単神経障害 update

The diagnostic value of provocative clinical tests in ulnar neuropathy at the elbow is marginal J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1369-1374
肘部管症候群で診療に役立つとされる兆候の、感度・特異度・陽性予測値・陰性予測値(%)は次のとおりで、あまり役に立たなかった。ティネル試験(62, 53, 77, 30)伸展圧迫試験(61, 40, 72, 29) 神経の軟らかさ(32, 80, 80, 32) 神経肥厚(28, 87, 84, 33)

Clinical and electrodiagnostic correlates of peroneal intraneural ganglia. Neurology 2009 72: 447-452.
Intraneural gangliaによる腓骨神経麻痺の臨床的、電気性理学的特徴

The clinical, electrophysiologic and prognostic heterogeneity of ulnar neuropathy at the elbow. JNNP 2008 Jul 17. [Epub ahead of print]
尺骨神経障害では,1カ所にはっきりとした伝導障害がある症例の方が予後がよい

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください