Autonomic neuropathy (自律神経性末梢神経障害)

総説:Autonomic peripheral neuropathy. Lancet. 20058;365:1259-70.

概念
自律神経は末梢神経内で運動神経、感覚神経とともに対称的に四肢に分布しますが、小径、無髄神経で、神経伝導速度も遅いことが特徴で、これらの無髄線維を中心に傷害する疾患は比較的限られています。似た病態のsmall fiber neuropathyも参考にしてください。

原因
以下の原因以外にもありますが、頻度の高いものをリストします。

1. Diabetic autonomic neuropathy
2. Amyloid neuropathy
3. Acute and subacute autonomic neuropathies
Guillain-Barré syndromeやAIDP

4. Immune-mediated and paraneoplastic neuropathies
Paraneoplastic autonomic neuropathy
Sjögren’s syndrome
Lambert-Eaton

5. Hereditary autonomic neuropathies
Hereditary sensory and autonomic neuropathies
Fabry’s disease
Triple A (Allgrove’s) syndrome
Navajo Indian neuropathy
Tangier disease
Multiple endocrine neoplasia, type 2b

6. Autonomic neuropathy due to infectious diseases
Chagas’ disease
HIV neuropathy
Botulism
Leprosy
Diphtheria

7. Toxic neuropathies
Organic solvents
Marine toxins
Acrylamide
Heavy metals
Vacor
Vincristine
Cisplatin
Paclitaxel
Perhexiline maleate
Amiodarone
Pentamidine

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください