脳梗塞 update 2

バックナンバー:

Thrombectomy 6 to 24 Hours after Stroke with a Mismatch between Deficit and Infarct. N Engl J Med. 2017 Nov 11.
急性内頚動脈閉塞あるいは中大脳動脈近位部閉塞による脳梗塞症例において臨床症状と梗塞体積にミスマッチを認める例では、発症6-24時間後であっても血管内治療による有益性が認められた

Clinical Imaging Factors Associated With Infarct Progression in Patients With Ischemic Stroke During Transfer for Mechanical Thrombectomy. JAMA Neurol. 2017 Sep 25
血管内血栓除去術を施行した脳梗塞症例の解析において、側副血行路不良と重症脳卒中が、脳卒中センターに移送時の脳梗塞領域の拡大に関連した因子であった

Time elapsed after ischemic stroke and risk of adverse cardiovascular events and mortality following elective noncardiac surgery. JAMA. 2014;312:269-77.
脳卒中の既往がある場合、心臓手術以外の予定手術での有害心血管イベントや死亡率は脳卒中発症から手術までの期間が短いと高くなり、発症後9ヶ月を越えるとリスクの増加は強くはなくなるが既往のない集団と比較すると有意に高い

Guidelines for the Prevention of Stroke in Patients With Stroke and Transient Ischemic Attack: A Guideline for Healthcare Professionals From the American Heart Association/American Stroke Association. Stroke. 2014 May 1.
脳梗塞、一過性脳虚血発作の二次予防に関するガイドライン 2014年度版

Effects of Immediate Blood Pressure Reduction on Death and Major Disability in Patients With Acute Ischemic Stroke: The CATIS Randomized Clinical Trial. JAMA. 2013 Nov 17.
急性期脳梗塞において、発症24時間以内に140/90mmHgを目標に降圧治療を行った群は、対象群と比較して14日目の死亡あるいはmRS 3点以上の重度な障害に有意な差はなかった

The THRombolysis and STatins (THRaST) study. Neurology. 2013;80:655-661.
脳梗塞に対するrt-PA静注治療において、スタチンを早期から併用することで短期及び長期の神経学的予後が改善するかもしれない

A trial of imaging selection and endovascular treatment for ischemic stroke. N Engl J Med. 2013;368:914-23.
発症8時間以内の急性期脳梗塞に対して、CTやMRIでの救済可能領域の大きさによる予後の差や、血管内治療による予後改善効果は得られなかった

Endovascular treatment for acute ischemic stroke. N Engl J Med. 2013;368:904-13.
発症4.5時間以内の急性期脳梗塞に対して、rt-PA静注単独療法群と血管内治療群では機能的自立に有意な差はない

Endovascular therapy after intravenous t-PA versus t-PA alone for stroke. N Engl J Med. 2013;368:893-903.
発症3時間以内の急性期脳梗塞に対して、rt-PA静注単独療法群とrt-PA静注+血管内治療群では安全性は同等であるが機能的自立に有意な改善は見られない

Posterior Cerebral Artery Laterality on Magnetic Resonance Angiography Predicts Long-Term Functional Outcome in Middle Cerebral Artery Occlusion. Stroke. 2012 Nov 27.
中大脳動脈閉塞による脳梗塞に対するrt-PAによる再灌流療法時に、MRAで閉塞側のPCA延長を認める群は長期予後が良い

Inpatient statin use predicts improved ischemic stroke discharge disposition. Neurology. 2012;78:1678-83.
脳梗塞による入院前または入院中にstatinを服用していた患者では、自宅退院(補正オッズ比[adjusted odds ratio:AOR]1.38)、または自宅退院もしくはリハビリ施設への退院の確率が高かった(AOR 2.08)

Evolving role of biomarkers in acute cerebrovascular disease. Ann Neurol.2012;71:289.
急性期脳梗塞におけるバイオマーカについてのレヴュー

Trans fat, aspirin, and ischemic stroke in postmenopausal women.Ann Neurol. 2012 Mar 1
閉経後の女性ではトランス脂肪摂取が虚血性脳卒中の危険と相関しているが,アスピリン内服により軽減される.

Predicting outcome of IV thrombolysis-treated ischemic stroke patients: The DRAGON score. Neurology. 2012;78:427-32.
DRAGON(CT所見、発症前mRS、年齢、血糖、投与までの時間、NIHSSS)スコアにより発症4.5時間以内の脳梗塞に対するi.v. rt-PA療法の機能予後の判定が可能である

Predictors of tissue-type plasminogen activator nonresponders according to location of vessel occlusion. Stroke. 2012;43:417-21.
閉塞血管が確認できた症例でのi.v. rt-PA療法の予後は、MCA近位部閉塞では年齢、ICの高度狭窄、IC分岐部では高血圧、心房細動がないこと、脳底動脈では心房細動がないことがそれぞれ予後不良因子であった

Level of systolic blood pressure within the normal range and risk of recurrent stroke. JAMA. 2011;306:2137-44.
非心原性脳梗塞の発症180日以内での検討では、SBP 130-139mmHgの集団が最も血管イベントが低く、Jカーブ現象が認められた

Level of systolic blood pressure within the normal range and risk of recurrent stroke. JAMA. 2011;306:2137-44.
非心原性虚血性脳卒中患者の脳卒中再発リスクは、収縮期血圧値が130-140mmHgで最も低く、低過ぎても(120mmHg未満)、高過ぎても(140mmHg以上)、再発リスクは増大する

Is the maximum dose of 90 mg alteplase sufficient for patients with ischemic stroke weighing >100 kg? Stroke. 2011;42:1615-20.
脳梗塞に対する血栓溶解療法において、体重が100kgを超える場合は1kgあたりの投与量が少なくなるにもかかわらず、症候性脳出血、死亡のオッズ比は体重>100kgの方が高く、現在認可されているアルテプラーゼ最大投与量は妥当と考えられる

Signatures of cardioembolic and large-vessel ischemic stroke. Ann Neurol. 2010;68:681-92.
血液RNAの遺伝子発現の解析により,90%以上の感度と特異度で心原性塞栓と大血管病変による梗塞とを区別できる.

Elevated plasma YKL-40 levels and ischemic stroke in the general population.Ann Neurol. 2010;68:672-80.
血管壁内の脂質を持ったマクロファージから産生されるYKL-40の血漿濃度は,脳梗塞の危険因子である.

Noradrenergic enhancement improves motor network connectivity in stroke patients.Ann Neurol. 2010 Dec 28.
中等度までの手の麻痺のある脳梗塞患者にSNRIを投与すると,脳梗塞による同側の腹側運動前野と補足運動野の連絡性低下が改善し,筋力が向上した.

Recurrent ischemic events in young adults after first-ever ischemic stroke.Ann Neurol. 2010;68:661-71.
50歳未満の初発の若年脳梗塞でも5年での再発率は9.4%と高く,1型糖尿病や主要血管動脈硬化などが危険因子である.

Prediction of malignant middle cerebral artery infarction by magnetic resonance imaging within 6 hours of symptom onset: A prospective multicenter observational study.Ann Neurol. 2010;68:435.
減圧手術が必要となるような”悪性”の中大脳動脈領域の梗塞への進展は,発症時のMRIでの82ml以上のDWI高信号や内頚動脈の閉塞などにより予測ができる.

Pretreatment ASPECTS on DWI predicts 3-month outcome following rt-PA: SAMURAI rt-PA Registry. Neurology 2010 75:555-561
脳梗塞に対するrt-PA治療前のASPECTスコアは発症3ヶ月後の神経機能の独立した予測因子であり、7点以上の場合mRS 0-2(完全自立)の割合が高い

Coagulopathy and embolic signal in cancer patients with ischemic stroke.Ann Neurol. 2010;68:213.
急性期脳卒中の癌患者では,経頭蓋ドップラーによる塞栓信号が血清D-dimer高値と相関して認められる.

Cerebral beta-amyloid detected by pittsburgh compound B positron emission topography predisposes to recombinant tissue plasminogen activator-related hemorrhage.Ann Neurol. 2010 Jul 26.
tr-PAによる血栓溶解後の出血は,PiBの集積が見られるアミロイド血管症で多い.

Fluoxetine for motor recovery after acute ischaemic stroke (FLAME): a randomised placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 2011 Feb;10(2):123-30.
脳梗塞発症早期からのフルオキセチン (プロザック; SSRI) の内服により、有意な運動機能の改善が得られた

Very Early Neurologic Improvement After Intravenous Thrombolysis. Arch Neurol. 2010;67(11):1323-1328.
脳梗塞へのt-PA投与後1時間以内に、症状が急速に改善する例は18%程度に認められ3ヶ月後の機能予後良好と関連していた

Insulin Resistance and Risk of Ischemic Stroke Among Nondiabetic Individuals From the Northern Manhattan Study. Arch Neurol. 2010;67(10):1195-1200.
非糖尿病集団において、Homeostasis Model Assessment指数でのインスリン抵抗性の存在は脳梗塞発症の2.8倍の増加と関連していた(Northern Manhattan Study)

Cilostazol for prevention of secondary stroke (CSPS 2): an aspirin-controlled, double-blind, randomised non-inferiority trial. Lancet Neurol. 2010 Oct;9(10):959-68.
日本で実施された、企業の資金提供を受けた二重盲検ランダム化試験では平均29ヵ月のフォローアップ 期間中、主要エンドポイント(脳梗塞再発、脳出血、またはクモ膜下出血)の発生及び出血イベントは、シロスタゾール群のほうがアスピリン群よりも少ないが、副作用は、シロスタゾール群で多かった

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください