肥厚性硬膜炎 update

Efficacy of remission-induction regimens for ANCA-associated vasculitis. N Engl J Med. 2013;369:417-27.
ANCA関連血管炎患者197人を対象に、リツキシマブの1コース投与と従来の免疫抑制療法(シクロホスファミド+アザチオプリン)の有効性を無作為化試験で比較し、6カ月時の完全寛解率はリツキシマブ群64%、従来群53%、18カ月時の維持率は39%、33%で、リツキシマブの非劣性が認められた

Pachymeningeal enhancement in baroreflex failure syndrome. Neurology 2010 75: 375.
硬膜の造影効果を認めた放射線療法による圧受容体反射不全症の64歳女性例

Idiopathic hypertrophic spinal pachymeningitis. Neurology 2009 72: e27.
特発性脊髄肥厚性硬膜炎の2例

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください