手術や生検時の抗血栓剤中止時期


小手術:体表の手術で、術後出血の対処が容易なもの
例:抜歯、皮膚表面の切開手術
抗凝固療法剤(ワルファリン)、抗血小板剤の内服継続下に施行する事が望ましい。

大手術:小手術以外の観血的操作
(ペースメーカー植え込み、内視鏡下の生検、切除などを含む)
抗凝固療法

    手術の3?5 日前までにワルファリンを中止。ヘパリンによる抗凝固療法を施行。
    APTTが正常対照値の1.5?2.5 倍に延長するようにヘパリン投与量を調整
    手術の4?6 時間前からヘパリンを中止
    術後は可及的速やかにヘパリンを再開
    病態が安定したらワルファリン投与を再開し、INR が治療域に入ったらヘパリンを中止

抗血小板薬

    アスピリンは手術の7 日前に中止
    チクロピジンやプラビックスは手術の10?14 日前に中止
    シロスタゾールは3 日前に中止

内視鏡治療
?抗凝固療法,抗血小板療法対象疾患の分類
?高危険疾患:弁膜症を合併する心房細動、僧帽弁機械弁置換後、機械弁置換後の血栓塞栓症の既往のある症例、人工弁設置等
?低危険疾患:合併症のない深部静脈血栓、合併症のない心房細動.
?治療内視鏡手技の分類
?高危険手技:超音波ガイド下穿刺,消化管ブジー拡張,粘膜切除法(狭義のEMR やESD を含む),ポリペクトミー,EST,PEG,胃・食道静脈瘤治療等
?低危険手技:生検,粘膜凝固,マーキング,クリッピング,消化管および膵・胆道ステント挿入等

抗凝固療法

    ・治療前3?4日間、ワルファリンを休薬する。
    ・治療直前にINRが1.5以下であることを確認
    (高危険手技では必須、低危険手技では推奨)。
    ・血栓塞栓の危険性の高い症例にはヘパリン置換(下記注)も考慮する
    ・手技終了後出血のないことを確認し,さらに後出血の危険がないと考えられる時点で抗凝固療法を再開。

抗血小板療法

    アスピリン3日間休薬
    チクロピジンやプラビックス:5日間休薬
    両者併用の場合7日間休薬

止血が確認され、後出血の危険が無くなったと判断され次第、投与再開。

注>ヘパリン置換療法の目安
ヘパリン置換療法はINRが1.5以下の期間中施行
内視鏡治療はヘパリン点滴中止後4?6時間後に施行
内視鏡治療2?6時間後からヘパリン投与を再開
ワルファリン投与再開は一般的には内視鏡治療の夜より
ヘパリン治療中はAPTTを対照の1.5-2.5倍に延長する

コメントを残す