アテローム血栓性脳梗塞 update

Effects of Anacetrapib in Patients with Atherosclerotic Vascular Disease. N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1217-1227.
動脈硬化性疾患で強化スタチン療法を受けている患者では、アナセトラピブ(CETP阻害薬)投与で主要冠動脈イベントの発生率がプラセボ投与より低下した

Antiinflammatory Therapy with Canakinumab for Atherosclerotic Disease. N Engl J Med. 2017 Sep 21;377(12):1119-1131.
インターロイキン-1βを標的とするカナキヌマブによる抗炎症療法は、脂質を低下させることなく再発性心血管イベントの発生率をプラセボと比較して有意に低下させた

Early dual versus mono antiplatelet therapy for acute non-cardioembolic ischemic stroke or transient ischemic attack: an updated systematic review and meta-analysis. Circulation. 2013;128:1656-66.
系統的レビューによる解析では、非心原性の急性期脳梗塞に対して抗血小板薬単剤よりも2剤の抗血小板薬を併用した方が予後がよい可能性がある

Aggressive medical treatment with or without stenting in high-risk patients with intracranial artery stenosis (SAMMPRIS): the final results of a randomised trial. Lancet. 2013:S0140-6736(13)62038-3.
症候性頭蓋内血管狭窄に対するステント留置術は、積極的な内科治療を上回る長期予後改善効果を認めなかった

Middle cerebral artery intraplaque hemorrhage: Prevalence and Clinical Relevance.Ann Neurol 2012;71:195-198.
中大脳動脈プラークにおいて,新しい出血を示す脂肪抑制T1強調画像での高信号の存在は,有意に脳梗塞発症と相関している.

Watershed Infarctions Are More Prone Than Other Cortical Infarcts to Cause Early-Onset Seizures. Arch Neurol. 2010;67(10):1219-1223.
脳梗塞では約4.3%に早期痙攣発作が認められ、大脳皮質を含む病変が早期痙攣発症率の増加と関連するが、中でも境界領域梗塞が最も発症率が高い

Heterogeneity in Infarct Patterns and Clinical Outcomes Following Internal Carotid Artery Occlusion. Arch Neurol. 2009;66(12):1523-1528.
脳梗塞において内頚動脈のみの閉塞例は、中大脳動脈閉塞例や両者の併存例と比較して島皮質や上側頭葉が梗塞を免れることが有意に多く臨床的にも後遺症が少なかった

Sequence variants on chromosome 9p21.3 confer risk for atherosclerotic stroke.Ann Neurol. 2009;65:531-9.
冠動脈疾患の危険因子として同定されている9p21.3にあるいくつかのSNPはアテローム血栓性脳卒中とも関連がある.

Pontine Warning Syndrome. Arch Neurol. 2008;65:1375-1377.
脳幹(橋)部脳底動脈のBranch diseaseでは、麻痺、構音障害、眼球運動障害などの症状が変動することがあり、橋梗塞発症の危険なサインと考えられる

Vertebral Artery Origin Thrombus in a Patient With Cerebellar Infarct. Arch Neurol. 2008;65:1386-1387.
椎骨動脈の血栓により発症した小脳梗塞の67歳男性例

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください