頭蓋内・頸部動脈解離 update

Cervical artery dissection in patients ?60 years: Often painless, few mechanical triggers. Neurology. 2017 Apr 4;88(14):1313-1320.
60歳以上の頸動脈解離は全体の7.4%程度を占め、疼痛の訴えや力学的な誘因の報告が少なく、診断が見落とされるリスクを高めている

Antiplatelets vs anticoagulation for dissection: CADISS nonrandomized arm and meta-analysis. Neurology. 2012;79:686-9.
CADISS研究の非ランダム群における検討では、頸部動脈解離に対する抗血小板薬あるいは抗凝固薬投与群間で3ヶ月以内の死亡に有意差はなかった(CADISSの結果が待たれる)

Differential features of carotid and vertebral artery dissections: the CADISP study. Neurology. 2011;77:1174-81
内頸動脈解離は、高齢男性に多く、解離に先行する感染症、動脈瘤性拡張の出現、脳虚血の場合の重症度が高いなどの特徴があり、椎骨動脈解離では、頭部外傷の先行、頚部痛の存在、両側の解離と脳虚血が多いなどの特徴がある

Safety and Functional Outcome of Thrombolysis in Dissection-Related Ischemic Stroke: A Meta-Analysis of Individual Patient Data. Stroke. 2011 Jul 28.
頸動脈解離による脳梗塞に対する、経静脈あるいは選択的血栓溶解療法は、その他の原因による脳梗塞と同等の安全性と有効性であった

Outer Contour of Middle Cerebral Artery Revealed by Sylvian Vallecula-Parallel Anatomic Scanning?Magnetic Resonance Imaging: A Method Useful for Detecting Dissection. Arch Neurol. 2010;67(10):1278-1279.
Sylvian vallecula-pararellel anatomical scanning (SyPAS)-MR imagingで中大脳動脈解離が検出しえた脳梗塞の48歳男性例

Teaching NeuroImages: Harlequin syndrome caused by lesion of sympathetic regulatory neurons. Neurology 2010 74: e106.
右内頸動脈解離が原因として考えられた道化師症候群の48歳女性例

Multiple Cervical Artery Dissection in a Volleyball Player. Arch Neurol. 2010;67(8):1024.
頚動脈に多発性の解離病変を認めたバレーボール選手の23歳男性例

A Very Small but Very Symptomatic Vertebral Artery Dissection. Arch Neurol. 2010;67(2):248-249.
スノーモビル運転中に小脳梗塞で発症し、非常に限局した椎骨動脈解離病変が検出された45歳男性例

Lateral Medullary Syndrome and Ipsilateral Hemiplegia (Opalski Syndrome) Due to Left Vertebral Artery Dissection. Arch Neurol. 2009;66(12):1574-1575.
椎骨動脈解離による延髄外側症候群により病変と同側の麻痺(Opalski症候群)を来した26歳女性例

Massive axial herniation after posterior fossa infarction following vertebral artery dissection. Neurology 2009 73: 1511.
椎骨動脈解離に伴う後頭蓋窩梗塞後に、著明なヘルニアを来たし死亡した35歳女性例

Internal carotid artery dissection occurring during intensive practice with Wii video sports games. Neurology 2009 73: 1242-1243.
任天堂Wiiスポーツに熱中し内頸動脈解離を来した2例

Isolated Posterior Cerebral Artery Infarction Caused by Carotid Artery Dissection. Arch Neurol. 2009;66(8):1034.
内頸動脈解離にも関わらず後大脳動脈領域のみに脳梗塞を続発した45歳男性例

Aspirin vs anticoagulation in carotid artery dissection: A study of 298 patients. Neurology 2009 72: 1810-1815.
前向き研究で、特発性頸動脈解離に対する抗血小板薬あるいは抗凝固薬の投与は等しく新たな脳梗塞や網膜虚血の危険性を減少させているようだった

Vascular risk factors and morphometric data in cervical artery dissection: a case-control study.JNNP. 2009 Feb;80(2):232-4.
特発性の頸動脈解離の患者を正常対照群と比べると,高血圧や糖尿病,喫煙,高脂血症などの動脈硬化危険因子は差がないが,有意に高身長171.3 vs167.7cmで低体重67.5vs69.3kgである.

Harlequin syndrome in spontaneous dissection of the cervical carotid artery. Neurology 2008 71: 1459.
Harlequin症候群をきたした頸動脈解離の一例

Triple and Quadruple Spontaneous Cervical Artery Dissection: Presenting Characteristics and Long-Term Outcome. JNNP. 2008 Oct 31. [Epub ahead of print]
特発性頸動脈解離が多発していた15例の解析では,複数の解離は同一の血管であることが多く,予後は良好で一過性の病態が原因と考えられる.

Treatment of cervical artery dissection: a systematic review and meta-analysis. JNNP 2008;79:1122-7. Epub 2008 Feb 26.
頸動脈解離に対する治療報告のレビューにて,抗凝固と抗血小板治療に差はなく,血栓溶解療法やステント治療も特に危険が高いわけではないようだ.

Morphometric analysis of collagen fibrils in skin of patients with spontaneous cervical artery dissection. JNNP. 2008;79:1007-12. Epub 2008 Jan 25.
頸動脈解離患者の皮膚生検の膠原線維の分析では,個人レベルでの差は認められないが,健常例との群間比較では膠原線維の平均径の減少や密度の上昇がみられる.

Golfer’s Stroke From Internal Carotid Artery Dissection. Arch Neurol. 2008;65:1122-1123.
ゴルフ中に内頚動脈解離により脳梗塞を発症した47歳男性例

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください