アルツハイマー型認知症 Update 2

バックナンバー:

Olfactory epithelium amyloid-beta and paired helical filament-tau pathology in Alzheimer disease.Ann Neurol. 2010;67:462.
剖検検体で,アルツハイマー病の嗅上皮にはアミロイドベータやPHFタウの沈着があり脳と同様の病理がみられる.

Cognition, reserve, and amyloid deposition in normal aging.Ann Neurol. 2010;67:353.
cognitive reserve(認知機能の蓄え)があると、アミロイド沈着があっても認知機能の低下を来しにくい

Relationship between atrophy and beta-amyloid deposition in Alzheimer disease.Ann Neurol. 2010;67:317.
βアミロイドの蓄積量と脳萎縮の局所的な関係は健常者では認められるが、MCIやアルツハイマー病患者ではなくなり、βアミロイドの蓄積は早期の病態であろう。

Effect of apolipoprotein E on biomarkers of amyloid load and neuronal pathology in Alzheimer disease. Ann Neurol. 2010;67:308.
ApoEε4遺伝子は、アルツハイマー病の各種マーカーの中で髄液Aβの低値(脳への蓄積)と関係が強いが、総タウ(神経損傷)や脳萎縮とは関係少ない。

Comparing predictors of conversion and decline in mild cognitive impairment. Neurology 2010 75: 230-238.
軽度認知機能障害では年間17%程度がアルツハイマー病に移行するが、FDG-PETやエピソード記憶の異常がアルツハイマー病移行の予測因子で、髄液リン酸化タウ/Aβ42比の低下は認知機能悪化の予測因子であった

The child is father to the man: developmental roles for proteins of importance for neurodegenerative disease.Ann Neurol. 2010 Feb;67(2):151-8.
アルツハイマー病やパーキンソン病など神経変性疾患で重要な蛋白の,神経細胞の発達,分化などにおける役割についての総説

Replication of CLU, CR1, and PICALM Associations With Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(8):961-964.
CLU, CR1, PICALM遺伝子のSNPsはアルツハイマー病発症の危険性と強い関連が認められる

APOE predicts amyloid-beta but not tau Alzheimer pathology in cognitively normal aging.Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):122-31.
APOE4が多いほど,髄液中のアミロイドβ42の減少と脳への沈着が早期に見られるようになる.

CSF biomarkers predict a more malignant outcome in Alzheimer disease. Neurology 2010 74: 1531-1537.
髄液Aβ42低下とタウ蛋白の上昇が目立つアルツハイマー病はコリンエステラーゼ阻害薬の効果に乏しく、また認知機能の悪化速度も早い

Occupational exposure to pesticides increases the risk of incident AD: The Cache County Study. Neurology 2010 74: 1524-1530.
職業的な農薬の暴露はアルツハイマー病発症の危険性を若干増加させるかもしれない

A Summary Risk Score for the Prediction of Alzheimer Disease in Elderly Persons. Arch Neurol. 2010;67(7):835-841.
心血管系危険因子の有無によるスコアによりアルツハイマー型老年期認知症発症の危険性を予測できる

Genetic Variation and Neuroimaging Measures in Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(6):677-685.
全ゲノム関連解析によりアルツハイマー病との関連が示された遺伝子座は脳画像でのアルツハイマー的変化とも関連し、本研究によりBIN1とCNTN5もアルツハイマー病との関連が新たに示された

Food Combination and Alzheimer Disease Risk: A Protective Diet. Arch Neurol. 2010;67(6):699-706.
サラダドレッシング、ナッツ、魚、トマト、フルーツ、緑黄色野菜、鶏肉、ダイコン、キャベツなどの摂取の増加と、アルツハイマー病発症の危険性の低下と関連が見られた

An Inherited Variable Poly-T Repeat Genotype in TOMM40 in Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(5):536-541.
APOE遺伝子近傍に存在するTOMM40遺伝子多型とアルツハイマー病の関連に関する総説

Reduced Lean Mass in Early Alzheimer Disease and Its Association With Brain Atrophy. Arch Neurol. 2010;67(4):428-433.
健常人と比較して早期ADでは除脂肪体重が減少しており、除脂肪体重の減少と、皮質/白質萎縮、認知機能の悪化が相関していた

Randomized controlled trial of atorvastatin in mild to moderate Alzheimer disease: LEADe. Neurology 2010 74: 956-964.
中等度までのアルツハイマー病に対してアトロバスタチン80mg/日の内服はRCTで効果が証明できなかった

Gene expression levels as endophenotypes in genome-wide association studies of Alzheimer disease. Neurology 2010 74: 480-486.
アルツハイマー病においてインスリン分解酵素(Insulin-degrading enzyme, IDE)の発現レベルに関与するSNPsが3つ同定され、そのうち一つはアルツハイマー病発症の危険性の低下と関連していた

Correlation of Longitudinal Cerebrospinal Fluid Biomarkers With Cognitive Decline in Healthy Older Adults. Arch Neurol. 2010;67(2):217-223.
認知機能障害のない高齢者では、髄液Aβ42低下、リン酸化タウ蛋白の上昇などアルツハイマー病に関連したバイオマーカーの変化が見られる場合、経時的な認知機能の低下が強い

Effect of cognitive fluctuation on neuropsychological performance in aging and dementia. Neurology 2010 74: 210-217.
アルツハイマー病であっても認知機能の変動が見られることがあり、変動がある場合はその後の認知機能の悪化が強い

No effect of donepezil on striatal dopamine release in mild to moderate Alzheimer’s disease
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2010;81:119-121

軽?中等度のアルツハイマー病において、線条体のドパミン分泌にドネぺジルは影響を与えなかった。

Effect of tarenflurbil on cognitive decline and activities of daily living in patients with mild Alzheimer disease: a randomized controlled trial. JAMA. 2009;302:2557-64.
軽度アルツハイマー病に対し、選択的Aβ42低下薬であるtarenflurbilを投与しても、認知機能やADL(日常生活動作)の低下を遅延させる効果は見られなかった

Cancer linked to Alzheimer disease but not vascular dementia. Neurology 2010 74: 106-112.
白人高齢者ではアルツハイマー病の存在は癌での入院の危険性を半減させ、癌の存在はアルツハイマー病発症の危険性を減少させるが、脳血管性認知症との関連はなかった

Reduced gray matter volume in normal adults with a maternal family history of Alzheimer disease. Neurology 2010 74: 113-120.
母系遺伝のアルツハイマー病を有する場合、認知機能が正常な場合もアルツハイマー病で障害されやすい部位の灰白質の体積が減少している

Donepezil Treatment and Changes in Hippocampal Structure in Very Mild Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(1):99-106.
軽症のアルツハイマー病においてドネペジルの内服は、海馬の体積減少傾向に影響を与えないようだ

Differential association of [11C]PIB and [18F]FDDNP binding with cognitive impairment. Neurology 2009 73: 2079-2085.
アルツハイマー病では、[11C]PIB集積増加は全般的な認知機能障害と関連し、[18F]FDDNP集積増加はエピソード記憶の障害と関連していた

The neuropathology of probable Alzheimer disease and mild cognitive impairment.Ann Neurol. 2009 Aug;66(2):200-8.
アルツハイマー病やMCIが疑われた剖検例では,病理学的に皮質型レヴィー小体は少ないもののアルツハイマー病変や大小の梗塞があるものやその混合が多く,不均一な病理像を呈している.

A gamma-secretase inhibitor decreases amyloid-beta production in the central nervous system.Ann Neurol. 2009;66:48-54.
γセクレターゼ阻害薬LY450139投与による用量依存性のアミロイドβの産生低下が,アイソトープ標識と髄液採取を組み合わせた方法で確かめられた.

Apolipoprotein E-dependent accumulation of Alzheimer disease-related lesions begins in middle age.Ann Neurol. 2009;65:650-7.
ApoE4多型を持つものは50代でも老人斑が40%に見られ対照群の5倍の頻度だが,神経原線維変化は変わらない.

Association of parental dementia with cognitive and brain MRI measures in middle-aged adults. Neurology 2009 73: 2071-2078.
APOE4遺伝子保因者の中年において、両親の認知症あるいはアルツハイマー病の存在は言語及び視空間記憶の低下と脳萎縮に関連していた

Combined risk effects of IDE and NEP gene variants on Alzheimer disease
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1268-1270
フィンランドにおいてNEPとIDEの遺伝子型の影響は正常と比べてアルツハイマー病の発症率を3倍にする。両方の遺伝子が変化していても相乗効果は生じなかった。

Diabetes is associated with a slower rate of cognitive decline in Alzheimer disease. Neurology 2009 73: 1359-1366.
前向き多施設研究の結果ではアルツハイマー病は糖尿病を合併している場合、認知機能障害の進行が緩やかだった

Implication of Sex and SORL1 Variants in Italian Patients With Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66(10):1260-1266.
SORL1遺伝子のSNPにはアルツハイマー病発症と関連するものが3つあり、そのすべては女性であることと関連していた

Baseline CSF p-tau levels independently predict progression of hippocampal atrophy in Alzheimer disease. Neurology 2009 73: 935-940.
アルツハイマー病では髄液中リン酸化タウ蛋白(スレオニン181リン酸化型)の上昇は、海馬萎縮の進行及び記憶力の悪化と強く関連していた

Extrapyramidal Signs Before and After Diagnosis of Incident Alzheimer Disease in a Prospective Population Study. Arch Neurol. 2009;66(9):1120-1126.
振戦、固縮、無動などの錐体外路症状は、AD初期検査時の12%に見られ病気と進行とともに合併例が増加し、錐体外路症状が見られる例はより認知機能障害の悪化の度合いが強い

Identification of independent APP locus duplication in Japanese patients with early-onset Alzheimer disease JNNP 2009 Sep;80(9):1050-2.
日本人の家族性アルツハイマー病(FAD)25家系、孤発性アルツハイマー病11人のAPP遺伝子を調べたところ、FAD2家系にAPP遺伝子重複が認められた。

Misplacing objects in mild to moderate Alzheimer’s disease: a descriptibe analysis from the VISTA clinical trial JNNP 80:966-975
軽度から中等度アルツハイマー病の”misplacing”とは「物をいつもと違うところにおいてしまうこと」よりも「普段の置き場所がどこだったか思い出せないこと」であり、患者の半数はそれを自覚し、自覚者の半数はそれを苦にしている。

Systemic inflammation and disease progression in Alzheimer disease. Neurology 2009 73: 768-774.
血中のTNF-αが半年以上にわたり2倍以上上昇しているアルツハイマー症例は、認知機能障害の進行度が4倍になる

Effect of a CYP2D6 polymorphism on the efficacy of donepezil in patients with Alzheimer disease. Neurology 2009 73: 761-767.
CYP2D6遺伝子の一塩基多型(rs1080985)が強く軽度から中等度のアルツハイマー病に対する塩酸ドネペジルの反応に影響を及ぼす

Parental history of Alzheimer disease associated with lower plasma apolipoprotein E levels. Neurology 2009 73: 681-687.
親がADの子供はない場合と比較して血中ApoEレベルが有意に低く、中年期のApoEの低下はADの危険因子なのかもしれない

Treatment of vascular risk factors is associated with slower decline in Alzheimer disease. Neurology 2009 73: 674-680.
ADでは動脈硬化性の危険因子の治療で認知機能の悪化を遅くすることができる

Semantic memory activation in individuals at risk for developing Alzheimer disease. Neurology 2009 73: 612-620.
ADの危険因子を持つ集団は特に常識的な言語負荷でのfMRIでの前頭前野や帯状回などの活動性の上昇が、危険因子のない群と比較して顕著であった

IV immunoglobulin is associated with a reduced risk of Alzheimer disease and related disorders. Neurology 2009 73: 180-185.
他疾患で免疫グロブリン療法を受けた症例は未使用例と比較して、5年後にアルツハイマー病類縁疾患に罹患する可能性が40%程度低下していた

Risk of dementia and AD with prior exposure to NSAIDs in an elderly community-based cohort. Neurology 2009 72: 1899-1905.
高齢者に関してはNSAIDsの服用がアルツハイマー病発症の危険性を低下させることはなかった

Reduced circulating angiogenic cells in Alzheimer disease. Neurology 2009 72: 1858-1863.
アルツハイマー病では末梢血中の血管内皮前駆細胞の数が減少していた

Delirium accelerates cognitive decline in Alzheimer disease. Neurology 2009 72: 1570-1575.
アルツハイマー病ではせん妄症状があると、認知機能悪化の度合いが強くなる

Cerebrospinal fluid biomarker signature in Alzheimer’s disease neuroimaging initiative subjects.Ann Neurol. 2009 Apr;65(4):403-13.
髄液中のアミロイドβ42と総タウの値が,軽症のアルツハイマー病の検出に優れMCIからの発症も予測できる.

Cerebrospinal Fluid Biomarkers and Rate of Cognitive Decline in Very Mild Dementia of the Alzheimer Type. Arch Neurol. 2009;66(5):638-645.
非常に早期のADでは髄液のタウ及びリン酸化タウ蛋白の上昇、Aβ42の低下と進行が早さに関連が認められた

Cortical α7 Nicotinic Acetylcholine Receptor and β-Amyloid Levels in Early Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66(5):646-651.
ADでは認知機能障害が進行すると上前頭皮質のAβ蛋白は増加しニコチン性アセチルコリン受容体(α7 nAChR)は明らかな変化がなかったが、ニコチン性アセチルコリン受容体の上昇とAβプラークの増加には関連が見られた

Effect of APOE genotype on amyloid plaque load and gray matter volume in Alzheimer disease. Neurology 2009 72: 1487-1494.
APOE4遺伝子はAD発症の危険因子であるだけでなくPETで測定した脳内のアミロイドβ蛋白の沈着を促進させる

In vivo mapping of amyloid toxicity in Alzheimer disease. Neurology 2009 72: 1504-1511.
アルツハイマー病では海馬や扁桃体において萎縮と[11C]-PIBの集積が良く相関するが、新皮質では相関関係が乏しい

Reduction of SorLA/LR11, a Sorting Protein Limiting β-Amyloid Production, in Alzheimer Disease Cerebrospinal Fluid. Arch Neurol. 2009;66:448-457.
アルツハイマー病では髄液中のsortilin-related receptor(SORL1)が低下しており、アミロイドβ蛋白の産生を増加させている可能性がる

CSF biomarkers in relationship to cognitive profiles in Alzheimer disease. Neurology 2009 72: 1056-1061.
アルツハイマー病では髄液のタウ蛋白、リン酸化タウ蛋白が非常に高いと明らかに認知機能が悪い

Hippocampal atrophy rates in Alzheimer disease: Added value over whole brain volume measures. Neurology 2009 72: 999-1007.
海馬の萎縮率はアルツハイマー病への進行の予後因子となりえる

Memantine augments the effects of cholinesterase inhibition in the treatment of Alzheimer’s disease.JNNP. 2009 Feb 9. [Epub ahead of print]
ADに体する平均62ヶ月の長期追跡調査から,コリンエステラーゼ阻害剤にメマンチンを併用すると,死亡時期に差は見られないが介護施設への入所には有意な延長効果が見られる.

Decreased cerebrospinal fluid Abeta(42) correlates with brain atrophy in cognitively normal elderly.Ann Neurol. 2009;65:176-83.
髄液中のアミロイドβ42の減少は非痴呆者の脳容積と相関し,髄液中のタウやリン酸化タウの濃度は軽症アルツハイマー型痴呆患者の脳容積と逆相関しており,痴呆発症前の段階でアミロイドβの脳への沈着により髄液中濃度が低下している可能性がある.

Free radical damage to cerebral cortex in Alzheimer’s disease, microvascular brain injury, and smoking.Ann Neurol. 2009;65:226-9.
The Adult Changes in Thought研究の脳の解析から,選択的に増加したフリーラジカルがアルツハイマー病や微小血管脳病変,現在の喫煙と関連していたが,抗酸化補助食品の使用とは関連がみられなかった.

Cerebrospinal Fluid β-Amyloid 42 and Tau Proteins as Biomarkers of Alzheimer-Type Pathologic Changes in the Brain. Arch Neurol. 2009;66:382-389.
髄液のAβ42の低下とタウ蛋白の上昇はアルツハイマー病に関連した老人斑などの病理所見の存在を強く示唆する

Contribution of Vascular Risk Factors to the Progression in Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66:343-348.
コレステロール、LDLコレステロール値の上昇、糖尿病の病歴はアルツハイマー病の認知機能障害の進行度と相関する

PGC-1α Expression Decreases in the Alzheimer Disease Brain as a Function of Dementia. Arch Neurol. 2009;66:352-361.
アルツハイマー病では脳内のPGC-1αの発現が減少していたが、このPGC-1αはFoxO3aを介してアミロイド前駆蛋白のαセクレターゼを介したアミロイド以外への代謝を促進している可能性がある

Safety and efficacy of galantamine (Reminyl) in severe Alzheimer’s disease (the SERAD study): a randomised, placebo-controlled, double-blind trial. Lancet Neurol. 2009;8:39-47. Epub 2008 Nov 29.
高齢者の重症認知症アルツハイマー病でもgalantamine内服にて,全体的な生活での改善は有意でないが,記憶や実行,視空間能力などに改善がみられる.

Autoantibodies against beta-amyloid are common in Alzheimer’s disease and help control plaque burden.Ann Neurol. 2009;65:24.
アルツハイマー病の患者では老人斑に反応する抗体が存在し,その量が多いほど老人斑の沈着は少なく貪食ミクログリアが増加し微小出血が減少しており,アミロイドβの沈着抑制に関与しているのだろう.

Growth hormone secretagogue MK-677: No clinical effect on AD progression in a randomized trial. Neurology 2008 71: 1702-1708.
IGF-1分泌促進剤であるMK-677 (ibutamoren mesylate) の投与はADの認知機能障害の進行を抑制できなかった

Longitudinal prognostic value of serum “free” copper in patients with Alzheimer disease. Neurology 2009 72: 50-55.
アルツハイマー病ではセルロプラスミンに結合していない自由銅が高い群では認知機能障害の進行が強い

Increased striatal dopamine (D2/D3) receptor availability and delusions in Alzheimer disease. Neurology 2009 72: 528-534.
妄想の強いアルツハイマー病患者は線状体のドーパミン受容体の効率が上昇している

Predictors of driving safety in early Alzheimer disease. Neurology 2009 72: 521-527.
アルツハイマー病では正常対象者と比較して運転中のエラーの確率が上昇し、特に交通規則無視が多い

GAB2 as an Alzheimer Disease Susceptibility Gene: Follow-up of Genomewide Association Results. Arch Neurol. 2009;66:250-254.
GRB2-associated binding protein 2(GAB2)遺伝子はアルツハイマー病発症の危険性に影響を与える

A Specific Enzyme-Linked Immunosorbent Assay for Measuring β-Amyloid Protein Oligomers in Human Plasma and Brain Tissue of Patients With Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66:190-199.
アルツハイマー病では脳と血液におけるAβ蛋白のオリゴマーとモノマー量は双方とも増加し、血中では経過とともに低下する

Alzheimer Abnormalities of the Amygdala With Kluver-Bucy Syndrome Symptoms: An Amygdaloid Variant of Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66:125-129.
扁桃体に老人斑を認めKluver-Bucy症候群を来たしたアルツハイマー病の70歳男性例

Carbon 11-Labeled Pittsburgh Compound B and Carbon 11?Labeled (R)-PK11195 Positron Emission Tomographic Imaging in Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66:60-67.
アルツハイマー病では、[11C]PiBの集積は病期と相関して増加するがミクログリアのトレーサーである[11C](R)-PK11195の集積増加は見られなかった

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください