末梢神経障害全般 upadate

Association of Long-term Opioid Therapy With Functional Status, Adverse Outcomes, and Mortality Among Patients With Polyneuropathy. JAMA Neurol. 2017 Jul 1;74(7):773-779.
多発ニューロパチーに対する長期オピオイド使用は機能予後の改善に結びつかず、依存のリスクも上昇する

Capsaicin induces degeneration of cutaneous autonomic nerve fibers.Ann Neurol. 2010;68:888-98.
カプサイシンの皮膚への局所塗布により,末梢自律神経線維が減少し機能が障害される.

Motor nerve biopsy: Clinical usefulness and histopathological criteria.Ann Neurol. 2010 Nov 12.
閉鎖神経と薄筋の生検が,運動性ニューロパチーと下位運動ニューロン疾患の鑑別に有用である場合がある.

Elevated proinflammatory cytokine expression in affected skin in small fiber neuropathy. Neurology 2010 74: 1806-1813.
小径線維ニューロパチーでは皮膚の炎症性サイトカイン遺伝子(TNF-α、IL-1β、IL-6、IL-8)の上昇を認める

Deficient high-acceleration vestibular function in patients with polyneuropathy. Neurology 2009 72: 2009-2013.
末梢神経障害患者では高率に前庭-動眼反射(Vestibulo-Ocular Reflex: VOR)が障害されている

Diagnosis and treatment in inflammatory neuropathies.JNNP. 2009 Mar;80(3):249-58
炎症性末梢神経障害の原因や治療法についてのレビュー

SEPT9 gene sequencing analysis reveals recurrent mutations in hereditary neuralgic amyotrophy. Neurology 2009 72: 1755-1759.
遺伝性神経痛性筋萎縮症の家系で新たな二つのSEPT9遺伝子のミスセンス変異が認められた

Skin blister and skin biopsy to quantify epidermal nerves: A comparative study. Neurology 2009 72: 1205-1210.
小径線維障害型の末梢神経障害の検索にsuction skin blister法は侵襲も少なく、有用な方法である

Practice Parameter: Evaluation of distal symmetric polyneuropathy: Role of autonomic testing, nerve biopsy, and skin biopsy. Neurology 2009 72: 177-184.
Practice Parameter: Evaluation of distal symmetric polyneuropathy: Role of laboratory and genetic testing (an evidence-based review). Neurology 2009 72: 185-192.
EBMによ遠位優位対称型ポリニューロパチー診断に関する総説

SEPT9 Mutations and a Conserved 17q25 Sequence in Sporadic and Hereditary Brachial Plexus Neuropathy. Arch Neurol. 2009;66:238-243.
孤発性腕神経叢障害症例は遺伝性腕神経叢障害で保持されるSEPT9遺伝子の存在する17q25シークエンスを保持しない

Multifocal neuropathy associated with West Nile virus infection. Neurology 2008 71: 1123
西ナイルウイルスに関連した多巣性neuropathy

The extracellular matrix affects axonal regeneration in peripheral neuropathies. Neurology 2008 71: 322-331.
障害から再生している末梢神経ではFibronectinが、再生の乏しい末梢神経ではvitronectinやfibrinといったそれぞれ細胞外マトリックスタンパク質の発現が上昇し、Fibronectinは神経内膜細胞が分泌していると考えられた

Cytokine expression in serum and cerebrospinal fluid in non-inflammatory polyneuropathies. JNNP 2008 Jun 11. [Epub ahead of print]
非炎症性の末梢神経障害でも,神経線維の変性や機械的な異痛症があると血清の炎症性サイトカインが上昇している

コメントを残す