眼瞼けいれん update

A reappraisal of the value of lateral spread response monitoring in the treatment of hemifacial spasm by microvascular decompression J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1375-1380
顔面痙攣において、微小血管除圧術中に側方放散反応が消失した患者は、長期的予後が良かった。

Blepharospasm and the modulation of cortical excitability in primary and secondary motor areas. Neurology 2009 73: 2031-2036.
眼瞼痙攣は前頭葉内側の低頻度反復経頭蓋磁気刺激で電気生理学的/臨床的改善を認め、前帯状回の過敏性が病態生理に関与している可能性が考えられた

Patterns of hearing loss after microvascular decompression for hemifacial spasm
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1165-1167.
顔面痙攣に対する微小血管除圧術後の難聴は、軽度であれば回復する可能性が高いが、聾になると回復しない。

Three-dimensional MR volumetric analysis of the posterior fossa CSF space in hemifacial spasm. Neurology 2009 73: 1054-1057.
片側顔面痙攣では対照群と比較して後頭蓋窩の髄液腔体積が少なく、さらに女性、若年者は対照群でもやや体積が少なかった

Update on blepharospasm: Report from the BEBRF International Workshop. Neurology 2008 71: 1275-1282.
眼瞼ケイレンの総説

Tactile temporal discrimination in patients with blepharospasm. JNNP 2008;79:796-8. Epub 2007 Nov 6.
眼瞼けいれん患者では全身の皮膚触覚の時間的識別閾値が上昇しており,体性感覚入力に対する中枢性の障害が示唆される

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください