コケイン (Cockayne) 症候群 診断

乳幼児期から発症する進行性の早老性疾患。小頭症、身体発育遅延、知能障害、難聴、視神経萎縮 、特有な顔貌、日光過敏症 が見られる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください