Trail making test (TMT)

TMTとは制限時間内に数字を1から25まで順に結ぶ(Part A)、数字とひらがなを「1→あ→2→い・・・」のように交互に結ぶ(Part B)という二つの課題からなります。
評価としては「注意の持続と選択、また、視覚探索・視覚運動協調性などを調べる検査で、前頭葉損傷患者に鋭敏な検査」で「Part B」では注意や概念の変換能力が必要とされる為、遂行機能検査としてよく利用される」と言われています。
最近では転倒との関連で転倒リスクを評価する一つの指標として使用されている場合もあるようです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください