サイトメガロウィルス(CMV) 治療

サイトメガロウィルス脳炎に対する効果的な、抗ウィルス薬はありませんがガンシクロビルを使用されることが多いです。
1.抗ウィルス薬
ガンシクロビル(デノシン) 5mg/Kg 1日2回点滴静注 14-21日間
希釈後の補液のガンシクロビル濃度は10mg/mLを超えないように、100-200mlの溶液で希釈してください。
あるいは、特にHIVの症例では下記の治療の効果が報告されています。一方で、特に骨髄移植症例などではこれらの薬剤の使用により脳室周囲炎などを引き起こすという報告もあります。
ガンシクロビル+ホルカルネット(ホスカルビン) 60mg/kg 1日3回 or 90mg/kg 1日2回、それぞれ点滴静注

注意:腎機能低下時のガンシクロビル投与量
(1) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :≧70
初期投与/用量:5.0mg/kg/投与間隔:12時間
(2) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :≧70
維持投与/用量:5.0mg/kg/投与間隔:24時間
(3) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :50 – 69
初期投与/用量:2.5mg/kg/投与間隔:12時間
(4) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :50 – 69
維持投与/用量:2.5mg/kg/投与間隔:24時間
(5) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :25 – 49
初期投与/用量:2.5mg/kg/投与間隔:24時間
(6) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :25 – 49
維持投与/用量:1.25mg/kg/投与間隔:24時間
(7) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :10 – 24
初期投与/用量:1.25mg/kg/投与間隔:24時間
(8) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :10 – 24
維持投与/用量:0.625mg/kg/投与間隔:24時間
(9) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :<10
初期投与/用量:1.25mg/kg/投与間隔:透析後週3回
(10) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :<10
維持投与/用量:0.625mg/kg/投与間隔:透析後週3回

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください