くも膜下出血 治療

脳卒中治療ガイドライン2009

動脈瘤内塞栓術に適した条件

    後方循環の動脈瘤
    動脈瘤の頚部が小さい(4-5mm以下)
    動脈瘤が小さい(15mm以下)
    dome/neck ratio > 2
    Hunt & Hess (Konsnik) 分類の Grade I-III

くも膜下出血後のSpasm
大体発症7日後がピークです。hypertension hypervolemia hemodilution therapy(ドーパミン、アルブミン、デキストラン、)、カルシウム拮抗薬、ファスジル、キサンボンなどが使用されます
脳卒中ガイドラインを参照下さい

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください