HHV6脳炎 治療

HHV6脳炎に対する臨床試験の報告はありません。症例報告では、ガンシクロビル+ホスカルネットの効果が骨髄移植症例で報告されていますので、ガンシクロビル単剤、ホスカルネット単剤、あるいは併用の治療を考慮してもよいかもしれません。

1.抗ウィルス薬
ガンシクロビル(デノシン)5mg/Kg 1日2回点滴静注 14-21日間
希釈後の補液のガンシクロビル濃度は10mg/mLを超えないように、100-200mlの溶液で希釈してください。
ホルカルネット(ホスカルビン)60mg/kg 1日3回 or 90mg/kg 1日2回、それぞれ点滴静注

注意:腎機能低下時のガンシクロビル投与量
(1) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :≧70
初期投与/用量:5.0mg/kg/投与間隔:12時間
(2) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :≧70
維持投与/用量:5.0mg/kg/投与間隔:24時間
(3) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :50?69
初期投与/用量:2.5mg/kg/投与間隔:12時間
(4) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :50?69
維持投与/用量:2.5mg/kg/投与間隔:24時間
(5) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :25?49
初期投与/用量:2.5mg/kg/投与間隔:24時間
(6) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :25?49
維持投与/用量:1.25mg/kg/投与間隔:24時間
(7) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :10?24
初期投与/用量:1.25mg/kg/投与間隔:24時間
(8) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :10?24
維持投与/用量:0.625mg/kg/投与間隔:24時間
(9) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :<10
初期投与/用量:1.25mg/kg/投与間隔:透析後週3回
(10) クレアチニン・クリアランス値(mL/min) :<10
維持投与/用量:0.625mg/kg/投与間隔:透析後週3回

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください