神経膠腫 update

Pregnancy increases the growth rates of World Health Organization grade II
gliomas.Ann Neurol. 2010;67:398.
妊娠中は前後に比べて,WHO grade IIの神経膠腫の増大が早くなる.

All the 1p19q codeleted gliomas are mutated on IDH1 or IDH2. Neurology 2010 74: 1886-1890.
1p19q codeletionを認めるグリオーマの100%にIDH1あるいはIDH2変異が認められ、双方の変化を認める群の予後は良い

Diffuse low-grade oligodendrogliomas extend beyond MRI-defined abnormalities. Neurology 2010 74: 1724-1731.
びまん性low-grade gliomaでは、MRIで描出される病変よりも、組織学的にはより1-2cm程度広い範囲に腫瘍細胞が認められる

Efficacy and Safety of Levetiracetam in Patients With Glioma: A Clinical Prospective Study. Arch Neurol. 2010;67(3):343-346.
レベチラセタム (Levetiracetam)は神経膠腫による症候性てんかんに対して効果があり、忍容性も高い

New Insights Into Susceptibility to Glioma. Arch Neurol. 2010;67(3):275-278.
神経膠腫(グリオーマ)発症に関わる遺伝子に関する総説

Bevacizumab for Malignant Gliomas. Arch Neurol. 2010;67(3):285-288.
悪性神経膠腫に対するベバシズマブ (bevacizumab)治療に関する総説

Diffuse Brain Stem Glioma. Arch Neurol. 2010;67(3):368-369.
脳幹にびまん性病変を認めた神経膠腫の55歳女性例

Supratentorial low-grade gliomas in older patients. Neurology 2009 73: 2093-2098.
低悪性度神経膠腫の約8%は60歳以上の高齢者に発症し、若年発症と比較してPSの低下、強い神経症状、腫瘤の増大、切除の割合が少ないことと関連が強く予後不良因子を多数認める例が多かった

IDH1 mutations in low-grade astrocytomas predict survival but not response to temozolomide. Neurology 2009 73: 1792-1795.
低分化型星細胞腫においてisocitrate dehydrogenase 1(IDH1)遺伝子変異は86%に見られ生存期間の延長と関連するが、テモゾロマイドに対する治療反応性とは関連がなかった

Alterations of BRAF and HIPK2 loci predominate in sporadic pilocytic astrocytoma. Neurology 2009 73: 1526-1531.
BRAF遺伝子の再編成は孤発性毛様細胞性星膠腫でよく見られるが、神経線維腫症1型に伴うものではほとんど見られなかった

Serial stereotactic biopsy of brainstem lesions in adults improves diagnostic accuracy compared with MRI only J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1134-1139.
MRIで脳幹グリオーマと診断した成人例を病理学的に検索すると多種の疾患が含まれており、病理学的診断が重要である。

Pearls & Oy-sters: Hyperdense or pseudohyperdense MCA sign: A Damocles sword? Neurology 2009 72: e116-e117.
hyperdense MCA様の所見を呈した星細胞腫

Diffuse Leptomeningeal Astrocytoma in a Patient With Infantile Epilepsy. Arch Neurol. 2009;66:408-409.
乳児てんかんや視野障害で発症したびまん性くも膜下星細胞腫(meningeal gliomatosis)の1例

α-Internexin expression identifies 1p19q codeleted gliomas. Neurology 2009 72: 156-161.
α-internexin陽性の神経膠腫は予後が良く殆どの例で1p/19q codeletionが見られる

Novel anti-angiogenic therapies for malignant gliomas. Lancet Neurol 2008;7:1152-60.
悪性グリオーマに対して,VEGFを標的とした治療である程度の成果が得られている抗血管新生治療についてのレビュー.

Bilateral Thalamic Glioma. Arch Neurol. 2008;65:1666-1667.
両側視床のグリオーマの1例

The expanding impact of molecular biology on the diagnosis and treatment of gliomas. Neurology 2008 71: 365-373.
Gliomaの分子生物学的知見に基づいた診断/治療の総説

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください