多発性硬化症 Update 2

バックナンバー:1

Role of CD8+ CD25+ Foxp3+ regulatory T cells in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;67:625.
CD8+ CD25+ FoxP3+T細胞はMS患者において,自己反応性T細胞を抑制している.

Vitamin D status is associated with relapse rate in pediatric-onset multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010 May;67(5):618-24.
小児発症のMS患者では血清25水酸化ビタミンD3低値が再発率と関連している.

Abnormal B-cell cytokine responses a trigger of T-cell-mediated disease in MS? Ann Neurol. 2010;67:452.
MS患者ではB細胞が異常な炎症性サイトカインの反応を示し,MSの発症に脇役として関わっている可能性がある.

A Randomized Controlled Double-Masked Trial of Albuterol Add-on Therapy in Patients With Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(9):1055-1061.
多発性硬化症に対するコパキソン治療に、IL-12の発現を低下させる作用のあるアルブテロールの追加は忍容性が高く臨牀症状の改善効果がある

A 3-year magnetic resonance imaging study of cortical lesions in relapse-onset
multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010 Mar;67(3):376-83.
再発型のMSのMRIでの3年間の経過観察によると、皮質病変は約半数の患者で新たに出現し、病変の増加は症状の悪化と相関していた.

Chronic cerebrospinal venous insufficiency and multiple sclerosis. Ann Neurol. 2010;67:286.
以前は血管治療の試みも行われていたが慢性的な中枢神経系の静脈還流不全と多発性硬化症についての最近の知見

Human leukocyte antigen-DR15, low infant sibling exposure and multiple sclerosis: gene-environment interaction. Ann Neurol. 2010;67:261.
幼児期の兄弟姉妹との接触が少ないこととHLA-DR15陽性は多発性硬化症のリスクを上昇させる。(HLA classII分子を含む免疫システムが幼児期に修飾を受けていることを示唆する)

Teaching NeuroImages: Demyelinating disease mimicking butterfly high-grade glioma. Neurology 2010 75: e4-e5.
両側前頭葉に悪性神経膠腫様のMRI像を示した腫瘤様脱髄疾患の58歳女性例

De novo relapsing-remitting multiple sclerosis following autologous stem cell transplantation. Neurology 2010 75: 89-91.
自家幹細胞移植後に再発寛解型の多発性硬化症を発症した形質細胞性白血病の62歳女性例

New perspectives in the natural history of multiple sclerosis. Neurology 2010 74: 2004-2015.
多発性硬化症の自然経過に関する新たな知見の総説

Intellectual enrichment lessens the effect of brain atrophy on learning and memory in multiple sclerosis. Neurology 2010 74: 1942-1945.
多発性硬化症では教育レベルの高さは疾患に関連した認知機能障害の進行を予防する効果があるかもしれない

Cross-sectional study assessing long-term safety of interferon-β-1b for relapsing-remitting MS. Neurology 2010 74: 1877-1885.
再発寛解型MSに対するインターフェロンβ治療群を16年間に渡り追跡調査を行ったが、安全性は高くインターフェロンβに対する中和抗体出現群の76%は経過中に中和抗体が消失した

Assessing brain atrophy rates in a large population of untreated multiple sclerosis subtypes. Neurology 2010 74: 1868-1876.
多発性硬化症では治療を行わない場合は、臨床型に関わらず進行性の脳萎縮が見られる

Rituximab add-on therapy for breakthrough relapsing multiple sclerosis: A 52-week phase II trial. Neurology 2010 74: 1860-1867.
多発性硬化症に対するリツキサン(抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体)を従来の免疫調整薬に追加することにより、造影増強効果を持つ病変の出現の可能性が減少するようだ

A phase I/II dose-escalation trial of vitamin D3 and calcium in multiple sclerosis. Neurology 2010 74: 1852-1859.
多発性硬化症に対するビタミンD大量投与は安全性が高く再発数を減少させたりT細胞の増殖を抑える作用もあるかも知れない

Multiple sclerosis, vitamin D, and HLA-DRB1*15. Neurology 2010 74: 1905-1910.
多発性硬化症におけるビタミンD低下とHLA-DRB1*1501に関する総説

Increased diffusivity in acute multiple sclerosis lesions predicts risk of black hole. Neurology 2010 74: 1694-1701.
多発性硬化症における造影増強効果を持つ急性期病変では、拡散テンソル画像による拡散の上昇はその後の持続的なblack hole化と関連していた

Neuroplasticity predicts outcome of optic neuritis independent of tissue damage. Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):99-113.
視神経炎では,視神経の組織損傷の程度には関係なく,fMRIで評価された後頭葉外側の可塑性が高いと機能回復が良好である.

What role for genetics in the prediction of multiple sclerosis? Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):3-10.
メンデルの法則からの発症予測が容易ではないMSでの遺伝学的な報告のまとめ.

Teaching NeuroImages: Marked reduced apparent diffusion coefficient in acute multiple sclerosis lesion. Neurology 2010 74: e87.
ADCの強い低下した病変が検出された多発性硬化症の24歳女性例

Neuroinflammation and Demyelination in Multiple Sclerosis After Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation. Arch Neurol. 2010;67(6):716-722.
同種造血幹細胞移植を血液疾患に対して行った多発性硬化症4例の死後脳による検討では、脱髄性、炎症性病変は残存し活動性の病変にはT細胞、細胞障害性T細胞、ミクログリアの集積が見られ、同種造血幹細胞移植により病変が改善しているようには見えなかった

Relationship of Cortical Atrophy to Fatigue in Patients With Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(4):447-453.
多発性硬化症では頭頂葉、特に後部頭頂葉皮質の厚さと疲労スコアに有意な相関関係が認められた

Absence of Epstein-Barr virus in the brain and CSF of patients with multiple sclerosis. Neurology 2010 74: 1127-1135.
多発性硬化症の髄液、髄液Bリンパ球、形質細胞、脳でのEBV RNA、EBV抗体指数などを検討したが、対象群と比較してEBVの活動性を示唆する所見は得られなかった

Vascular comorbidity is associated with more rapid disability progression in multiple sclerosis. Neurology 2010 74: 1041-1047.
多発性硬化症では診断時の脳血管障害の存在は歩行障害及び脳血管障害再発の危険性の増加と関連していた

Ibudilast in relapsing-remitting multiple sclerosis: A neuroprotectant? Neurology 2010 74: 1033-1040.
イブジラストは再発寛解型多発性硬化症に対し、安全性、忍容性が高く再発予防効果は認めなかったが、MRI上脳萎縮やブラックホール変化が少ない傾向が見受けられた

What is the risk of permanent disability from a multiple sclerosis relapse? Neurology 2010 74: 900-902.
多発性硬化症においてEDSS6点以上の後遺症を残す再発は非常に稀でインターフェロンの使用やHLA遺伝子など特定の危険因子は特定できなかった

Ring and nodular multiple sclerosis lesions: A retrospective natural history study. Neurology 2010 74: 851-856.
多発性硬化症の脳造影MRIにおいて、リング状造影病変は結節状造影病変と比較して病変サイズは有意に大きいが、空洞化する割合はどちらも差がなく、必ずしもリング状造影病変が予後不良と関連しているわけではないようだ

Spinal cord repair in MS: Does mitochondrial metabolism play a role? Neurology 2010 74: 721-727.
多発性硬化症では脊髄MRSでのNAAの上昇が機能改善1ヶ月後より見られ、NAAの上昇と機能の改善に相関が検出されたが、脊髄面積の低下と機能の悪化の関連はなかった

Early imaging predicts later cognitive impairment in primary progressive multiple sclerosis. Neurology 2010 74: 545-552.
一次進行型多発性硬化症では、病初期の灰白質のMTr(magnetization transfer ratio)やT2強調画像での病変体積により、5年後の認知機能の悪化を予測できそう

Increased tissue damage and lesion volumes in African Americans with multiple sclerosis. Neurology 2010 74: 538-544.
アフリカ系アメリカ人の多発性硬化症は白人と比較して、MTr(magnetization transfer ratio)の低下や病変の体積の増加が強く、神経症状の重症度も強かった

A placebo-controlled trial of oral cladribine for relapsing multiple sclerosis. N Engl J Med. 2010 Feb 4;362(5):416-26.
多発性硬化症に対するクラドリビン治療はプラセボと比較して、96週時点の再発率、障害進行リスクならびにMRI評価指標を有意に改善した

A placebo-controlled trial of oral cladribine for relapsing multiple sclerosis. N Engl J Med. 2010 Feb 4;362(5):416-26.
多発性硬化症に対する経口fingolimod投与はいずれの用量とも、プラセボと比較して再発率、障害進行リスク、MRI評価のエンドポイントを改善した

Widespread cortical thinning characterizes patients with MS with mild cognitive impairment. Neurology 2010 74: 321-328.
多発性硬化症では認知機能障害を認める場合、大脳皮質のびまん性萎縮が検出される場合が多い

Research paper: Effect of immigration on multiple sclerosis sex ratio in Canada: the Canadian Collaborative Study. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2010;81:31-36
カナダの移民のMS発症の男女比(F/M)について。全体では男女比2.17。移民した年齢が21歳未満では男女比2.79、21歳以上で1.96と違いがみられる。

A diffusion tensor MRI study of cervical cord damage in benign and secondary progressive multiple sclerosis patients. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2010;81:26-30
後遺症をほとんど残さないMSと二次進行型MSでは、頚髄のMRI拡散テンソル画像で区別可能

Rituximab in patients with primary progressive multiple sclerosis: results of a randomized double-blind placebo-controlled multicenter trial.Ann Neurol. 2009;66:460-7
原発進行性MSに対するリツキシマブ投与で,病変の出現を抑制する効果があり,若年の炎症病変が認められる症例では再発抑制効果も有意である.

Multiple sclerosis: distribution of inflammatory cells in newly forming lesions.Ann Neurol. 2009;66:739-5
MSでは,リンパ球や免疫グロプリン陽性の形質細胞は,新しいプラークには少なく完全に脱髄が完成した病変で多数見られ,破壊性の免疫反応以外の役割があるのかもしれない.

Antibodies to native myelin oligodendrocyte glycoprotein in children with inflammatory demyelinating central nervous system disease.Ann Neurol. 2009;66:833-4
小児の脱髄疾患(CIS,ADEM)の40%にミエリンオリゴデンドロサイト糖蛋白(MOG)に対する抗体が検出され,炎症性脱髄性疾患の病態に関与している可能性がある.

Substantial early, but nonprogressive neuronal loss in multiple sclerosis (MS) spinal cord. Ann Neurol. 2009;66:698
病初期のMS患者でもかなりの脊髄神経細胞の減少しており,活動性の脱髄病変とその近傍では神経障害と神経再生が見られる.

Real-life impact of early interferon beta therapy in relapsing multiple sclerosis. Ann Neurol. 2009;66:513-2
IFNβで治療を受けている再発寛解型MS患者の経過観察によると,発症から1年以内の早期の治療が障害の進行の遅さと関連している.

Human neural stem cells ameliorate autoimmune encephalomyelitis in non-human primates.Ann Neurol. 2009;66:343-54.
自己免疫性脳脊髄炎モデル猿に対してヒト神経幹細胞投与すると,おそらく免疫調節作用により改善効果がみられる.

Primary central nervous system lymphoma in a patient treated with natalizumab.Ann Neurol. 2009;66:403-6.
natalizumabの投与と原発性中枢神経リンパ腫の関与が否定できない40歳女性の多発性硬化症の症例.

Preferential recruitment of interferon-gamma-expressing T H 17 cells in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2009;66:390-402.
再発寛解型MS患者のリンパ球はIFNγ産生T(H)17細胞に変化しやすく,脳組織にも多数みられ,EAEマウスではBBBを通過し中枢神経系への蓄積がみられる.

Lower motor neuron loss in multiple sclerosis and experimental autoimmune encephalomyelitis.Ann Neurol. 2009;66:310-22.
MS患者では電気生理学的にCMAPの低下がみられ,組織学的にはTRAIL発現CD3+T細胞による下位運動ニューロンの障害が示唆される.

Pathogenic CD8(+) T cells in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2009 Aug;66(2):132-41.
多発性硬化症の病態におけるCD8陽性T細胞の役割についてのレビュー.

Killer immunoglobulin-like receptor ligand HLA-Bw4 protects against multiple sclerosis.Ann Neurol. 2009;65:658-66.
MSでは,キラー免疫グロブリン様受容体のリガンドであるHLA-Bw4陽性の頻度が少し低い.(41.4% vs 55.1%)

Antibodies produced by clonally expanded plasma cells in multiple sclerosis cerebrospinal fluid.Ann Neurol. 2009;65:639-49.
MS患者の髄液Bリンパ球から作製した形質細胞クローンが産生する抗体は,ミエリン抗原には反応せず,免疫組織学的にも神経細胞や炎症細胞に弱い陽性所見が見られるのみだった.

Interferon-γ?Producing T Cells, Pregnancy, and Postpartum Relapses of Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(1):51-57.
多発性硬化症では周産期のインターフェロンγ産生性ヘルパーT細胞の低下が持続すると再発することが多く、授乳により同ヘルパーT細胞は増加する

New acute and chronic black holes in patients with multiple sclerosis randomised to interferon beta-1b or glatiramer acetate. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1337-1343
MS患者のMRIでブラックホール(BH:T1low病変のこと)の評価を行った。急性期の造影病変が一年後(慢性期)BHになる確率は全体の12.1%、うちIFNβ1b使用者は9.8%、グラチラマー使用者は15.2%。急性期BHが慢性期BHのままである確率は18.8%で、うちIFNβ1b使用者は15.2%、グラチラマー使用者は21.4%であった

MR spectroscopy indicates diffuse multiple sclerosis activity during remission. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1330-1336
寛解中のMSの脳をMRS(MRスペクトロスコピー)で評価するとミオイノシトール(グリアの増生を表す)・クレアチン(グリア)・コリン(細胞膜のターンオーバー)の値が増加しており、臨床的に寛解していても炎症と脱髄-再髄鞘化が起こっている可能性がある。

HLA-DRB1 and month of birth in multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 2107-2111.
多発性硬化症では危険因子のHLA-DRB1*15遺伝子を持つ集団は4月生まれが多く、11月生まれが少なかった

HLA-DRB1*1501 and Spinal Cord Magnetic Resonance Imaging Lesions in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(12):1531-1536.
多発性硬化症ではHLA-DRB1*1501保持者は非保持者と比較して脊髄病変数が明らかに多い

The natural history of primary progressive multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 1996-2002.
一次進行型MSでは初発症状が感覚障害の場合、あるいは若年発症の場合に進行が遅い傾向があった

Sample size requirements for treatment effects using gray matter, white matter and whole brain volume in relapsing-remitting multiple sclerosis. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1218-1224
MRIで再発寛解型MSの治療効果をみるには、灰白質の変化が最も大きく要求症例数が少なくてよいが、ばらつきは全脳の体積で見るほうが少ない

Poor PASAT performance correlates with MRI contrast enhancement in multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 1624-1627.
多発性硬化症において、認知機能評価法であるPASAT (Paced Auditory Serial Addition Test)の成績は造影病変陽性例で低下していた

Impact of multiple sclerosis relapses on progression diminishes with time. Neurology 2009 73: 1616-1623.
多発性硬化症では発症5年以内の早期の再発は短期的には病状の進行を増加させるが、長期的には早期再発も晩期再発も病状の進行に影響を与えないようだ

Macular Volume Determined by Optical Coherence Tomography as a Measure of Neuronal Loss in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(11):1366-1372.
OCT(光学的干渉断層法)による検討では黄斑体積の減少とRNFLの菲薄化の相関が見られるが、多発性硬化症において乳頭周辺のRNFL(網膜神経線維層)の菲薄化と黄斑の内側面の体積よりは外側面の体積の方が視神経炎の既往や視力障害との相関が強い

Body size and risk of MS in two cohorts of US women. Neurology 2009 73: 1543-1550.
18歳でBMIが30以上の肥満女性は多発性硬化症発症の危険性が2倍であった

A reassessment of the plateauing relationship between T2 lesion load and disability in MS. Neurology 2009 73: 1538-1542.
多発性硬化症ではMRI T2による病変体積と神経症状の関連はあるところでプラトーに達するが、病変体積は再発の回数とは関連していた

Resistance training improves muscle strength and functional capacity in multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 1478-1484.
多発性硬化症では12週間に及ぶ下肢筋力トレーニングにより筋力と機能の改善が継続して認められた

A cross-sectional study of bone health in multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 1394-1398.
多発性硬化症では27%が骨折の既往があり、その約半数は複数の骨折を有し、ビタミンDやビスフォスフォネートの内服のない例も半数以上に見られた

Gamma knife radiosurgery for multiple sclerosis?related trigeminal neuralgia. Neurology 2009 73: 1149-1154.
多発性硬化症による三叉神経痛に対するガンマナイフ治療は痛みの改善を50-80%程度に認め合併症も5.4%と低く有用な治療手段である

Increasing incidence of elderly onset patients with myasthenia gravis in a local area of Japan. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1168-1171.
日本の高齢発症のMSは1980年代(0.06/10万人)に比べ2001-2006年では1.3/10万人と20倍に増加した

Cerebrospinal fluid anti-myelin antibodies are related to magnetic resonance measures of disease activity in multiple sclerosis. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1110-1115.
MSにおいて、髄液抗ミエリン抗体価はMRI上の活動性と関連が見られる

Apolipoprotein genotype does not influence MS severity, cognition, or brain atrophy. Neurology 2009 73: 1018-1025.
APOE遺伝子アレルやプロモーター領域のSNPと多発性硬化症の重症度の間には関連は見つからなかった

Current approaches to the identification and management of breakthrough disease in patients with multiple sclerosis.Lancet Neurol. 2009;8:545
再発寛解型MSの再燃,急性増悪についての観察や治療についてのレビュー

Cortical Lesions and Atrophy Associated With Cognitive Impairment in Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(9):1144-1150.
認知機能低下を生じたMSでは認知機能正常MSと比較して皮質病変増加や皮質の体積減少が有意に強かった

Multiple Sclerosis With Predominant, Severe Cognitive Impairment. Arch Neurol. 2009;66(9):1139-1143.
認知機能障害が中心であるMS症例は急速増悪、慢性進行性のものが存在し、精神症状、高次機能障害、軽度の小脳症状を合併することがあり、無症候性の脊髄病変、大脳皮質のびまん性の萎縮、造影病変を伴うことが多いなどの特徴があり、免疫調整療法の効果は乏しい

Using fast eye movements to study fatigue in multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 798-804.
軽度の核間性眼筋麻痺をもつ多発性硬化症症例では眼球運動の疲労現象が見られるが、高度の核間性眼筋麻痺症例では順応性と考えられる改善が見られた

Tobacco smoking, but not Swedish snuff use, increases the risk of multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 696-701.
喫煙は男女共に用量依存性にMS発症の危険性を上昇させるが、スウェーデンの湿性嗅ぎタバコにはその傾向がなくニコチン自体が危険性上昇の原因ではないのかもしれない

Smoking is associated with increased lesion volumes and brain atrophy in multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 504-510.
多発性硬化症では現在の喫煙は神経症状の強さ、MRIでの造影病変の数の上昇、脳萎縮の強さと相関していた

Neuropsychological and MRI measures predict short-term evolution in benign multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 498-503.
EDSSが3点未満の多発性硬化症の集団で、5年以内にEDSSが4点以上になる可能性を神経心理検査と脳MRIのT1強調画像病変で82%の確率で予測できる

Smoking and Disease Progression in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(7):858-864.
多発性硬化症において喫煙は病状の進行、及び進行型MSへの移行を促進させてしまうようだ

Responsiveness of patient-reported outcome measures in multiple sclerosis relapses: the REMS study.JNNP 2009 May 13. [Epub ahead of print]
MSの自己評価スケールは反応性が不十分であるが,MSIS-29やMSQOL-54はFAMSより反応性が高く,長期的な調査では使用すべきである.

Immunoglobulins and complement in postmortem multiple sclerosis tissue.Ann Neurol. 2009;65:32.
剖検脳所見で破綻したミエリンへのIgGや補体の沈着はMSの特異的な所見ではないが,病変周囲の部分的に存在する脱髄した神経軸索への活性化補体の沈着をともなったミクログリアの小塊が特徴的である.

A UK consensus on the management of the bladder in multiple sclerosis. JNNP 2009 ;80(5):470-7.
MSにおける排尿障害は,感染と残尿の評価だけで適切な対処ができる場合が多い.

T-helper 17 cells expand in multiple sclerosis and are inhibited by interferon-beta.Ann Neurol. 2009;65:499-509.
Th17リンパ球は活動期MS患者で増加しており,in vitroの実験結果からはIFNβの治療標的となっていることが示唆される

Humoral immune response to EBV in multiple sclerosis is associated with disease activity on MRI. Neurology 2009 73: 32-38.
EBNA-1IgGの上昇は進行型よりも再発寛解型MSで目立ち、画像上の造影病変や病変体積、神経症状の悪化と相関関係があった

Effect of statins on clinical and molecular responses to intramuscular interferon beta-1a. Neurology 2009 72: 1989-1993.
再発寛解型MSに対するIFN-β1aの筋注の効果はスタチン併用により変化しない

Efficacy of treatment of MS with IFNβ-1b or glatiramer acetate by monthly brain MRI in the BECOME study. Neurology 2009 72: 1976-1983.
再発寛解型MSでは、IFN-β1bとグラチラマー酢酸塩(GA)の病勢抑制効果は画像的にも臨床的にも同等であった

NORdic trial of oral Methylprednisolone as add-on therapy to Interferon beta-1a for treatment of relapsing-remitting Multiple Sclerosis (NORMIMS study): a randomised, placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 2009 Jun;8(6):519-29. Epub 2009 May 4.
再発寛解型MS130例での検討で,インターフェロンβ1a皮下投与に1ヶ月に5日間連続200mgずつのmPSL経口投与を加えることで再発率が60%くらい減った.

Opportunistic infections and other risks with newer multiple sclerosis therapies.Ann Neurol. 2009;65:367-77.
MSに対する新しい治療により免疫機能の変化が生じ,感染や悪性腫瘍,ワクチンへの反応変化,自己免疫疾患などを生じる危険性についても留意,調査が必要だ.

Varicella zoster virus is not a disease-relevant antigen in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2009;65:474-9.
他施設での報告とは異なり,再発寛解型MS急性増悪期の髄液や病変からヘルペスウィルスやVZVのDNAは検出されず,患者髄液形質細胞から作製した抗体もVZVとは反応せず,これらのウィルスがMSの病態に関与する抗原ではないだろう.

Remyelination capacity of the MS brain decreases with disease chronicity. Neurology 2009 72: 1914-1921.
多発性硬化症の剖検例の検討では、慢性期MSよりも早期MSの方が、また脳室周辺の病変よりも皮質下病変の方が再髄鞘化の所見が目立っていた

Quality of life in multiple sclerosis is associated with lesion burden and brain volume measures. Neurology 2009 72: 1760-1765.
多発性硬化症ではT1、T2強調画像での病変の増加や脳体積の減少がQOLの低下と関連していた

MRI features of benign multiple sclerosis: Toward a new definition of this disease phenotype. Neurology 2009 72: 1693-1701.
病勢のおとなしい良性の多発性硬化症の画像的特徴

Virtual hypoxia and chronic necrosis of demyelinated axons in multiple sclerosis.Lancet Neurol. 2009 Mar;8(3):280-91.
MSでおこる軸索障害の原因として,興奮伝達でのエネルギー需要増大とATPの減少により低酸素状態になっているとの仮説の説明.

The challenge of multiple sclerosis: How do we cure a chronic heterogeneous disease?Ann Neurol. 2009 Mar 19;65:239-248. [Epub ahead of print]
MSの原因の研究や治療法に関する最近の進歩についてのレビュー.

Magnetic resonance imaging as a potential surrogate for relapses in multiple sclerosis: A meta-analytic approach.Ann Neurol. 2009 Mar 18;65:268-275. [Epub ahead of print]
再発寛解型MSへの治療試験のメタ解析によると,治療によるMRIでの活動性所見への影響と再発に与える影響とは強く関係しており,MRI所見から再発について予測ができるかもしれない.

Diffusely Abnormal White Matter in Chronic Multiple Sclerosis: Imaging and Histopathologic Analysis. Arch Neurol. 2009;66(5):601-609.
多発性硬化症の死後脳の検討ではMRIで検出されるびまん性の白質病変はNAWMやプラークと異なり、軸索障害と強いグリオーシスが特徴で進行性の病変を示唆している

Combination of CSF N-acetylaspartate and neurofilaments in multiple sclerosis. Neurology 2009 72: 1322-1329.
髄液のneurofilament light chain (NFL)はCISやMSで上昇し、neurofilament heavy chain (NFH)やN-acetyl aspartate(NAA)は特に二次性進行性MSで上昇していた(MSの病期に関する有用なバイオマーカーである)

Cortical lesions in primary progressive multiple sclerosis: A 2-year longitudinal MR study. Neurology 2009 72: 1330-1336.
一次性進行性MSの81.2%に皮質病変が認められ神経機能低下との関連も示唆された

Regulatory T Cells Are Reduced During Anti-CD25 Antibody Treatment of Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(4):471-479.
抗CD25抗体(Daclizumab)投与により多発性硬化症の末梢血中の制御性T細胞は減少するが非投与群と比較して再発率は変化なく、皮膚炎など全身性の炎症が多く見られた

Effect of Anti-CD25 Antibody Daclizumab in the Inhibition of Inflammation and Stabilization of Disease Progression in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(4):483-489.
多発性硬化症に対する抗CD25抗体(Daclizumab)投与は、造影増強効果のある病変を減少させる傾向にあった

Cancer risk among patients with multiple sclerosis and their parents. Neurology 2009 72: 1170-1177.
多発性硬化症は悪性腫瘍合併の危険性は健常人と比較して低いが、脳や泌尿器系の悪性腫瘍合併の危険性は高まるかもしれない

Hemorrhaging focal encephalitis under fingolimod (FTY720) treatment: a case report. Neurology 2009 72: 1022-1024.
フィンゴリモド(fingolimod;FTY720)使用中に、出血性壊死性脳炎を合併した多発性硬化症の28歳女性例

Vision-Related Quality of Life in Multiple Sclerosis: Correlation with New Measures of Low- and High-Contrast Letter Acuity.JNNP. 2009 Feb 23. [Epub ahead of print]
新しい方法である,低コントラスト文字への鋭敏さの評価により,MSでの視覚に関連した生活の質のレベルを評価することができる.

Sample size requirements for treatment effects using gray matter, white matter and whole brain volume in relapsing-remitting multiple sclerosis.JNNP. 2009 Feb 9. [Epub ahead of print]
再発寛解型MSでの神経保護作用を評価するためのMRIでの評価では,白質や全脳容量より灰白質の容量がもっとも変化しやすいので適している.

Azathioprine for multiple sclerosis. JNNP. 2009 Feb;80(2):131-2; discussion 132.
MS再発予防におけるアザチオプリン使用についての効果と副作用についてのレビューの紹介?

Effect of natalizumab on clinical and radiological disease activity in multiple sclerosis: a retrospective analysis of the Natalizumab Safety and Efficacy in Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis (AFFIRM) study.
Lancet Neurol. 2009 Feb 6. [Epub ahead of print]
再発寛解型MSに対してnatalizumab投与により,2年間の期間でプラセボと比べると症状や放射線学的に病状の悪化を抑制することはできているが,効果は大きくない.

Sustained-release oral fampridine in multiple sclerosis: a randomised, double-blind, controlled trial. Lancet. 2009;373:732.
MS患者へのfamipridine投与により,運動機能(歩行障害)の自他覚的な改善が有意に見られる.

Epstein-Barr Virus is Associated with Gray Matter Atrophy in Multiple Sclerosis.JNNP 2009 Jan 23. [Epub ahead of print]
MS患者でEBウィルスVCA IgGの値が高いと3年後の脳実質と灰白質の容量の減少が大きい.

Autologous non-myeloablative haemopoietic stem cell transplantation in relapsing-remitting multiple sclerosis: a phase I/II study.Lancet Neurol. 2009 Jan 29. [Epub ahead of print]
再発寛解型MS21例に対して自己非骨髄由来造血幹細胞移植を行い,全例で神経症状が改善し多くの例で約3年の経過で再発が見られなかった.

Immunoglobulins and complement in postmortem multiple sclerosis tissue.Ann Neurol. 2009;65:32.
剖検脳所見で破綻したミエリンへのIgGや補体の沈着はMSの特異的な所見ではないが,病変周囲の部分的に存在する脱髄した神経軸索への活性化補体の沈着をともなったミクログリアの小塊が特徴的である.

GLANCE: Results of a phase 2, randomized, double-blind, placebo-controlled study. Neurology 2009 72: 806-812.
多発性硬化症に対するnatalizumab(ナタリズマブ)とglatiramer acetate(コパキソン)の併用療法は安全性が高く忍容性が高かった

MRI as an outcome in multiple sclerosis clinical trials. Neurology 2009 72: 705-711.
多発性硬化症ではMRIによるT2高信号病変、造影病変ともに再発に関する予後因子となりえなかった

Sample sizes for brain atrophy outcomes in trials for secondary progressive multiple sclerosis. Neurology 2009 72: 595-601.
二次性進行性MSに対し、プラセボ比較試験でサンプルサイズが比較的少なく効果を判定できる脳体積評価法の提案

Demyelinating events in early multiple sclerosis have inherent severity and recovery. Neurology 2009 72: 602-608.
初発時の症状が強く回復の悪いMS症例は、その後の再発時も同様の経過を取る傾向にある

Oral fingolimod (FTY720) in multiple sclerosis: Two-year results of a phase II extension study. Neurology 2009 72: 73-79.
フィンゴリモド(FTY720)の1.25mgあるいは5mg/日の経口内服は忍容性が高くMSの再発と病変の活動性が改善する

Paroxysmal hypothermia as a clinical feature of multiple sclerosis. Neurology 2009 72: 193-195.
発作性の低体温を認めた多発性硬化症の41歳男性例

Comorbidity delays diagnosis and increases disability at diagnosis in MS. Neurology 2009 72: 117-124.
身体及び精神的疾患の併存があると多発性硬化症の診断の遅れ診断時の強い症状と関連する

Genotype-Phenotype correlations in multiple sclerosis: HLA genes influence disease severity inferred by 1HMR spectroscopy and MRI measures. Brain 2009 132: 250-259
HLA-DRB1*1501陽性のMSは女性や若年男性に多く病変が多いために重症度が高く脳萎縮の程度も強い

Results of the Avonex Combination Trial (ACT) in relapsing-remitting MS. Neurology 2009 72: 535-541.
多発性硬化症ではインターフェロンβ1aにメソトレキセートの少量内服あるいは隔月のメチルプレドニゾロン静注を追加しても相乗効果は見られなかった

Rate of Brain Atrophy in Benign vs Early Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66:234-237.
数年の経過で殆ど神経学的後遺症のない良性型MSでは年間の脳の萎縮率が他のMSと比較して明らかに低い

Long-term B-Lymphocyte Depletion With Rituximab in Patients With Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66:259-261.
リツキシマブ(rituximab)は治療抵抗性RRMS2例の再発率を減少させた

Contribution of White Matter Lesions to Gray Matter Atrophy in Multiple Sclerosis: Evidence From Voxel-Based Analysis of T1 Lesions in the Visual Pathway. Arch Neurol. 2009;66:173-179.
多発性硬化症では白質である視放線にプラークがあると、視放線とのニューロンの連結をしている灰白質の外側膝状体の萎縮が生じる

Immunologic, clinical, and radiologic status 14 months after cessation of natalizumab therapy. Neurology 2009 72: 396-401.
多発性硬化症症例ではNatalizumab中止によるrebound現象を認めなかった

CTLA4Ig treatment in patients with multiple sclerosis: An open-label, phase 1 clinical trial. Neurology 2008 71: 917-924.
多発性硬化症症例に対して、CTLA4Igは安全性が高く治療効果もあるかもしれない

Cognitive impairment in multiple sclerosis. Lancet Neurol 2008;7:1139-51.
MSでの認知機能障害について最近の画像診断による診断,病態評価の進歩と,治療についてのレビュー?

The Onset Location of Multiple Sclerosis Predicts the Location of Subsequent Relapses. JNNP 2008 Dec 15. [Epub ahead of print]
再発寛解型MSでは病変部位は,視神経,脊髄,脳幹,小脳などそれぞれで同じところに再発しやすい傾向がある.

Chronic cerebrospinal venous insufficiency in patients with multiple sclerosis. JNNP 2008 Dec 5. [Epub ahead of print]
MS患者では頭蓋外静脈狭窄と脳脊髄静脈還流不全が有意に多く見られ,再発寛解型/2次性進行性と原発進行性では静脈狭窄の様式が異なる.

Pregnancy and multiple sclerosis. JNNP 2008 ;79:1308-11.
MS患者の女性と妊娠について,臨床で多く経験する問題についてのまとめ.

Quantitative in vivo magnetic resonance imaging of multiple sclerosis at 7 Tesla with sensitivity to iron. Ann Neurol. 2008;64:707-13.
MS患者の7TのMRIで鉄による信号変化の定量的な評価を行うと,基底核で罹患期間と相関した変化が見られ,血管構造と関連したリング状の病変もあり鉄に富んだマクロファージが存在する組織学的所見と合致するものであった.

Continued Disease Activity in a Patient With Multiple Sclerosis After Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation. Arch Neurol. 2009;66:116-120.
同種骨髄移植後も多発性硬化症の活動性が持続した39歳女性例

Heterogeneity in Response to Interferon Beta in Patients With Multiple Sclerosis: A 3-Year Monthly Imaging Study. Arch Neurol. 2009;66:39-43.
RRMSでインターフェロンβによるMRI上の造影病変減少効果が認められたのは約半数のみであった

Imaging Correlates of Leukocyte Accumulation and CXCR4/CXCL12 in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66:44-53.
T2異常信号病変であっても脱髄が生じていなければ白血球の浸潤はNAWMと同程度であり、炎症の強い病変ではケモカインレセプターの発現が強い

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください