NMO画像

以前はMSの病型の1つと考えられていたものの,近年アクアポリン4(AQP-4)との関連が判明した視神経脊髄炎(Neuromyelitis optica: NMO)では,視神経炎とともに,脊髄腫脹を伴いかつ3椎体以上の「多椎体」にわたる広範囲の脊髄病巣を呈することが特徴です。
つまり、多発性硬化症と異なり,横断性脊髄炎の臨床像に対応して,病変は脊髄中央部に位置して(centrally located long spinal cord lesion: LCL)、その広がりは左右前後に広がっているため,矢状断では脊髄中央部に幅の広い病変として描出され,時にはring状CEを示すこともあります(右図)。
また,大脳白質では多発性硬化症のように側脳室周辺に多発する卵形の脱髄巣を認めることは少ないのですが、造影MRIにてcloud-like enhancementという特徴的な所見を呈することが知られています。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください