a 6 year follow-up. JNNP 2008 79:694-9
視床の深部脳刺激は,PDの筋強直や寡動に対しては無効であるが,術後6年経っても振戦に対して有効である

Bilateral stimulation of the caudal zona incerta nucleus for tremor control. JNNP 2008;79:504-13.
両側尾側不覚帯の電気刺激は,PDの振戦,Holmes tremor,本態性振戦,小脳性振戦,多発性硬化症に伴う振戦などに有効である

Induction of parkinsonian resting tremor by stimulation of the caudal zona incerta nucleus: a clinical study. JNNP 2008;79:514-21.
PD患者ではDBSで尾側不覚帯や腹外側視床皮質神経の刺激により振戦が生じ,同部位を含む連絡回路が振戦発生に関わっている可能性がある

Effects of subthalamic deep brain stimulation on dysarthrophonia in Parkinson’sdisease. JNNP 2008;79:522-9.
視床下核深部脳刺激でPDの音声学的な構語障害に改善がみられるが,韻律的な側面からは構語障害が悪化している

Improvement in Parkinson Disease by Subthalamic Nucleus Stimulation Based on Electrode Placement: Effects of Reimplantation. Arch Neurol. 2008;65:612-616.
視床下核刺激で良好に反応しないPD症例に、視床下核により近い位置にもう一度電極を埋め込むと症状が改善する傾向がある

Deep brain stimulation activation volumes and their association with neurophysiological mapping and therapeutic outcomes. JNNP 2008 Apr 10 [Epub ahead of print]
視床下核の脳深部電気刺激が効果のあるパーキンソン病患者では,電気刺激により活性化される脳の部位が視床下核の背側境界部まで含まれている

Attempted and completed suicides after subthalamic nucleus stimulation for Parkinson’s disease. JNNP 2008 Apr 10 [Epub ahead of print]
進行期パーキンソン病患者に対して視床下核の脳深部電気刺激をすると,運動症状の改善にもかかわらず自殺企図が見られる場合があり,注意が必要である

Effects of subthalamic nucleus stimulation and levodopa on freezing of gait in Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1431-1437.
両側視床下核刺激療法はレボドパ反応性のあるすくみ足に効果を認めるが、レボドパ内服の効果を上回ることは少ない

Subthalamic nucleus stimulation modulates audiospinal reactions in Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1445-1451.
両側視床下核刺激療法の高周波刺激によりPDにおける脳幹の聴覚性驚愕反応を抑制できる

Objective monitoring of tremor and bradykinesia during DBS surgery for Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1244-1249.
視床下核刺激(STN)手術中の効果を、振戦、寡動状態を記録装置で客観的に評価することができる

Subthalamic nucleus stimulation-induced regional blood flow responses correlate with improvement of motor signs in Parkinson diseaseBrain. 2008 Aug 12.
PDにおける視床下核DBSによる脳局所の血流変化と運動症状の改善に相関がみられた
Cognitive declines following bilateral subthalamic nucleus deep brain stimulation for the treatment of Parkinson’s disease. JNNP 2008;79:789-95. Epub 2007 Oct 26.
パーキンソン病での視床下核の深部脳刺激では,運動症状が改善しても言語想起や会話での情報処理の能力などに軽度低下がみられ,前頭葉線条体の機能障害を来す

Pyramidal tract side effects induced by deep brain stimulation of the subthalamic nucleus. JNNP 2008;79:813-9. Epub 2007 Oct 10.
パーキンソン病の視床下核への深部脳刺激による錐体路への副作用は,高周波刺激により皮質延髄路への影響で顔面筋の筋収縮がおきやすく,電極と錐体路との距離とも相関している

Neuropsychological and psychiatric changes after deep brain stimulation for Parkinson’s disease: a randomised, multicentre study. Lancet Neurol 2008 Jul;7(7):605-14. Epub 2008 Jun 4.
パーキンソン病に対する視床下核の深部脳刺激による認知能力,精神症状への影響が危惧されているが,ある種の前頭葉機能の低下はみられるものの全体的な認知能力に影響はなく,また不安感は低減させる効果があり,生活の質を低下させるようなものではない

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください