パーキンソン病 update 2

バックナンバー:

Rivastigmine for gait stability in patients with Parkinson’s disease (ReSPonD): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 2 trial. Lancet Neurol. 2016;15:249-58.
AchE阻害薬はパーキンソン病患者での転倒頻度を減少させるかもしれない

Immediate effect of spinal magnetic stimulation on camptocormia in Parkinson’s disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2014 Apr 29.
パーキンソン病の腰曲りに対して脊髄反復磁気刺激による治療効果が見られた

Pimavanserin for patients with Parkinson’s disease psychosis: a randomised, placebo-controlled phase 3 trial. Lancet. 2013;S0140-6736(13)62106-6.
セロトニン5-HT2A受容体選択的拮抗薬(ピマバンセリン)は幻覚などの陽性精神症状を改善させる

Plasma apolipoprotein A1 as a biomarker for Parkinson disease. Ann Neurol. 2013;74:119-27.
HDLの主要な構成成分であるアポリポプロテインA-Iの血漿濃度の低下は、ドーパミン機能の低下やパーキンソン病発症リスクの増加と関連していた

Neurostimulation for Parkinson’s disease with early motor complications. N Engl J Med. 2013;368:610-22.
パーキンソン病で早期の運動合併症を有する患者において,QOLや運動症状及びジスキネジア陰性期間などに関して視床下核刺激は内科的治療よりも優れていた

Meta-analysis of early nonmotor features and risk factors for Parkinson disease. Ann Neurol. 2012;72:893-901.
パーキンソン病発症の危険因子をsystematicに解析したところ、パーキンソン病の家族歴、振戦の家族歴、便秘、喫煙歴の欠如が危険性の増加と関連していた

Symptoms of rapid eye movement sleep behavior disorder are associated with cholinergic denervation in Parkinson disease.Ann Neurol. 2012;71:560-8.
PD患者の脳のPET検査解析では,REM睡眠障害はドーパミンやセロトニン作動性神経の減少とは関係せず,新皮質や辺縁系皮質,視床のコリン作動性神経の減少と関連していた.

A randomized, double-blind, placebo-controlled trial of antidepressants in Parkinson disease. Neurology.2012 Apr 17;78(16):1229-1236.
十分に管理された多施設研究から、パーキンソン病に関連したうつ症状に対してparoxetine(パキシル)およびvenlafaxine(エフェクサー;本邦未承認)の有効性が示唆された

Dihydropyridine calcium channel blockers and the progression of parkinsonism.Ann Neurol. 2012;71:362.
高血圧患者での前向き研究から,ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬(アムロジピンやニフェジピンなど)の内服は脳透過性に関係なくパーキンソン病の発症や進行に影響を及ぼしてはいないようだ

Seven-tesla magnetic resonance images of the substantia nigra in Parkinson disease.Ann Neurol 2012;71:267-277.
7TのMRIでは,PD患者の黒質の信号異常や容積の変化により形態学的変化をとらえられる.

Nigral pathology and parkinsonian signs in elders without Parkinson disease.Ann Neurol 2012;71:258-266.
パーキンソン病でない高齢者でも1/3に黒質神経細胞の減少が,17%にレビー小体が認められ,パーキンソン症状と関連していた.

Amantadine use associated with impulse control disorders in Parkinson disease in cross-sectional study.Ann Neurol. 2010;68:963-8.
パーキンソン病患者の横断的研究では,アマンタジン使用は衝動制御障害や強迫的ギャンブリングの多さと相関している.

Involvement of the cerebellothalamocortical pathway in Parkinson disease.Ann Neurol. 2010;68:816-24.
小脳と運動野への経頭蓋磁気刺激での検討から,パーキンソン病では小脳視床皮質経路の活性が低下しており,姿勢時振戦の発生に関連している.

Plasma epidermal growth factor levels predict cognitive decline in Parkinson disease.Ann Neurol. 2010 Nov 29.
パーキンソン病患者の多数の血漿蛋白の前向き調査から,EGF(上皮細胞増殖因子)濃度の低値が認知機能低下と相関している.

Physical activities and future risk of Parkinson disease. Neurology 2010 75: 341-348.
中等度から積極的な身体活動はパーキンソン病発症の危険性の低下と関連しているようだ

Atomoxetine for depression and other neuropsychiatric symptoms in Parkinson disease. Neurology 2010 75:448-455
アトモキシン(SNRI)はパーキンソン病の鬱症状の改善効果を示さなかったが、全般的な認知機能と日中の眠気を改善させた

Analysis of GWAS-linked loci in Parkinson disease reaffirms PARK16 as a susceptibility locus. Neurology 2010 75:508-512
中国人でのパーキンソン病に対する全ゲノム相関解析で、PARK1とPARK8遺伝子ので発症の危険性増加と関連するSNPを認め、PARK16では発症の低下と関連するSNPを認めた

Phasic muscle activity in sleep and clinical features of Parkinson disease.Ann Neurol. 2010;68:353.
パーキンソン病患者ではREM/nonREM睡眠でともに多くの筋収縮が認められ,睡眠中の脳幹から脊髄への脱抑制を示している

Initiating levodopa/carbidopa therapy with and without entacapone in early Parkinson disease: the STRIDE-PD study.Ann Neurol. 2010;68:18.
パーキンソン病の初期からL-dopaにCOMT-Iを併用しても,ジスキネジアの抑制にはならない.

Levodopa, methylmalonic acid, and neuropathy in idiopathic Parkinson disease.Ann Neurol. 2010;68:28.
パーキンソン病では健常者より末梢神経障害の合併が多く,レボドパと血清メチルマロン酸上昇と関連しており,レボドパとビタミンB12の併用を検討する必要がある.

Chaperone-Mediated Autophagy Markers in Parkinson Disease Brains. Arch Neurol. 2010;67(12):1464-1472.
パーキンソン病では黒質や扁桃体においてLAMP-2やhsc70などのシャペロン介在オートファジーマーカーの減少が認められた

SNCA Variant Associated With Parkinson Disease and Plasma α-Synuclein Level. Arch Neurol. 2010;67(11):1350-1356.
α‐シヌクレインをコードするSNCA遺伝子プロモーターの遺伝多型はパーキンソン病発症の危険性と関連していた、特にrs356219は血漿α‐シヌクレインの増加と関連する

L-type calcium channel blockers and Parkinson disease in Denmark.Ann Neurol. 2010;67:600.
L型カルシウムチャネル拮抗薬を内服していると,パーキンソン病発症のリスクが27%低下する.

Pathological gambling in Parkinson disease is reduced by amantadine.Ann Neurol. 2010;68:400
パーキンソン病の病的賭博にアマンタジン200mg内服が有効である.

Predictors of future falls in Parkinson disease. Neurology 2010 75: 116-124.
早期パーキンソン病であっても48%が転倒を経験しており、UPDRSを含めた複数のスコアを組み合わせることにより転倒の危険性を予測することができるかもしれない

A 12-Year Population-Based Study of Psychosis in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2010;67(8):996-1001.
パーキンソン病では特に高齢発症、多くのパーキンソン病薬が必要な状態、レム睡眠行動異常症がある場合に精神症状の合併が多く見られ、精神症状の存在とADLや認知機能の低下に関連がみっれた

Serum Vitamin D and the Risk of Parkinson Disease. Arch Neurol. 2010;67(7):808-811.
血清のビタミンDが高値である集団はパーキンソン病発症の危険性が0.33倍に低下していた

Interaction Between ABCB1 and Professional Exposure to Organochlorine Insecticides in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2010;67(6):739-745.
ABCB1遺伝多型とパーキンソン病発症の危険性は関連しないが、2つの多型[G2677(A,T)]保持者は有機塩素系殺虫剤暴露時間依存性に危険性が増加する

Impulse Control Disorders in Parkinson Disease: A Cross-Sectional Study of 3090 Patients. Arch Neurol. 2010;67(5):589-595.
パーキンソン病ではドーパミン作動薬の内服が衝動制御障害合併の危険性を約3倍に上昇させるが、その他にもレボドパの使用、未婚、若年、最近の喫煙、賭博の家族歴などの因子も関連も認めた

Glycopyrrolate for sialorrhea in Parkinson disease: A randomized, double-blind, crossover trial. Neurology 2010 74: 1203-1207.
グリコピロラート(副交感神経遮断薬)内服はパーキンソン病の慢性流涎(よだれ)に対し効果があり安全性も高い

Gum chewing improves swallow frequency and latency in Parkinson patients: A preliminary study. Neurology 2010 74: 1198-1202.
パーキンソン病ではガムを嚊むことにより嚥下の頻度と、嚥下までの潜時の短縮が見られた

Dyskinesia and the antiparkinsonian response always temporally coincide: A retrospective study. Neurology 2010 74: 1191-1197.
パーキンソン病ではレボドパによるパーキンソン症状改善効果とジスキネジアの出現時間は一致しており、長期間のレボドパ治療によりジスキネジアが出現しづらくなるということはなかった

Persistent organochlorine pesticides in serum and risk of Parkinson disease. Neurology 2010 74: 1055-1061.
有機塩素系農薬のなかでディルドリンはパーキンソン病発症の危険性の増加と関連しているかもしれない

Anti-inflammatory drugs and risk of Parkinson disease: A meta-analysis. Neurology 2010 74: 995-1002.
大規模研究の結果をまとめてみると、アスピリン以外のNSAIDsはパーキンソン病の発症の危険性を15%程度減らす可能性がある

Smoking duration, intensity, and risk of Parkinson disease. Neurology 2010 74: 878-884.
喫煙はパーキンソン病発症の危険性を低下させるが、1日の本数よりも喫煙期間が危険性の低下との関連が強かった

Increased Melanoma Risk in Parkinson Disease: A Prospective Clinicopathological Study. Arch Neurol. 2010;67(3):347-352.
パーキンソン病では、悪性黒色腫発症の危険性が2倍以上高い

Association of anosmia with autonomic failure in Parkinson disease. Neurology 2010 74: 245-251.
パーキンソン病における嗅覚障害は、黒質線状体系の障害よりは圧受容体反射障害などの自律神経障害との関連が強い

The Clinically Important Difference on the Unified Parkinson’s Disease Rating Scale. Arch Neurol. 2010;67(1):64-70.
UPDRSにおいて、臨床上有用な差異 CID(Clinically Important Difference)は,最小、中等度、最大で、ぞれぞれ4.3, 9.1, 17.1であった

Dopamine Agonist Withdrawal Syndrome in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2010;67(1):58-63.
PDではドーパミン作動薬(DA)減量に伴い21%程度に衝動制御障害などのドーパミン受容体作動薬離脱症候群(DAWS)が出現し、DA投与量が多く、内服期間が長く、UPDRSが低い場合発症の危険性が高い

Effects of a Dopamine Agonist on the Pharmacodynamics of Levodopa in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2010;67(1):27-32.
パーキンソン病では、レボドパによる運動症状改善効果をビ・シフロール併用でさらに増強させるが、ジスキネジアの増強効果も出現してしまった

Urate as a Predictor of the Rate of Clinical Decline in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2009;66(12):1460-1468.
血清及び髄液の尿酸値の上昇はパーキンソン病の症状進行の予後因子であった

Occurrence and risk factors for apathy in Parkinson disease: a 4-year prospective longitudinal study J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1279-1282
PD患者ではアパシー(無気力)を一度以上経験したことがある人は49.4%と高率である。

Thoracolumbar spinal fixation for camptocormia in Parkinson’s disease J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1275-1278 PDの前屈症において胸腰椎固定術(外科手術)は推奨されない。

Medical records documentation of constipation preceding Parkinson disease: A case-control study. Neurology 2009 73: 1752-1758.
カルテ上の便秘の記載のある集団はない集団と比較してパーキンソン病発症の危険性が2.5倍に上昇し、発症の20年以上前に限定してもその関連は明らかであった

Validity of the MoCA and MMSE in the detection of MCI and dementia in Parkinson disease. Neurology 2009 73: 1738-1745.
モントリオール認知評価はMMSEよりもパーキンソン病に伴う認知症や軽度認知機能障害のスクリーニングに優れるが、どちらのテストも認知障害検出後はさらなる詳細な評価法が必要と考えられた

Stimulation of the subthalamic nucleus and impulsivity: release your horses.Ann Neurol. 2009;66:817-2
パーキンソン病の視床下核の深部脳刺激では,反射的や自発的な応答の抑制に関わる脳皮質活動を低下させ,抑制反応が障害されるような行動につながる.

Single-cell expression profiling of dopaminergic neurons combined with association analysis identifies pyridoxal kinase as Parkinson’s disease gene. Ann Neurol. 2009;66:792
PD患者の黒質細胞の全ゲノム遺伝子発現解析で,ビタミンB6とドーパミン代謝に関するPDXK遺伝子の発現が変化しており,ゲノム連関解析ではPDXK遺伝子中のSNPsもPDの危険上昇との関連していることから,病態への関与が疑われる.

Dopaminergic transplantation for Parkinson’s disease: current status and future prospects.Ann Neurol. 2009;66:591
予想されたような効果が得られていないPDに対するドーパミン産生神経細胞移植についての現状と今後の展望.

Professional exposure to pesticides and Parkinson disease.Ann Neurol. 2009;66:494-50
職業で殺虫剤を使用する男性では,パーキンソン病発症の危険が約2倍になり,殺虫剤の種類によっても影響を受ける.

Selective enhancement of rapid eye movement sleep by deep brain stimulation of the human pons.Ann Neurol. 2009;66:110-4.
パーキンソン病患者で,大脳脚橋核を刺激することによりREM睡眠を倍増させることができた.

Treatment disparities in Parkinson’s disease.Ann Neurol. 2009;66:142-5.
同じ健康保険の状況においても,パーキンソン病患者のアフリカ系米国人は白人に比べて4分の1しか治療を受けていない.

History of falls in Parkinson disease is associated with reduced cholinergic activity. Neurology 2009 73: 1670-1676.
PETによる検討では、パーキンソン病による転倒は黒質線条体ドーパミン系の異常というよりも、視床のコリン作動系機能の低下と関連していた

Clinical Features in Early Parkinson Disease and Survival. Arch Neurol. 2009;66(11):1353-1358.
早期PDでは、特に姿勢反射障害、認知機能障害、幻覚といった症状が、それぞれ1.8, 1.7-2.7, 1.4倍の死亡率増加と関連していた

International study on the psychometric attributes of the Non-Motor Symptoms Scale in Parkinson disease. Neurology 2009 73: 1584-1591.
Non-Motor Symptoms Scale(NMSS)はパーキンソン病の非運動症状の簡便で正確な評価が可能である

Incidence of and risk factors for cognitive impairment in an early Parkinson disease clinical trial cohort. Neurology 2009 73: 1469-1477.
パーキンソン病では5年で5.8%程度の割合で認知機能障害を来たし、高齢、男性、幻覚、球症状、運動障害の増悪、腸管泌尿器系異常、左右差の消失などが認知機能障害と関連していた

Autoimmune disease and risk for Parkinson disease: A population-based case-control study. Neurology 2009 73: 1462-1468.
自己免疫疾患の既往はパーキンソン病発症の危険性を増加させないが、関節リウマチの既往は危険性を30%程度低下させていた

Anemia or low hemoglobin levels preceding Parkinson disease: A case-control study. Neurology 2009 73: 1381-1387.
パーキンソン病では対照群の約2倍、さらに発症20年以上前から貧血が見られる傾向がある

Family history of melanoma and Parkinson disease risk. Neurology 2009 73: 1286-1291.
パーキンソン病では、第一親等内に悪性黒色腫が発症する危険性が1.85倍に上昇する

Driving under low-contrast visibility conditions in Parkinson disease. Neurology 2009 73: 1103-1110.
パーキンソン病では霧のかかったような視野条件下での運転では対照群と比較して有意に車の制御能力が低く事故の危険性が高い

Comparison of Risk Factor Profiles in Incidental Lewy Body Disease and Parkinson Disease. Arch Neurol. 2009;66(9):1114-1119.
剖検で検出される偶発的Lewy小体病では生活歴や既往歴に関する危険因子がパーキンソン病と同様の傾向を示していた

Determinants of the Timing of Symptomatic Treatment in Early Parkinson Disease: The National Institutes of Health Exploratory Trials in Parkinson Disease (NET-PD) Experience. Arch Neurol. 2009;66(9):1099-1104.
発症早期のPDでは、症状の強さと教育歴の高さが治療が必要な時期の早さと関連していた

Swallowing problems in Parkinson disease: frequency and clinical correlatesJNNP 2009;80:1047-9
パーキンソン病の嚥下障害は、重症度や精神症状と相関があるが、罹病期間とは相関がない

Pilot randomised controlled trial of occupational therapy to optimise independence in Parkinson’s disease: the PD OT trialJNNP 2009;80:976-978
PDに対する作業療法の試験的盲検試験。8ヶ月後にはNEADLで3.5点PD-Q39で3.8点の有意差がみられた。

The spectrum of neuropsychiatric symptoms in patients with early untreated Parkinson’s disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 928-930.
未治療の初期PD患者の56%が精神症状を呈し、気分障害と無気力が多い

Incidence of Parkinson’s disease in Norway: the Norwegian ParkWest study. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 851-857.
ノルウェーのPD発症率は、12.6人/10万人、男女比1.58で、他の欧米諸国と同等である

Patterns of motor and non-motor features in Parkinson’s disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 846-850
PD患者において、痴呆・自律神経障害・精神症状などの非運動症状と姿勢障害・構語・嚥下障害の発現は、病期そのものと相関する

Course in Parkinson disease subtypes: A 39-year clinicopathologic study. Neurology 2009 73: 206-212.
パーキンソン病では振戦症状が中心のタイプは、固縮や無動が強いタイプあるいは両者の混合型と比較して発症が若く進行が遅く、認知機能障害の合併が少なかった

Elevated Serum Pesticide Levels and Risk of Parkinson Disease. Arch Neurol. 2009;66(7):870-875.
パーキンソン病はアルツハイマー病や正常対象者と比較して血清中のβ‐ヘキサクロロシクロヘキサン(農薬の一種)濃度が高いことが多い

Predictors of cognitive and psychosocial outcome after STN DBS in Parkinson Disease.JNNP 2009 May 21. [Epub ahead of print]
PDでの両側の視床下核深部脳刺激術後1年後の効果は,L-dopaへの反応が良い症例では運動機能の改善がみられ,反応が悪い症例や高齢者,注意力の低い症例では認知機能の低下が多い傾向にある.

Non-motor symptoms of Parkinson’s disease: dopaminergic pathophysiology and treatment.Lancet Neurol. 2009;8(5):464.
PDの非運動症状についてドーパミンによる病態と治療の可能性についてのレビュー

Neuroinflammation in Parkinson’s disease: a target for neuroprotection?Lancet Neurol. 2009 Apr;8(4):382-97.
PDのドーパミン作動性神経を中心とした細胞死におけるグリア細胞や末梢免疫細胞を介した炎症性の病態の関与と,それに介入しうる新しい治療法の可能性についてのレビュー.

Variation in GIGYF2 is not associated with Parkinson disease. Neurology 2009 72: 1886-1892.
GIGYF2遺伝子変異はパーキンソン病発症の危険性を上昇させない

Bilateral coordination of gait and Parkinson’s disease: the effects of dual tasking.JNNP. 2009 Mar;80(3):347-50
PDでは認知機能的負荷をかけると歩行時の協調性に低下がみられ,持続的で正確な左右の踏み出しを持続するために認知に関する要素も使用していると思われる.

Olfaction in patients with suspected Parkinsonism and scans without evidence of dopaminergic deficit (SWEDDs).JNNP. 2009 Mar 9. [Epub ahead of print]
PDにおいて嗅覚試験はPET/SPECTでのドーパミン機能画像よりも感度の優れた検査ではなさそうだ.

Cognition and mood in Parkinson’s disease in subthalamic nucleus versus globus pallidus interna deep brain stimulation: The COMPARE Trial.Ann Neurol. 2009 Mar 13. [Epub ahead of print]
PDにおける深部脳刺激において視床下核と淡蒼球内節では,運動機能改善のほか認知機能や気分に与える影響に大きな差はない.

Mutations for Gaucher Disease Confer High Susceptibility to Parkinson Disease. Arch Neurol. 2009;66:571-576.
ゴーシェ病(Gaucher’s disease)の原因遺伝子であるGBA遺伝子のヘテロの変異は、パーキンソン病の発症、早期発症、家族内発症の危険因子である

Long-term Effect of Initiating Pramipexole vs Levodopa in Early Parkinson Disease. Arch Neurol. 2009;66:563-570.
レボドパあるいはpramipexole(ビ・シフロール)で初期治療を行ったPDでは長期追跡調査の結果、自己申告での神経症状に差はなかったが、前者は重度の眠気が少なく、後者はmotor fluctuationが少なかった

PET demonstrates reduced dopamine transporter expression in PD with dyskinesias. Neurology 2009 72: 1211-1216.
ジスキネジアを認める初期パーキンソン病では被殻のドーパミントランスポーターの発現が低下していた

Cognitive impairment in incident, untreated Parkinson disease: The Norwegian ParkWest Study. Neurology 2009 72: 1121-1126.
健常対象者と比較してパーキンソン病は早期で薬剤コントロール前であっても認知機能が低下してい可能性が2倍高い

A controlled trial of antidepressants in patients with Parkinson disease and depression. Neurology 2009 72: 886-892.
パーキンソン病のうつ症状にはパロキセチン(SSRI)よりもノリトレン(三環系抗うつ薬)の効果が高かった

Brain Penetration Effects of Microelectrodes and DBS Leads in STN or GPi.JNNP. 2009 Feb 22. [Epub ahead of print]
PDにおける視床下核や淡蒼球内節への深部脳刺激では,電極挿入半年後に刺激を12時間中止しても運動症状の改善がみられ,電極挿入術での脳組織への穿刺による効果があるのだろう.

Patterns of motor and non-motor features in Parkinson’s disease.JNNP. 2009 Feb 11. [Epub ahead of print]
PDの運動,非運動症状は病期の進行と関連する認知症,自律神経症状,日中の眠気などの諸症状や,治療薬内服と関連する運動系副作用,病状の重篤さと関連する睡眠やうつ状態,振戦や寡動などの4系統に分けられる.

Towards an understanding of fatigue in Parkinson’s disease. JNNP. 2009 Feb 9. [Epub ahead of print]
PDにおける疲労症状は,H&Y stageと相関し多変量解析では不安やうつ,意欲の欠如,UPDRSの運動スコア,疼痛と関連が見られ,日中の過眠などとは別の病態である可能性がある.

Therapeutic efficacy of unilateral subthalamotomy in parkinson’s disease: Results in 89 patients followed up to 36 months.JNNP. 2009 80:976-978.
PDにおける片側視床下核切除の3年間追跡調査では持続して対側の症状の改善,L-dopaの減量効果がみられたが,15%に片側舞踏病,バリスムが出現した.

Pedunculopontine nucleus stimulation induces monocular oscillopsia.JNNP. 2009 Feb;80(2):228-31.
PDの歩行障害に対して大脳脚橋核を電気刺激したら,中脳動眼神経への波及によると思われる同側の単眼の動揺視が出現した.

Deep brain stimulation activation volumes and their association with neurophysiological mapping and therapeutic outcomes.JNNP 2009 Jan 16. [Epub ahead of print]
PDでの視床下核深部脳刺激では刺激が広範囲に視床下核の背側縁にまで及んでいる方が症状改善効果が高い.

Deep brain stimulation of the subthalamic nucleus for the treatment of Parkinson’s disease. Lancet Neurol. 2009;8:67-81.
PDでの視床下核の深部脳刺激治療についての最近のまとめ.

Bilateral deep brain stimulation vs best medical therapy for patients with advanced Parkinson disease: a randomized controlled trial.JAMA. 2009 Jan 7;301(1):63-73.
進行期PDに対する6ヶ月の無作為比較研究では,深部脳刺激は内服治療に比べ外科手術に伴う重大な副作用の危険が高くなるが運動機能は有意に著明な改善を認める.

Genetic determinants of hair color and parkinson’s disease risk.Ann Neurol. 2009;65:76.
毛髪の色が薄い方がパーキンソン病になりやすい.

Biomarkers for Parkison’s disease: tools to assess Parkinson’s disease onset and progression.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S111-21.
PDの進行や治療評価などに使用できる生体指標についてのレビュー

What causes cell death in Parkinson’s disease? Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S3-15.
PD発症の分子生物学的な機序についてのレビュー

Functional models of Parkinson’s disease: a valuable tool in the development of novel therapies.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S16-29.
PDの機能モデル動物についてのレヴュー

The basal ganglia in Parkinson’s disease: current concepts and unexplained observations.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S30-46.
大脳基底核の生理的な役割とPDの病態における変化の最近の新しい知見についてのレビュー

Future of cell and gene therapies for Parkinson’s disease.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S122-38.
PDの細胞治療,遺伝子治療の見通しなどのレビュー

Nonmotor manifestations of Parkinson’s disease.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S65.
PDnおける精神症状,睡眠,自律神経障害などの非運動症状についてのレビュー

Premotor Parkinson’s disease: clinical features, detection, and prospects for treatment.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S139.
運動症状出現前のPDの臨床徴候や診断手段についてのレビュー

Why have we failed to achieve neuroprotection in Parkinson’s disease?Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S101.
PDの病態機序,モデル動物についてのレヴュー

Drug selection and timing of initiation of treatment in early Parkinson’s disease.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S47.
初期PDでの治療薬の選択と開始時期についてのrレビュー

Parkinson’s disease dementia: definitions, guidelines, and research perspectives in diagnosis.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S81.
アルツハイマー病やレビー小体を伴う認知症と鑑別してPDに伴う認知症を診断するための臨床診断基準の提案

How do you treat motor complications in Parkinson’s disease: Medicine, surgery, or both?Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S56.
PDの薬物治療と外科的治療を行うタイミングなどについてのレヴュー

Dopamine and impulse control disorders in Parkinson’s disease.Ann Neurol. 2008 Dec;64 Suppl 2:S93.
PDにおけるdopamine作動薬(L-dopa, agonist)と衝動行動制御障害についてのレヴュー

Impaired presynaptic inhibition in the motor cortex in Parkinson disease. Neurology 2009 72: 842-849.
パーキンソン病ではドーパミン系と関係の薄い運動野での皮質内抑制が認められた

B-type natriuretic peptide and cardiovalvulopathy in Parkinson disease with dopamine agonist. Neurology 2009 72: 621-626.
麦角系ドーパミンアゴニスト薬で治療されているPD症例ではBNP値と心エコーでの逆流の程度が相関する

Incidence and remaining lifetime risk of Parkinson disease in advanced age. Neurology 2009 72: 432-438.
特に男性ではパーキンソン病の発症リスクは少なくとも89歳まで増加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください