脳動脈瘤 update

Safety and efficacy of NA-1 in patients with iatrogenic stroke after endovascular aneurysm repair (ENACT): a phase 2, randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 2012;11:942-50.
NMDA受容体と相互作用をするPSD-95蛋白の阻害剤 (NA-1)は、脳動脈瘤に対する血管内治療後の脳梗塞の発症数を減少させる

The Natural Course of Unruptured Cerebral Aneurysms in a Japanese Cohort. N Engl J Med 2012; 366:2474-2482.
日本人の3mm以上の未破裂脳動脈瘤の年間破裂率は0.95%で、瘤径が大きいほど破裂リスクは高い。部位別に見ると、中大脳動脈瘤よりは前交通動脈瘤や内頸動脈-後交通動脈瘤の方が破裂しやすい

Screening for intracranial aneurysms in patients with bicuspid aortic valve. Neurology 2010 74: 1430-1433.
大動脈二尖弁症例の9.8%に頭蓋内動脈瘤が検出され、正常対照群と比較して有意に多い

Differences in risk factors according to the site of intracranial aneurysms
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2010;81:116-118
頭蓋内動脈瘤が出血するリスクファクターは前交通動脈にある場合と比較したとき、中大脳動脈は若年、後交通動脈は女性、脳底動脈はアルコールを飲まないこと、がリスクである。

Ruptured carotid artery aneurysms of the ophthalmic (C6) segment: clinical and angiographic long term follow-up of a multidisciplinary management strategy J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1261-1267頚動脈C6部位での動脈瘤破裂では、眼動脈を巻き込んでいる場合と瘤の茎が太い場合は顕微鏡下手術を、瘤の茎が細い場合は塞栓術が推奨される。

Teaching NeuroImages: Artery-to-artery embolism from a thrombosed cerebral aneurysm. Neurology 2009 73: e63.
未破裂動脈瘤からのartery to artery型塞栓を発症した42歳女性例

Cost-effectiveness of preventive treatment of intracranial aneurysms: New data and uncertainties. Neurology 2009 73: 258-265.
未破裂動脈瘤の治療に関する費用対効果解析は破裂リスクに関するデータが少なく評価困難である

Minimally Conscious State After Ruptured Giant Basilar Aneurysm. Arch Neurol. 2009;66(6):786-788.
脳底動脈瘤破裂に伴い脳幹の強い浮腫が出現し意識レベルの急激な悪化を認めた44歳男性例

Teaching NeuroImages: Macrocephaly with subcortical calcifications in vein of Galen aneurysmal malformation. Neurology 2009 72: e111.
皮質下に石灰化病変を認めたガレン大静脈瘤の1例

Proposed diagnostic criteria for intracranial infectious aneurysms. JNNP. 2008;79:943-6. Epub 2008 Feb 26.
頭蓋内感染性動脈瘤について診断基準を提案し,25例で検討したところ妥当性が示された.

Genes involved in the transforming growth factor beta signalling pathway and the risk of intracranial aneurysms. JNNP 2008 79:722-4.
頭蓋内動脈瘤と腹部大動脈瘤の両方の遺伝子座となっているChr19q13.3にあり,TGFβの情報伝達系に関する遺伝子HPN, LTBP4のSNPとオランダ人の動脈瘤との間に関連はみられなかった

コメントを残す