脳出血、微小出血 Update

Insufficient cerebral venous drainage predicts early edema in acute intracerebral hemorrhage. Neurology. 2019 Oct 8;93(15):e1463-e1473.
脳静脈のドレナージの低下が脳出血24時間後の血腫周囲の浮腫(PHE)に相関する

Guideline for Reversal of Antithrombotics in Intracranial Hemorrhage: Executive Summary. A Statement for Healthcare Professionals From the Neurocritical Care Society and the Society of Critical Care Medicine. Crit Care Med. 2016 Dec;44(12):2251-2257.
頭蓋内出血での、抗血栓療法の中和に関するガイドライン

The significance of cortical cerebellar microbleeds and microinfarcts in neurodegenerative and cerebrovascular diseases. A post-mortem 7.0-tesla magnetic resonance study with neuropathological correlates. Cerebrovasc Dis. 2015;39:138-43.
小脳半球に見られる微小出血はアミロイドアンギオパチーよりも高血圧性のetiologyとの関連が見られた

Intensive Blood-Pressure Lowering in Patients with Acute Cerebral Hemorrhage. N Engl J Med. 2016;375:1033-1043.
脳出血患者に対し,収縮期血圧 110-139 mmHg を目標とする積極的降圧治療を行っても,140-179 mmHg を目標とする標準降圧治療と比較して,死亡または障害の発生率が低くなることはなかった

Cerebral microbleeds and recurrent stroke risk: systematic review and meta-analysis of prospective ischemic stroke and transient ischemic attack cohorts. Stroke. 2013 Apr;44(4):995-1001.
脳梗塞あるいはTIAではCMBが検出された場合、脳出血及び脳梗塞再発リスクの有意な上昇が見られるがアジア人では脳出血の欧米人では脳梗塞のリスク上昇が目立っていた

Rapid Blood-Pressure Lowering in Patients with Acute Intracerebral Hemorrhage. N Engl J Med. 2013 May 29.
脳出血に対して1時間以内に140mmHg未満に降圧して7日間維持する強化降圧療法は、ガイドラインで規定された180mmHg未満の従来降圧療法と比較して主要アウトカムでの有意差は見られなかったが、副次的解析ではmRSでの機能的アウトカムの有意な改善が見られた

Hematoma growth and outcomes in intracerebral hemorrhage: The INTERACT1 study. Neurology. 2012;79:314-319.
脳出血に対する集中的な降圧治療群(目標の収縮期血圧140mmHg)は、血腫体積の減少と臨床的アウトカムの改善と関連する可能性が高い

Risk of intraparenchymal hemorrhage with magnetic resonance imaging-defined leukoaraiosis and brain infarcts.Ann Neurol. 2012;71:552-9.
健常人の13年間の追跡調査で,MRIでの脳白質病変が高度であるほど脳出血を発症する危険が高かった.(最も差のある群間比で3.96)

COL4A1 mutations in patients with sporadic late-onset intracerebral hemorrhage.Ann Neurol. 2012;71:470-7.
COL4A1遺伝子異常が優性遺伝性高齢発症の脳出血の危険因子である.

Predictors of highly prevalent brain ischemia in intracerebral hemorrhage.Ann Neurol 2012;71:199-205.
脳出血患者では急性期に少なからず脳梗塞も出現しており,急性期の血圧低下が関連していると考えられる.

Variants at APOE influence risk of deep and lobar intracerebral hemorrhage. Ann Neurol. 2010;68:934-43.
APOEのε2/ε4アレルは大脳出血(皮質下)と関連しており,ε4は深部出血とも関連している

Imaging the future of stroke: II. Hemorrhage.Ann Neurol. 2010;68:581-92.
出血性脳卒中に対しての画像診断のレヴュー

Hypertensive cerebral hemorrhage: Imaging the leak with 7-T MRI. Neurology 2010 75:572-573
7テスラMRIを使用したSWI, T2*画像にて穿通枝動脈からの出血が明瞭に描出された高血圧性脳出血の42歳男性例

Retinopathy and Lobar Intracerebral Hemorrhage: Insights Into Pathogenesis. Arch Neurol. 2010;67(10):1224-1230.
脳葉内出血群は、脳梗塞群と比較して3倍以上の頻度で網膜症が検出される

Incidence of cerebral microbleeds: A longitudinal study in a memory clinic population. Neurology 2010 74: 1954-1960.
多発する微小出血、ラクナ梗塞、白質病変、APOE2遺伝子の存在は新たは微小出血出現の危険性増加と関連し、一方で微小出血の存在はラクナ梗塞及び白質病変の拡大に関連する

White matter lesions and poor outcome after intracerebral hemorrhage: A nationwide cohort study. Neurology 2010 74: 1502-1510.
脳出血では白質病変がある場合、死亡率が2.5倍程度に増加してしまう

Parity and risk of hemorrhagic strokes. Neurology 2010 74: 1424-1429.
経産婦はくも膜下出血及び脳出血発症の危険性が上昇するが、出産回数が増えるに従い危険性も上昇する

Effect of Systolic Blood Pressure Reduction on Hematoma Expansion, Perihematomal Edema, and 3-Month Outcome Among Patients With Intracerebral Hemorrhage: Results From the Antihypertensive Treatment of Acute Cerebral Hemorrhage Study. Arch Neurol. 2010;67(5):570-576.
ATACH試験(Antihypertensive Treatment in Acute Cerebral Hemorrhage)では、脳出血急性期の患者を対象にニカルジピン静注により積極的に収縮期血圧を低下させたが、低下による血腫の増大、血腫周辺の浮腫、3ヶ月後の予後に関して変化が見られなかった

Antithrombotic drug use, cerebral microbleeds, and intracerebral hemorrhage: a systematic review of published and unpublished studies. Stroke. 2010 Jun;41(6):1222-8.
微小出血はワルファリン服用患者の脳出血リスクを増大させるのかもしれない

Effects of early intensive blood pressure-lowering treatment on the growth of hematoma and perihematomal edema in acute intracerebral hemorrhage: the Intensive Blood Pressure Reduction in Acute Cerebral Haemorrhage Trial (INTERACT). Stroke. 2010 Feb;41(2):307-12.
急性脳出血において積極的な降圧 (SBP 140)は、血腫の増大を抑制するが、血腫周辺の浮腫の低減効果はなかった

Intracerebral and subarachnoid hemorrhage in patients with cancer. Neurology 2010 74: 494-501.
担癌患者での脳出血は腫瘍内出血や凝固異常によるものが多く生存期間中央値3ヶ月と予後不良で、意識障害、水頭症、頭蓋内圧亢進、多発病変は予後不良因子、原発性脳腫瘍、脳室開窓術は予後因子であった

Strong Independent Correlation of Proteinuria With Cerebral Microbleeds in Patients With Stroke and Transient Ischemic Attack. Arch Neurol. 2010;67(1):45-50.
脳梗塞やTIAでは、蛋白尿陽性はT2*画像での微小出血存在の危険性の2.3倍の増加と関連していた

Significance of perihematomal edema in acute intracerebral hemorrhage: The INTERACT trial. Neurology 2009 73: 1963-1968.
脳出血周辺の浮腫は血腫の大きさと関連して強くなるのであって、浮腫それ自体は長期予後の独立した因子とは考えづらい

The Microbleed Anatomical Rating Scale (MARS): Reliability of a tool to map brain microbleeds. Neurology 2009 73: 1759-1766.
微小出血のスコアリングと比較にMicrobleed Anatomical Rating Scale (MARS)は有用である

Prospective validation of the ICH Score for 12-month functional outcome. Neurology 2009 73: 1088-1094.
脳出血における来院時のICHスコアは発症後1年間の機能をよく反映している

Microbleeds and post-stroke emotional lability J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1082-1086.
脳梗塞後14.3%の患者で感情障害がみられた。有症状群は16.2%に視床に微小出血を認め(vsコントロール6.5%)、また脳全体で比較してより多くの微小出血巣を有した。

Scattered Cerebral Microbleeds Due to Cardiac Myxoma. Arch Neurol. 2009;66(6):796-797.
rt-PA投与後に心臓粘液腫に伴う散在性の脳微小出血病変を来たした60歳女性例

Use of Antithrombotic Drugs and the Presence of Cerebral Microbleeds: The Rotterdam Scan Study. Arch Neurol. 2009;66(6):714-720.
抗血小板薬内服集団は脳内の微小出血が有意に多く見られるが、抗凝固療法内服集団は微小出血の増加はなかった

Gradient echo MRI: Implementation of a training tutorial for intracranial hemorrhage diagnosis. Neurology 2009 72: 1576-1581.
医師に対するウェブ上のチュートリアルによるトレーニングで、GRE MRIによる脳出血の検出率が改善する

Platelet activity and outcome after intracerebral hemorrhage.Ann Neurol. 2009 Mar 18;65:352-356. [Epub ahead of print]
頭蓋内出血患者での血小板機能は,アスピリン内服患者や脳室内出血患者では低下が見られ,死亡との関連もみられる.

Prior antiplatelet use does not affect hemorrhage growth or outcome after ICH. Neurology 2009 72: 1397-1402.
脳出血前に抗血小板薬を内服していても出血の体積、拡大の程度、90日後の神経機能に、内服のない集団と比較して悪化することはなかった

Cerebral microbleeds: a guide to detection and interpretation.Lancet Neurol. 2009;8:165-174.
脳微小出血についてMRIでの評価方法や結果の解釈についてのレビュー

Cerebral microbleed preceding symptomatic intracerebral hemorrhage in a stroke-free person. Neurology 2009 72: 763-765.
微小出血が偶然検出された部位に脳出血を発症した1例

Association of Subdural Hematoma With Increased Mortality in Lobar Intracerebral Hemorrhage. Arch Neurol. 2009;66:79-84.
皮質下出血の20%に硬膜下血腫が合併し30日後の死亡率が高い

Intracranial Hemorrhage in Children: An Evolving Spectrum. Arch Neurol. 2008;65:1629-1633.
小児の脳出血では腫瘍や先天性心疾患を基礎疾患としてもっていることが多く、それらの基礎疾患が予後に強い影響を与える

Oculopalatal tremor with one-and-a-half syndrome after pontine hemorrhage. Neurology 2008 71: e39-e41.
橋出血後にone-and-a-half症候群を伴ったOculopalatal振戦の一例

Racial differences in microbleed prevalence in primary intracerebral hemorrhage. Neurology 2008 71: 1176-1182.
頭蓋内出血の患者における微少出血の頻度および程度には高血圧などの他のリスクと関連しない人種差が存在する

Cerebral microbleeds in the population based AGES-Reykjavik study: prevalence and location. JNNP. 2008;79:1002-6. Epub 2008 Feb 12.
大脳微小出血病変は高齢の男性に多く,ApoEε4遺伝子型で多くアミロイド血管症との関連が考えられる.

Warfarin use leads to larger intracerebral hematomas. Neurology 2008 71: 1084-1089.
PT-INR3.0以上のワルファリンコントロールはそれ以下の群と比較しより大きな頭蓋内出血もたらし、90日後の死亡率増加に関連する

Hemorrhagic stroke in the Stroke Prevention by Aggressive Reduction in Cholesterol Levels study. Neurology 2008 70: 2364-2370.
atorvastatin(リピトール)多量服用による脳血管障害に対する利益を検討したSPARCL試験は脳梗塞の発症率を低下させたが、この試験に参加した患者の後解析で脳出血の発症は増加することがわかった

Intensive blood pressure reduction in acute cerebral haemorrhage trial (INTERACT): a randomised pilot trial. Lancet Neurol. 2008;7:391-399.
脳内出血の急性期において,現在のガイドラインより血圧を降下させることで,血腫の増大を防ぐことができる(大規模RCTへ移行予定)

APOE genotype, ethnicity, and the risk of cerebral hemorrhage. Neurology 2008 70: 1322-1328.
アポE遺伝子のうちE2、E4を持っていると頭蓋内出血の発症率が高く、アジア人でその傾向が顕著である

Prevalence and risk factors of cerebral microbleeds: The Rotterdam Scan Study. Neurology 2008 70: 1208-1214.
微小脳内出血は高齢者にMRI(T2*)でよく見られ、皮質下の部位はアミロイドアンギオパチーに、脳深部、テント下病変は高血圧などの動脈硬化性病変と関連する

Predictors of survival after haemorrhagic stroke in a multi-ethnic population: the South London Stroke Register (SLSR) JNNP 2008; 79: 260-265.
多人種間での脳出血死の予測因子(年齢、DM、重症度、黒人)

Intracerebral hemorrhage associated with use of tadalafil (cialis). Neurology 2008 70: 1289-1290.
タダラフィル (PDE5阻害薬)25mgを2錠内服し脳出血を来たした70歳男性例

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください