SLEに伴う中枢神経障害(NPSLE) 治療

臨床的にNPSLEが疑われる場合には、まず病態を修飾する因子である感染、高血圧、代謝異常、電解質異常の検索や是正が重要です。

原病に対する治療
寛解導入療法

NPSLEに唯一エビデンスがあるものとして、ステロイドパルス療法+後療法にエンドキサンパルス療法を加えたものになります。
それらに効果が乏しい場合は、IVIgや血漿交換療法を考慮します。

維持療法
免疫抑制剤
 ステロイド少量投与
 MMF
 AZA
 HCQ(プラニケル)
 Tac

分子標的薬
 リツキサンなど

対症療法
合併する病態に応じて、例えば以下のような対症療法を行います
抗けいれん薬
抗うつ薬、向精神薬
抗凝固薬、抗血小板薬

J Autoimmun. 2016 Nov;74:41-72.より抜粋

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください