筋萎縮性側索硬化症 Update

Organ donation after cardiac death in amyotrophic lateral sclerosis.Ann Neurol. 2012;71:154-6.
人工呼吸器を使用しているALS患者において,心停止後の臓器提供についての手順を作成した.

Fasciculation potentials in amyotrophic lateral sclerosis and the diagnostic yield of the Awaji algorithm. Muscle Nerve. 2012;45:175-82.
Awaji基準ではfasciculation potentialの重要度が増し感度が向上したという報告が多いが、今回の検討での診断感度は改訂版El Escorial基準よりも低く、下位運動神経障害所見が2ヶ所で必要であるからと考えられた

The effects of dexpramipexole (KNS-760704) in individuals with amyotrophic lateral sclerosis. Nat Med. 2011;17:1652-6.
ALSに対するdexpramipexole[Pramipexole (商品名:ビ・シフロール) の鏡像異性体 (R体)] の投与により、機能評価尺度及び死亡率について結合ランク検定で対照群と比較して有意な改善が見られた

Onset and spreading patterns of lower motor neuron involvements predict survival in sporadic amyotrophic lateral sclerosis. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2011;82:1244-9.
孤発性ALSにおいて、障害部位の組み合わせよりはむしろ、初発症状と別の部位に症状が出る期間が短い(進行が早い)ほど予後が悪く、また、球症状が1年以内に出現する場合も予後不良と関連していた

Paraoxonase gene mutations in amyotrophic lateral sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:102.
家族性と孤発性ALSでPON遺伝子に複数の変異を認め,ALS発症との関連が考えられる.

Tau levels do not influence human ALS or motor neuron degeneration in the SOD1G93A mouse. Neurology 2010 74: 1687-1693.
微小管関連蛋白タウ遺伝子(MAPT)のH1/H2遺伝子多型はALS発症の危険性に影響を与えず、ALSモデルマウスでMAPT遺伝子を欠損させても運動神経細胞の変性に変化はなかった

Mitochondrial Respiratory Chain Dysfunction in Muscle From Patients With Amyotrophic Lateral Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(7):849-854.
筋萎縮性側索硬化症の一部ではシトクロムcオキシダーゼ (cytochrome c oxidase) 陰性の筋線維が高頻度に見られることがあり、病態にミトコンドリア機能異常が関与している可能性を示唆する

Novel FUS/TLS Mutations and Pathology in Familial and Sporadic Amyotrophic Lateral Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(4):455-461.
米国北部での集団研究によるとfused in sarcoma/translated in liposarcoma (FUS/TLS)遺伝子変異は家族性ALSの約5%、孤発性ALSの2例で認められた

CSF glial markers correlate with survival in amyotrophic lateral sclerosis. Neurology 2010 74: 982-987.
髄液タウの上昇はALSとPLSなどの上位運動神経疾患で見られ、髄液S100は下位運動神経疾患では他のMNDと比較して低値であり、髄液S100とミクログリアのマーカーであるsCD14の値はALSの生存期間と相関していた

Gray matter perfusion correlates with disease severity in ALS. Neurology 2010 74: 821-827.
動脈ラベル標識MRIで測定した大脳皮質の潅流の低下は、大脳皮質の萎縮と独立したALSの機能不良因子であった

FUS Mutations in Familial Amyotrophic Lateral Sclerosis in the Netherlands. Arch Neurol. 2010;67(2):224-230.
FUS遺伝子変異による家族性筋萎縮性側索硬化症は、下位運動神経障害が目立ち、生存期間が短い傾向にあった

Randomized sequential trial of valproic acid in amyotrophic lateral sclerosis. Ann Neurol. 2009 Aug;66(2):227-34.
ALSに対するVPA1500mg投与は,死亡や症状進行に対して効果が見られない.

Phase II trial of CoQ10 for ALS finds insufficient evidence to justify phase III. Ann Neurol. 2009 Aug;66(2):235-44.
ALSに対するCoQ10大量投与の第2相試験では,明らかな効果が見られなかった.

Familial aggregation of amyotrophic lateral sclerosis.Ann Neurol. 2009;66:94-9.
ALSの子供や子孫はALS発症の危険が約10倍高くなり,遺伝的な関与を示唆する.

Lack of evidence of monomer/misfolded superoxide dismutase-1 in sporadic amyotrophic lateral sclerosis.Ann Neurol. 2009;66:75-80.
SOD1変異のある家族性ALSで陽性のSEDI抗体で認識される単量体/異常折り畳み構造のSOD1は,孤発性ALSでは認められない.

Novel compound heterozygous ALS2 mutations cause juvenile amyotrophic lateral sclerosis in Japan. Neurology 2009 73: 2124-2126.
ALS2遺伝子の新たな複合ヘテロ接合体変異を認めた若年性ALSの1家系

A novel TARDBP mutation in an Australian amyotrophic lateral sclerosis kindred
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1286-1288
オーストラリアのALSの家系で新たなTARBPの変異が認められた。

TARDBP in amyotrophic lateral sclerosis: identification of a novel variant but absence of copy number variation J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1283-1285
家族性および孤発性ALSでTARDBPの新たな変異が認められた。

Lower serum lipid levels are related to respiratory impairment in patients with ALS. Neurology 2009 73: 1681-1685.
筋萎縮性側索硬化症では脂質の低下と呼吸機能の低下が関連していた

Smoking may be considered an established risk factor for sporadic ALS. Neurology 2009 73: 1693-1698.
喫煙とALS発症リスクに関する総説

Vocal Cord Dysfunction in Amyotrophic Lateral Sclerosis: Four Cases and a Review of the Literature. Arch Neurol. 2009;66(11):1329-1333.
ALSにおける声帯麻痺に関する総説

Mutations in FUS cause FALS and SALS in French and French Canadian populations. Neurology 2009 73: 1176-1179.
FUS遺伝子変異は家族性ALSだけでなく、孤発性ALSの症例においても認められることがある

Analysis of FUS gene mutation in familial amyotrophic lateral sclerosis within an Italian cohort. Neurology 2009 73: 1180-1185.
イタリアの家系の解析ではFUS遺伝子変異は家族性ALSの4%程度に見られた

Practice Parameter update: The care of the patient with amyotrophic lateral sclerosis: Multidisciplinary care, symptom management, and cognitive/behavioral impairment (an evidence-based review): Report of the Quality Standards Subcommittee of the American Academy of Neurology. Neurology 2009 73: 1227-1233.
エビデンスに基づいたALSの対症療法、認知症マネージメントなどに関するAANの推奨

Practice Parameter update: The care of the patient with amyotrophic lateral sclerosis: Drug, nutritional, and respiratory therapies (an evidence-based review): Report of the Quality Standards Subcommittee of the American Academy of Neurology. Neurology 2009 73: 1218-1226.
エビデンスに基づいたALSの薬物治療、非侵襲的換気などの使用に関するAANの推奨

Prevalence of fatigue and depression in ALS patients and change over time J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1146-1149.
ALSの44%に倦怠感がみられ、倦怠感と抑うつの両方を持つものは15%。倦怠感と抑うつはそれぞれ独立で存在する。

Trends and determinants of end-of-life practices in ALS in the Netherlands. Neurology 2009 73: 954-961.
オランダにおけるALS症例が持続的な深い鎮静(continuous deep sedation)や医師幇助自殺/安楽死を選択する割合と影響を及ぼす因子の検討

ALS motor phenotype heterogeneity, focality, and spread: Deconstructing motor neuron degeneration. Neurology 2009 73: 805-811.
ALSの運動神経変性部位の広がりに関する総説

Prospective study of chemical exposures and amyotrophic lateral sclerosis.JNNP 2009 ;80(5):558-61.
長期の前向き研究から,ALSでの死亡と駆虫剤や除草剤の使用については有意な関係がなかったが,ホルムアルデヒドとの使用量とは弱い関連がみられる.

A large-scale international meta-analysis of paraoxonase gene polymorphisms in sporadic ALS. Neurology 2009 73: 16-24.
大規模な集団での検討ではParaoxonase 1 (PON1)遺伝子多型と孤発性ALSの発症に関連は認められなかった

A Long-term Prospective Study of the Natural Course of Sporadic Adult-Onset Lower Motor Neuron Syndromes. Arch Neurol. 2009;66(6):751-757.
孤発性の下位運動ニューロン疾患では、障害が限局的な場合は予後が良いが、全身性の症状の場合は進行し呼吸筋麻痺になることも多い

Defining Survival as an Outcome Measure in Amyotrophic Lateral Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(6):758-761.
ALSの予後判定には気切や呼吸補助は施設により導入の時期が異なるため評価が難しく、死亡率が最も差が少なく判定が最も簡便である

TARDBP mutations in motoneuron disease with frontotemporal lobar degeneration.Ann Neurol. 2009;65:470-3.
行動異常や意味性記憶障害を呈した前頭側頭葉変性症を伴う運動ニューロン疾患でTARDB蛋白の変異がみつかった2例.

Smoking and risk for amyotrophic lateral sclerosis: analysis of the EPIC cohort. Ann Neurol. 2009;65:378-85.
欧州の517890人の健常人の追跡調査から,喫煙はALSでの死の危険性を約2倍増加させ,喫煙期間が長いほど増加し禁煙してから期間が長いほど危険性が低下する.

Age and founder effect of SOD1 A4V mutation causing ALS. Neurology 2009 72: 1634-1639.
家族性筋萎縮性側索硬化症発症の原因となるSOD1(A4V)遺伝子変異はヨーロッパと米国の二人の創始者から広がった可能性が高い

Amyotrophic Lateral Sclerosis in Sweden, 1991-2005. Arch Neurol. 2009;66(4):515-519.
スウェーデンでは年2%の割合でALSの発症率が増加している

A mechanism for low penetrance in an ALS family with a novel SOD1 deletion. Neurology 2009 72: 1153-1159.
SOD1遺伝子変異による家族性ALSの家系への浸透度の低さの原因に関する家系報告

Natural history and clinical features of the flail arm and flail leg ALS variants. Neurology 2009 72: 1087-1094.
筋萎縮性側索硬化症で上肢あるいは下肢の下位運動ニューロン障害症状が主体のflail armあるいはflail legタイプは、他の病型と比較して生存期間が長い

Cause of death and clinical grading criteria in a cohort of amyotrophic lateral sclerosis cases undergoing autopsy from the Scottish Motor Neurone Disease Register. JNNP 2009;80:84-7.
スコットランドで臨床登録されたALSのうち44例の剖検例の検討では,全例で病理学的にも診断され,73%が運動神経障害が原因(呼吸器感染など)で死亡している.

Biomarkers in amyotrophic lateral sclerosis. Lancet Neurol. 2009;8:94-109.
ALSの診断や治療効果判定に有用である生体指標に関する研究の進歩についてのレビュー.

Outcomes research in amyotrophic lateral sclerosis: Lessons learned from the amyotrophic lateral sclerosis clinical assessment, research, and education database.Ann Neurol. 2009;65(S1):S24-S28.
1999年にAANのALS患者治療のガイドラインができて以降の治療記録では,改善がみられた項目もあればPEGやNIPPVなどあまり普及していない項目もある.

Managing amyotrophic lateral sclerosis: Slowing disease progression and improving patient quality of life.Ann Neurol. 2009;65(S1):S17-S23.
ALSの進行を抑制するリルゾールや他剤を併用した治療について.

Racing against the clock: Recognizing, differentiating, diagnosing, and referring the amyotrophic lateral sclerosis patient.Ann Neurol. 2009;65(S1):S10-S16.
ALSの早期診断に役立つ,臨床兆候や検査所見,鑑別診断や非典型的所見について.

Current hypotheses for the underlying biology of amyotrophic lateral sclerosis.Ann Neurol. 2009;65(S1):S3-S9.
現在のALS発症機序についてSOD1やTDP-43を含む仮説のレビュー.

Epidemiology of ALS in Italy: A 10-year prospective population-based study. Neurology 2009 72: 725-731.
イタリアではここ10年でALSの発症率の増加や、臨床系に変化はほとんどない

A CSF biomarker panel for identification of patients with amyotrophic lateral sclerosis. Neurology 2009 72: 14-19.
いくつかの髄液中の炎症性サイトカインの組み合わせでALSと他の神経疾患の区別がある程度可能かもしれない

Transcranial magnetic stimulation in ALS: Utility of central motor conduction tests. Neurology 2009 72: 498-504.
ALSではMEPの域値とCMCTが2%/月で増加し、振幅が8%/月の割合で徐々に減少した

Increasing incidence of ALS in Canterbury, New Zealand: A 22-year study. Neurology 2008 71: 1889-1895.
ニュージーランドのカンタベリーではここ22年でALSの症例が2倍に増加しており、ALSの生存が延長したり高齢のALSが増加したわけではなく原因ははっきりしない

Natural history of young-adult amyotrophic lateral sclerosis. Neurology 2008 71: 876-881.
40歳以下で発症するALS症例は、痙性など上位運動ニューロン症状が目立ち、生存期間が長く、男性に多い特徴がある

Amyotrophic Lateral Sclerosis Plus Syndrome With TAR DNA-Binding Protein-43 Pathology. Arch Neurol. 2009;66(1):121-124.
死後脳でびまん性にTDP-43の沈着を認めた錐体外路症状と核上性眼球運動障害を伴うALS-plus症候群の66歳男性例

Diffusion Tensor Imaging in Sporadic and Familial (D90A SOD1) Forms of Amyotrophic Lateral Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66:109-115.
孤発性ALSはSOD1遺伝子変異のある家族性ALSと比較して錐体路などの白質の異方性の低下が強い

Impaired action knowledge in amyotrophic lateral sclerosis. Neurology 2008 71: 1396-1401.
ALSでは行動知識が障害され、これは運動皮質の障害にかかわる部分と意味記憶にかかわる部分がある

Subcutaneous IGF-1 is not beneficial in 2-year ALS trial. Neurology 2008 71: 1770-1775.
筋萎縮性側索硬化症に対してインスリン様成長因子(IGF-1)の皮下投与を2年間行ったが効果なかった

TDP-43 in Cerebrospinal Fluid of Patients With Frontotemporal Lobar Degeneration and Amyotrophic Lateral Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1481-1487.
前頭側頭葉型認知症と筋萎縮性側索硬化症では、髄液の免疫泳動で測定したTDP-43蛋白量が上昇していた

Hematopoietic stem cell transplantation in patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis. Neurology 2008 71: 1326-1334.
孤発性ALSに対する造血幹細胞移植では症状の改善は認めなかったか、ドナー造血幹細胞由来細胞が主として運動ニューロン病理学的異常部位に入り免疫調整系細胞として存在できることが確認された

A longitudinal diffusion tensor MRI study of the cervical cord and brain in ALS patients. JNNP 2008 Oct 17. [Epub ahead of print]
ALSの頸髄の拡散テンソルMRIによる経過観察によると,進行する神経変性,神経障害をとらえることができる.

Mutations of the ANG Gene in French Patients With Sporadic Amyotrophic Lateral Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1333-1336.
筋萎縮性側索硬化症ではANG (angiogenin) 遺伝子変異はまれであるが、原因となっている可能性がある

Development of a High-Throughput Microarray-Based Resequencing System for Neurological Disorders and Its Application to Molecular Genetics of Amyotrophic Lateral Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1326-1332.
ALS症例に対してハイスループットマイクロアレイ解析を行い原因遺伝子、関連遺伝子を効率よく解析することが可能であった

The prostaglandin E2 EP2 receptor accelerates disease progression and inflammation in a model of amyotrophic lateral sclerosis. Ann Neurol. 2008;64:304-14.
炎症性酸化障害の調整に関わっているプロスタグランジンE2EP2受容体を抑制すると,SOD変異ALSモデルマウスの症状を改善する.

Two German Kindreds With Familial Amyotrophic Lateral Sclerosis Due to TARDBP Mutations. Arch Neurol. 2008;65:1185-1189.
TDP43遺伝子をエンコードするTARDBP遺伝子変異がSOD遺伝子変異を認めない家族性ALSの極一部に認められた

Association of paraoxonase gene cluster polymorphisms with ALS in France, Quebec, and Sweden. Neurology 2008 71: 514-520.
7番染色体のPON1-3遺伝子を構成するparaoxonase gene clusterの遺伝子多型のうち、PON2C末端のC311Sアミノ酸変異がフランス、ケベック、スウェーデンのALSと関連する

Progranulin genetic variability contributes to amyotrophic lateral sclerosis. Neurology 2008 71: 253-259.
特定のprogranulin (PGRN)遺伝子の差によりALSの発症年齢、進行速度が影響される

Phosphorylated TDP-43 in frontotemporal lobar degeneration and amyotrophic lateral sclerosis. Ann Neurol. 2008 Jun 10. [Epub ahead of print]
TDP-43ののC末端側にカゼインキナーゼ-1や-2によりリン酸化される複数の部位があり,TDP-43はリン酸化によりオリゴマー化や繊維化しやすくなり,リン酸化TDP-43はFTDやALSで封入体を形成している.

Evidence of Multisystem Disorder in Whole-Brain Map of Pathological TDP-43 in Amyotrophic Lateral Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:636-641.
TDP-43は、ALS症例において上位下位運動神経だけでなく、小脳、黒質?線条体系、新皮質などの神経、グリア系細胞でも陽性である

TDP-43 mutation in familial amyotrophic lateral sclerosis. Ann Neurol 2008;63:538-542.
運動神経にTDP-43陽性封入体を認めた家族性ALSに,TDP-43の点変異を発見した.

TARDBP mutations in amyotrophic lateral sclerosis with TDP-43 neuropathology: a genetic and histopathological analysis. Lancet Neurol. 2008;7:409-16.
家族性ALSの原因と思われる,TARDBP遺伝子変異をTDP-43のグリシンrichな領域に2つ見つけた.

Copy-number variation in sporadic amyotrophic lateral sclerosis: a genome-wide screen. Lancet Neurol. 2008;7:319-26.
SNPマイクロアレイを用いて孤発性ALSのゲノムのコピー数の変化を調べ,ALSに共通するゲノム領域での変化は見られなかったが,特異的に減少している遺伝子領域がいくつかあり,病原性に関わっているかもしれない.

Inclusions of amyotrophic lateral sclerosis-linked superoxide dismutase inventral horns, liver, and kidney. Ann Neurol. 2008;63:671-5.
SOD1変異によるALSの患者で,脊髄前角運動神経細胞に変異SOD1の封入体を認めた.

TDP-43 A315T mutation in familial motor neuron disease. Ann Neurol. 2008 Feb 20 [Epub ahead of print]
TDP-43遺伝子のA315T変異が,優性遺伝性の運動ニューロン疾患の原因となる

Lithium delays progression of amyotrophic lateral sclerosis. Proc Natl Acad Sci U S A. 2008;105:2052-7
リチウムの投与でautophagyが活性化しALS患者の病期進行が改善する

New VAPB deletion variant and exclusion of VAPB mutations in familial ALS. Neurology 2008 70: 1179-1185.
ブラジルの家系で報告されたVAPB P56S以外のVAPB遺伝子変異を家族性ALS症例で検索したが病態に関連するものは見つからなかった

Dyslipidemia is a protective factor in amyotrophic lateral sclerosis. Neurology 2008 70:1004-09.
ALSにおける高脂血症は予後因子であり,コレステロールやLDLを下げてはいけない可能性がある

Amyotrophic Lateral Sclerosis With Ragged-Red Fibers. Arch Neurol. 2008;65:403-406.
ミトコンドリア遺伝子異常はALSに似た臨床形を示すことがあるので鑑別が必要

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください