多発性硬化症 update 3

バックナンバー:12

Ocrelizumab versus Interferon Beta-1a in Relapsing Multiple Sclerosis. N Engl J Med. 2017 Jan 19;376(3):221-234.
RRMSに対して、オクレリズマブ(ヒト化CD20モノクローナル抗体)はインターフェロンβ-1a よりも疾患の活動性と進行が認められる割合が低かった

An RCT to treat learning impairment in multiple sclerosis: The MEMREHAB trial. Neurology. 2013;81:2066-72.
多発性硬化症に対してmodified Story Memory Technique (mSMT)は、認知機能障害の改善効果を認める

Placebo-Controlled Phase 3 Study of Oral BG-12 or Glatiramer in Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2012; 367:1087-1097.
再発寛解型多発性硬化症患者において,BG-12(両用量)とグラチラマー酢酸塩(GA)により,プラセボと比較して再発率は有意に低下し,神経放射線学的転帰が有意に改善した

Placebo-Controlled Phase 3 Study of Oral BG-12 for Relapsing Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2012; 367:1098-1107
再発寛解型多発性硬化症患者において,BG-12 投与はいずれの用量でも,プラセボと比較して再発率,年間再発率,障害進行率,MRI 上の病変数を有意に低下させた

Potassium Channel KIR4.1 as an Immune Target in Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2012; 367:115-123
ATP 感受性内向き整流性カリウムチャネル (KIR4.1) は,多発性硬化症患者おける自己抗体反応の標的である

Placebo-Controlled Trial of Oral Laquinimod for Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2012; 366:1000-1009.
第3相試験では,再発寛解型多発性硬化症患者に対しラキニモドを1日1回経口投与することで,障害の進行が遅延し,再発率が低下した

Late motor decline after accomplished remyelination: Impact for progressive multiple sclerosis.ANN NEUROL 2012;71:227-244.
多発性硬化症の慢性期再髄鞘化した病変では神経損傷を示すAPP陽性軸索が増加し,髄鞘のプロテオームも慢性脱髄動物モデルの病変と同様に変化している.

Evolution of the blood-brain barrier in newly forming multiple sclerosis lesions. Ann Neurol. 2011;70:22-9.
多発性硬化症の病変をDCE-MRIを使用して検討したところ、病変が拡大する過程では造影のパターンが外向きから内向きに変化し、病変内外のBBBによる血清蛋白漏出の変化を反映しているのかもしれない

Inflammatory cortical demyelination in early multiple sclerosis. N Engl J Med. 2011;365:2188-97.
多発性硬化症の生検脳の検討では、皮質の脱髄性病変は38%の症例で認められ、組織学的には炎症性変化が主体で特に髄膜炎症と強い関連を示した.

Randomized trial of oral teriflunomide for relapsing multiple sclerosis. N Engl J Med. 2011;365:1293-303.
再発型多発性硬化症に対して、経口免疫抑制剤テリフルノミド投与により再発率、障害の進行(高用量の場合)、疾患活動性を示すMRI所見がプラセボと比較して有意に減少した

Interferon-β inhibits toll-like receptor 9 processing in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:899-906.
INFβ治療を受けているMS患者では,TLR9作動薬による形質細胞様樹状細胞のIFN-βやIL-6,TNF産生能力が低下しており,活性型TLR9蛋白の発現も減少している.

Mitochondrial DNA deletions and neurodegeneration in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010 Nov 8.
MS患者の脳灰白質ではミトコンドリアDNAの欠損による呼吸障害を呈する神経細胞が増加し,進行する神経変性に関与していると考えられる.

Immune regulation of multiple sclerosis by transdermally applied myelin peptides.Ann Neurol. 2010;68:593-601.
再発寛解型MS患者への経皮的なミエリンペプチド投与は,局所の皮膚,リンパ節での免疫細胞の反応や血液での免疫系の変化など免疫調節作用を有する.

Dextromethorphan plus ultra low-dose quinidine reduces pseudobulbar affect.Ann Neurol. 2010;68:693.
MSやALSにおける仮性球症状に対して低用量キニジンとデキストロメトロファンの併用療法は,大きな副作用なく優位な改善が期待できる.

Axonal damage in relapsing multiple sclerosis is markedly reduced by natalizumab.Ann Neurol. 2010 Oct 28.
Natalizumab投与により再発型MS患者の髄液中では神経フィラメント軽鎖の値が低下し,神経軸索損傷を軽減していると考えられる.

A phase 3 trial of extended release oral dalfampridine in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:494.
経口徐放性dalfampridineはMS患者の歩行能力を改善させる.

A Gradient of neuronal loss and meningeal inflammation in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:477.
B細胞の小胞様構造を髄膜に伴った2次性進行性MSの脳組織では,その周囲の灰白質に活性化ミクログリアの増加を伴って神経細胞の脱落が認められる.

Natalizumab dosage suspension: are we helping or hurting?Ann Neurol. 2010;68:395.
PMLの合併頻度を下げようとMS患者でnatalizumabを中断すると,MSの再燃がみられる

JC virus persistence following progressive multifocal leukoencephalopathy in multiple sclerosis patients treated with natalizumab.Ann Neurol. 2010;68:384.
Natalizumabを投与されPMLとなったMS患者では,免疫学的再構築炎症症候群を経ても多くの患者で髄液中のJCウィルスDNA陽性が持続している.

Meningeal T cells associate with diffuse axonal loss in multiple sclerosis spinal cords.Ann Neurol. 2010 Aug 4.
MSでは脳と同様に脊髄でも,髄膜のCD3陽性T細胞や活性化されたミクログリアの数と神経軸索脱落とが相関している.

Venous and cerebrospinal fluid flow in multiple sclerosis: A case-control study.Ann Neurol. 2010;68:255.
再発寛解型多発性硬化症患者のMRIでの評価では経静脈血流や髄液流の異常は認められず,最近提唱されている慢性的な脳脊髄静脈不全を示唆する所見は得られなかった.

Higher 25-hydroxyvitamin D is associated with lower relapse risk in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:193.
血清25ヒドロキシビタミンDの値とMSの再発率は逆相関し,10nmol/lの増加で再発が12%減少する.

No cerebrocervical venous congestion in patients with multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:173
56人のMS患者の脳静脈血流(血流方向や流量測定)検査では,脱随の原因ではないかと最近提唱されている慢性脳脊髄静脈うっ血の病態は見られなかった.

Pilot trial of low-dose naltrexone and quality of life in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:145.
低用量ナルトレキソン(モルヒネ類似のオピオイド受容体拮抗薬)はMS患者で副作用なく,生活の質を改善させる.

Natalizumab drug holiday in multiple sclerosis: Poorly Tolerated.Ann Neurol. 2010;68:392.
10例のMSでPMLの予防のためナタリズマブを6ヶ月中断してみたが,7例で症状再発か新しい病変が出現してしまった.

OAS1 : A multiple sclerosis susceptibility gene that influences disease severity. Neurology 2010 75:411-418
多発性硬化症では、2′,5′-オリゴアデニル酸合成酵素遺伝子(OAS1)のSNP型のAA遺伝子型が活動性亢進に関連しており、GG遺伝子型は活動性の低下と関連していた

Diagnostic criteria for multiple sclerosis: 2010 Revisions to the McDonald criteria. Ann Neurol. 2011;69:292-302.
多発性硬化症の診断基準の改訂: 新しい基準は、clinically isolated syndrome(CIS)の評価において、MRIの必要条件を単純化することを目的としている

Distinct Properties of Circulating CD8+ T Cells in FTY720-Treated Patients With Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(12):1449-1455.
多発性硬化症に対するフィンゴリモド(FTY720)治療では、特に後期エフェクターCD8Tリンパ球を血中にホーミングさせるようだ

Upregulation of K2P5.1 potassium channels in multiple sclerosis. Ann Neurol. 2010;68:58.
MS患者のT細胞リンパ球ではK(2P)5.1チャネルのupregulationされて,T細胞の活性化が示唆されており,今後の治療の標的の候補となりうる.

Spinal Cord Ring Enhancement in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(11):1395-1398.
多発性硬化症で脊髄のリング状造影効果を認めるのは6%程度と頻度が少ないが、その中でも頻度が高いのは頚髄のopen-ring状造影効果であった

Primary infection with the Epstein-Barr virus and risk of multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;67:82.
MS患者では,血清のEBウィルス抗体価を経時的に見ていくと,当初陰性でも発症する前に全員陽性になっていた.

Longitudinal study of vision and retinal nerve fiber layer thickness in multiple sclerosis. Ann Neurol. 2010;67:749.
MS患者では明らかな視神経炎がなくても,視力の低下と相関して網膜神経線維束は薄くなっていく.

Disability Progression in a Clinical Trial of Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis: Eight-Year Follow-up. Arch Neurol. 2010;67(11):1329-1335.

Long-interval T2-weighted subtraction magnetic resonance imaging: a powerful new outcome measure in multiple sclerosis trials.Ann Neurol. 2010;67:667.
MRIでの経時的な評価において,T2延長病変の変化は新たなGd造影病変よりもMSへの治療効果を判定するのに有用である.

MSに対するインターフェロンβ1a治療の臨床試験において、元のEDSSと比較して1点以上の悪化を6ヶ月持続的に認めることは、8年後の機能障害の予後因子であった

Translational Research in Neurology and Neuroscience 2010: Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(11):1307-1315.
多発性硬化症に対する最近のトランスレーショナル研究の成果に関する総説

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください