認知症(痴呆)全般 update

Sertraline or mirtazapine for depression in dementia (HTA-SADD): a randomised, multicentre, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet. 2011 Jul 30;378(9789):403-11.
認知症症例のうつ症状に対するセルトラリン(SSRI)やミルタザピン(四環系抗うつ薬)投与は、非治療群と比較してうつ症状の改善効果を認めなかった

Timing of hormone therapy and dementia: The critical window theory revisited.Ann Neurol. 2010 Nov 12.
回顧的な調査から,閉経後ホルモン療法を中年期で行うとその後の認知症のリスクを下げるが,高年期ではむしろ増加させてしまう.

Atherosclerosis, dementia, and Alzheimer disease in the Baltimore Longitudinal Study of aging cohort.Ann Neurol. 2010;68:231
200名の参加者のうちの175名の剖検による縦断研究によると,頭蓋内の動脈硬化は認知症と相関していたが,脳梗塞やアルツハイマー病理とは無関係であった.

Vitamin D and Cognitive Decline in Elderly Persons: Further Details. Arch Neurol. 2010;67(12):1513-1515.
ビタミンDの低下と認知機能の悪化の関連に関する総説

Plasma β-Amyloid and Cognitive Decline. Arch Neurol. 2010;67(12):1485-1490.
もともとの血漿Aβ42が高く、その後低下あるいは比較的安定している群は、認知機能のより早い悪化と関連していた

Association of plasma beta-amyloid level and cognitive reserve with subsequent cognitive decline. JAMA. 2011;305(3):261-6.
血漿中のβアミロイド42/40濃度が低い人は、高い人に比べ、認知機能が低下しやすい

Functional Impact of White Matter Hyperintensities in Cognitively Normal Elderly Subjects. Arch Neurol. 2010;67(11):1379-1385.
健常高齢者においてMRIでの白質高信号の増加は実行機能の低下と相関し、頭頂葉の白質高信号の増加はUPDRSスコアの姿勢や姿勢反射障害の悪化と関連していた

Longitudinal Changes in White Matter Disease and Cognition in the First Year of the Alzheimer Disease Neuroimaging Initiative. Arch Neurol. 2010;67(11):1370-1378.
Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative (ADNI)登録群では、MRIでの白質の高信号領域の体積は1年後の認知機能の悪化と正の相関を示した

Serial MRI and CSF biomarkers in normal aging, MCI, and AD. Neurology 2010 75: 143-151.
アルツハイマー病、健忘性MCI、正常対象者において髄液タウ蛋白やAβ42は経時的な変化を示さないが、脳室の体積は特に認知機能障害がある場合にその障害程度と相関して増加し、増加の程度はAPOE4遺伝子によって影響を受ける

Head circumference, atrophy, and cognition: Implications for brain reserve in Alzheimer disease. Neurology 2010 75: 137-142.
脳萎縮が見られる場合、頭囲の大きい群は認知機能がより保たれていた

Temporal course of depressive symptoms during the development of Alzheimer disease. Neurology 2010 75: 21-26.
アルツハイマー病の進行に伴いうつ症状が増加することはなかった

Recurrent depressive symptoms and the incidence of dementia and mild cognitive impairment. Neurology 2010 75: 27-34.
うつ症状の存在はアルツハイマー病を含めた認知症発症の危険性の増加と関連するが、うつ症状の再発の存在はその危険性の2倍の増加と関連する

Depressive symptoms and risk of dementia: The Framingham Heart Study. Neurology 2010 75: 35-41.
うつ症状のある群はない群と比較してルツハイマー病を含めた認知症発症の危険性が1.7倍程度に増加する

Autobiographical memory task in assessing dementia. Arch Neurol. 2010 Jul;67(7):862-6.
簡易なautobiographical memory task(自伝的記憶検査)のスコアは、Clinical Dementia Rating scaleのスコアと有意に相関し、初期の認知機能障害のスクリーニングに有用である

Dementia incidence continues to increase with age in the oldest old: the 90+ study.Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):114-21.
90歳以上の超高齢者でも,認知症は加齢に伴い指数関数的に増加する.

Connecting Leptin and Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(7):873-875.
レプチン増加と認知症発症リスクの低下の関連に関するコメント

Dietary Antioxidants and Long-term Risk of Dementia. Arch Neurol. 2010;67(7):819-825.
ビタミンEを多く含む食事は認知症やアルツハイマー病発症の危険性を若干低下させるかもしれない

COMT genotype and cognitive function: An 8-year longitudinal study in white and black elders. Neurology 2010 74: 1296-1302.
COMTの遺伝子型Val型alleleは晩年の認知機能悪化を防いでいる可能性がある

Practice Parameter update: Evaluation and management of driving risk in dementia: Report of the Quality Standards Subcommittee of the American Academy of Neurology . Neurology 2010 74: 1316-1324.
認知症における運転の危険性を推定する方法に関するAANからの報告

Hypometabolism in Alzheimer-Affected Brain Regions in Cognitively Healthy Latino Individuals Carrying the Apolipoprotein E 4 Allele. Arch Neurol. 2010;67(4):462-468.
認知機能障害のないラテン系アメリカ人においてAPOE4遺伝子保持者は非保持者と比較して、FDG-PETでのブドウ糖代謝率(CMRgl)が帯状回、楔前部、頭頂葉、海馬、視床で有意に低下していた

Serum C-reactive protein is linked to cerebral microstructural integrity and cognitive function. Neurology 2010 74: 1022-1029.
脳卒中を罹患していない高齢者では、高感度CRPの上昇と実行機能の低下、及び大脳のFA値の低下に相関が見られたが、大脳萎縮やT2高信号との関連は見られなかった

Hypertension, Executive Dysfunction, and Progression to Dementia: The Canadian Study of Health and Aging. Arch Neurol. 2010;67(2):187-192.
認知症を発症していない高齢者では行動管理能力障害が見られる集団では高血圧の存在と、認知症への進展が関連していた

Hippocampal mean diffusivity and memory in healthy elderly individuals: A cross-sectional study. Neurology 2010 74: 194-200.
認知機能正常者での海馬の平均拡散能の上昇は、その後の言語及び視空間記憶の低下と関連していた

Diffusion tensor imaging detects age related white matter change over a 2 year follow-up which is associated with working memory declineJ Neurol Neurosurg Psychiatry 2010;81:13-19
拡散テンソル画像は、加齢に伴う白質の変化をとらえられる。この変化はワーキングメモリーの減退と相関する。

Hypoglycemic episodes and risk of dementia in older patients with type 2 diabetes. JAMA. 2009;301(15):1565-1572.
2型糖尿病の高齢者では、高度の低血糖発作の回数が増えるほど認知機能障害の危険性が上昇する

Physical Exercise, Aging, and Mild Cognitive Impairment: A Population-Based Study. Arch Neurol. 2010;67(1):80-86.
中年あるいは晩年における中等度以上の運動は認知機能悪化の危険性を30%程度減少させる

Association of C-Reactive Protein With Cognitive Impairment. Arch Neurol. 2010;67(1):87-92.
高感度CRPの高値は記憶や視覚空間認知機能の低下と関連し、一つ以上のAPOE4遺伝子保有者は、高感度CRP高値の場合に、さらに記憶力の低下の危険性が高い

APOE 4 Genotype and Longitudinal Changes in Cerebral Blood Flow in Normal Aging. Arch Neurol. 2010;67(1):93-98.
APOE4遺伝子保因者は認知機能低下が見られる前から、非保因者と比較して前頭葉、頭頂葉、側頭葉の経時的な血流低下が有意であった

25-Hydroxyvitamin D, dementia, and cerebrovascular pathology in elders receiving home services. Neurology 2010 74: 18-26.
在宅医療を受けている高齢者では、ビタミンDの低下はすべてのタイプの認知症性疾患発症の危険性を2倍上昇させる

Association of vitamin D deficiency with cognitive impairment in older women: Cross-sectional study. Neurology 2010 74: 27-32.
高齢女性では、ビタミンDの低下は認知機能の低下の危険性を2倍に上昇させる

25-Hydroxyvitamin D levels and cognitive performance and decline in elderly men. Neurology 2010 74: 33-41.
高齢男性では、ビタミンDの低下と認知機能の一部の悪化に関連が認められる

Periodontitis is associated with cognitive impairment among older adults: analysis of NHANES-III
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1206-1211

高齢者において、歯周病と認知機能について、歯周病の血清マーカー(抗ポルフィロモナス・ジンジバリス抗体)が高値のものは長期記憶と計算能力が低下していた。

The neural basis of effective memory therapy in a patient with limbic encephalitis J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1202-1205.
辺縁系脳炎後に健忘を発症した患者でにSenseCam(自動撮影するポータブルカメラ)を持ち歩き、一定期間置きに見返すことは、日記を書くよりも記憶療法として効果があった。

Risk of dementia hospitalisation associated with cardiovascular risk factors in midlife and older age: the Atherosclerosis Risk in Communities (ARIC) study J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1194-1201 痴呆を有する入院患者において循環器系危険因子は痴呆と相関し、特に中年層(46?55歳)で強い相関がある(高血圧は中年層で1.8倍(70歳以上1.0倍)、喫煙4.8(0.5)糖尿病3.4(2.0))。

Cellular Prion Protein Mediates the Toxicity of β-Amyloid Oligomers: Implications for Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66(11):1325-1328.
アルツハイマー病における細胞性プリオン蛋白質とAβ蛋白オリゴマーの関連に関する総説

Promising Strategies for the Prevention of Dementia. Arch Neurol. 2009;66(10):1210-1215.
認知症予防に関する総説

The Nun Study: Clinically silent AD, neuronal hypertrophy, and linguistic skills in early life. Neurology 2009 73: 665-673.
剖検時に組織学的にADと考えられるが生前に認知機能障害のない無症候性AD(ASYMAD)はMCIや対照群と比較して海馬CA1神経細胞の肥大が目立つ特徴があり、生前に考えの密度(idea density)が高い場合、剖検時にAD的変化があっても認知機能は保たれる傾向にあった

CSF Phosphorylated Tau in the Diagnosis and Prognosis of Mild Cognitive Impairment and Alzheimer’s Disease – A Meta-analysis of 51 Studies.JNNP 2009 May 21. [Epub ahead of print]
髄液のリン酸化タウ濃度測定は,ADの診断の指標としては良いが,MCIの指標としてや他の認知症との鑑別においては特異性が下がり有用性が下がる.

Validity of the Severe Impairment Battery Short Version. JNNP 2009 ; 80: 954-959
SIBが完遂できない中等度から高度の認知症患者に対して、SIB-Sでの評価は、MMSEやGlobal Deterioration Scaleと比べても,床効果や認知症の重症度に応じた点数の変化がなく妥当である.

Association between 25-hydroxyvitamin D levels and cognitive performance in middle-aged and older European men.JNNP 2009 May 21. [Epub ahead of print]
ビタミンD低値と認知機能低下には相関が見られ,認知症予防に役立つかもしれない.

Periodontitis is associated with cognitive impairment among older adults: analysis of NHANES-III.JNNP 2009 May 5. [Epub ahead of print]
認知症と歯周病菌の抗体価には関連がみられる.

Predictors of maintaining cognitive function in older adults: The Health ABC Study. Neurology 2009 72: 2029-2035.
認知機能の低下が乏しかった高齢者は、白人、高卒以上、中学3年生以上の教養、適度な運動、喫煙なし、などと関連が強かった

Caring for Aged Dementia Care Resident Study (CADRES) of person-centred care, dementia-care mapping, and usual care in dementia: a cluster-randomised trial.Lancet Neurol. 2009 Apr;8(4):317-25. Epub 2009 Mar 11.
在宅高齢認知症患者に個人中心の介護や認知症専門介護を配置することにより,不安や興奮,転倒などをへらせる.

Epilepsy and Cognitive Impairments in Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66:435-440.
アルツハイマー病における認知機能とてんかんの関連に関する総説

The Role of Metabolic Disorders in Alzheimer Disease and Vascular Dementia: Two Roads Converged. Arch Neurol. 2009;66:300-305.
代謝内分泌異常と認知機能障害に関する総説

A systematic review of Instrumental Activities of Daily Living scales in dementia: room for improvement. JNNP 2009;80:7-12.
認知症における楽器演奏活動評価スケールを用いた過去の研究を文献検索すると,質問表の評価方法の質の記載が不十分であったり,認知症との関連が認められたものが少なかったりして,質問表の改善やデータの蓄積が今後必要である.

APOE genotype modulates the effect of serum calcium levels on cognitive function in old age. Neurology 2009 72: 821-828.
APOE4遺伝子保持者では、血清のカルシウムが高値である場合には一層、認知機能の低下の危険性が高い

APOE 2 is associated with intact cognition but increased Alzheimer pathology in the oldest old. Neurology 2009 72: 829-834.
90歳以上の高齢者では、APOE2遺伝子保持者は認知機能障害の危険性は幾分低下していた一方でアルツハイマー病発症の危険性は高かった

Postmenopausal hormone therapy and regional brain volumes: The WHIMS-MRI Study. Neurology 2009 72: 135-142.
閉経後のホルモン療法は対照群と比較して65歳以上での脳萎縮と関連するが、ホルモン療法以前に認知機能障害がある集団でその傾向が強い

Rapidly Progressive Neurodegenerative Dementias. Arch Neurol. 2009;66:201-207.
亜急性進行性認知症を来たす疾患はCJDが多いが、前頭側頭型認知症(MND型)、タウオパチー、レビー小体病、ADも類似の経過を示すことがある

Blood Protein Signature for the Early Diagnosis of Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66:161-165.
血中蛋白のプロテオミクス解析によるADの診断と進行度の把握に関する総説

Temporal trends in the long term risk of progression of mild cognitive impairment: a pooled analysis. JNNP 2008 ;79:1386-91.
軽度認知症が認知症に進展する1年間での割合は,長期間調査した15の研究のまとめでは4.2%であり,短期間調査の結果よりも低かった.

Medical decision-making capacity in mild cognitive impairment: A 3-year longitudinal study. Neurology 2008 71: 1474-1480.
認知機能障害における医学的意志決定能力についての3年間の長期経過の観察研究

Alzheimer’s disease with cerebrovascular disease and vascular dementia: clinical features and course compared with Alzheimer’s disease. JNNP. 2008 Oct 31. [Epub ahead of print]
脳血管障害を伴ったADは,ADや血管性痴呆に比べ高齢で発症し,痴呆の進行はADよりも遅く血管性痴呆よりは早い傾向がある.

Incidence and survival of dementia in a general population of Japanese elderly: the Hisayama Study. JNNP. 2008 Oct 31. [Epub ahead of print]
久山町研究から,日本人の痴呆の種類と頻度の10年生存率についての報告.

Effects of poverty on cognitive function: A hidden neurologic epidemic. Neurology 2008 71: 447-451.
貧困が認知機能に与える影響に関する総説

Rapidly progressive dementia. Ann Neurol. 2008;64:97-108. [Epub ahead of print]
進行の早い痴呆についてのレビュー

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください