SLEに伴う中枢神経障害 治療

臨床的にNPSLEが疑われる場合には、まず病態を修飾する因子である感染、高血圧、代謝異常、電解質異常の検索や是正が重要です

原病に対する治療

対症療法
合併する病態に応じて、以下のような対症療法を行います

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください