アルツハイマー型認知症 update 3

バックナンバー:2

ffect of citalopram on agitation in Alzheimer disease: the CitAD randomized clinical trial. JAMA. 2014;311:682-91.
citalopram(SSRI)は一部のAlzheimer病患者の興奮を抑制するが、食欲低下、店頭などの有害事象は増加する

Effect of vitamin E and memantine on functional decline in Alzheimer disease: the TEAM-AD VA cooperative randomized trial. JAMA. 2014 Jan 1;311(1):33-44.
高容量ビタミンE(2,000IU/日)の内服は軽度から中等度アルツハイマー病の進行を抑制させる

A phase 3 trial of semagacestat for treatment of Alzheimer’s disease. N Engl J Med. 2013;369:341-50.
低分子 γ-セクレターゼ阻害薬のセマガセスタット(semagacestat)は、アルツハイマー型認知症の認知機能を改善させず、高容量では認知機能障害の悪化に加え有害事象が多く見られた

Relapse Risk after Discontinuation of Risperidone in Alzheimer’s Disease. N Engl J Med 2012; 367:1497-1507
アルツハイマー病で精神症状または興奮に対し 4?8 ヵ月間のリスペリドン療法が奏効した患者では,リスペリドンの中止は精神症状再発リスクの上昇に関連した

Impact of Angiotensin Receptor Blockers on Alzheimer Disease Neuropathology in a Large Brain Autopsy Series. Arch Neurol. 2012 Sep 10:1-7.
ARB服用者は臨床的にも病理学的にもアルツハイマー病と診断される可能性が低かったが、ACE阻害薬にはこのような傾向はなかった

Antioxidants for Alzheimer Disease: A Randomized Clinical Trial With Cerebrospinal Fluid Biomarker Measures. Arch Neurol. 2012 Mar 19.
アルツハイマー病では、ビタミンE(800IU/日)、ビタミンC(500mg/日)、ALA(900mg/日)の併用により、対照群と比較して有意にに16週後の認知機能が低下する

Donepezil and Memantine for Moderate-to-Severe Alzheimer’s Disease. N Engl J Med 2012; 366:893-903
ネペジルとメマンチンの併用に,ドネペジル単独を上回る有意な利益は認められなかった

A randomized, double-blind, placebo-controlled trial of simvastatin to treat Alzheimer disease. Neurology. 2011;77:556-63.
軽度から中等度のアルツハイマー病に対するシンバスタチンの投与は、症状の進行予防効果を示さなかった

Amyloid and tau proteins in cortical brain biopsy and Alzheimer’s disease. Ann Neurol. 2010;68:446.
iNPH疑い患者における右前頭葉皮質の生検での検討から,アミロイドβや過リン酸化タウの存在が,その後の臨床的なアルツハイマー病の指標となる.

Exercise and Alzheimer’s disease biomarkers in cognitively normal older adults.Ann Neurol. 2010;68:311.
健常人では,最近10年の運動量はPIBでの画像や髄液タウでのアルツハイマー病変化と逆相関しており,特にAPOEε4の非保因者で顕著である.

Increased brain atrophy rates in cognitively normal older adults with low cerebrospinal fluid Aβ1-42.Ann Neurol. 2010;68:825-34.
認知機能正常な高齢者で,脳脊髄液のAβ1-42低値が,脳萎縮進行と相関していてアルツハイマー病理の進行を示していると思われる.

(18)F-flutemetamol amyloid imaging in Alzheimer disease and mild cognitive impairment: A phase 2 trial.Ann Neurol. 2010;68:319.
PIBよりも検査が簡便な(18)F-flutemetamolによるアミロイド画像でも,PIBと比較して十分な結果が得られる.

A phase I trial of deep brain stimulation of memory circuits in Alzheimer’s disease.Ann Neurol. 2010 Aug 4.
初期のアルツハイマー病6例の少数での検討では,視床下部の電気深部脳刺激により神経回路の活性化や脳グルコース代謝の改善,認知症スケールでの改善が見られた.

Association of Higher Levels of High-Density Lipoprotein Cholesterol in Elderly Individuals and Lower Risk of Late-Onset Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(12):1491-1497.
高齢者においてHDLコレステロールが55mg/dL以上の群は、以下の群と比較してアルツハイマー病発症の危険性が半減していた

Beclin 1 Complex in Autophagy and Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(10):1181-1184.
オートファジー促進分子Beclin 1とアルツハイマー病の病態に関する総説

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください