血管炎性末梢神経障害 update

Rituximab versus Azathioprine for Maintenance in ANCA-Associated Vasculitis. N Eng J Med. 2014
リツキシマブには、アザチオプリンと比較して28ヵ月の時点において多くのANCA関連血管炎患者で寛解が維持された

Vasculitic neuropathies. Lancet Neurol. 2014;13:67-82.
Dyckらによる血管炎性末梢神経障害の総説

Efficacy of remission-induction regimens for ANCA-associated vasculitis. N Engl J Med. 2013;369:417-27.
ANCA関連血管炎患者197人を対象に、リツキシマブの1コース投与と従来の免疫抑制療法(シクロホスファミド+アザチオプリン)の有効性を無作為化試験で比較し、6カ月時の完全寛解率はリツキシマブ群64%、従来群53%、18カ月時の維持率は39%、33%で、リツキシマブの非劣性が認められた

2012 revised International Chapel Hill Consensus Conference Nomenclature of Vasculitides. Arthritis Rheum. 2013;65:1-11.
[総説] 全身性血管炎のカテゴリーの改訂

Systemic and non-systemic vasculitis affecting the peripheral nerves. Acta Neurol Belg. 2009;109:100-13.
血管炎性末梢神経障害に関する総説

The use of nerve and muscle biopsy in the diagnosis of vasculitis: A 5 year retrospective study. JNNP. 2008 Sep 26. [Epub ahead of print]
血管炎性末梢神経障害において,腓腹神経生検に加えて外側広筋の生検を行っても診断の感度は向上しない.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください