神経障害性疼痛、痛み、神経痛 治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原疾患の治療が最も重要ですが、下記のような対症療法を行うこともしばしばです
参考:神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン

代表的な神経障害性疼痛の治療薬
1. 抗うつ薬

    三環系抗うつ薬:imipramine (トリプタノール)
    SNRI:サインバルタ

2. 抗てんかん薬

    gabapentin (ガバペン)
    pregabalin (リリカ)
    carbamazepine (テグレトール)
    clonazepam (リボトリール)

4. 麻薬性疼痛薬

    ketamine (ケタミン)
    oxycodone (オキシコンチン)
    fentanyl (MTパッチ)

5. 非麻薬性疼痛薬

    pentazocine (ペンタジン)
    buprenorphine (レペタン)
    tramadol+acetaminophen (トラムセット)

6. その他の薬物治療

    mexiletine (メキシチール)
    SSRI
    カプサイシン軟膏

7. 侵襲的治療
レーザー照射
神経ブロック

    局所静脈内ブロック
    トリガーポイント注射
    関節内ブロック
    脊髄神経後枝内側枝ブロック
    硬膜外ブロック
    交感神経ブロック
    星状神経節ブロック

刺激療法

    脳深部電気刺激療法
    大脳運動野電気刺激療法
    脊髄硬膜外電気刺激療法
    経頭蓋磁気刺激療法

特殊な神経障害性疼痛疾患
1. 視床痛
神経ブロックやNSAIDsは無鉤のため、抗うつ薬、抗てんかん薬、メキシレチン、麻薬鎮痛薬などを使用します
<処方例>

    塩酸マプロチリン(ルジオミール)10mg 3T3X
    ブロマゼパム(レキソタン)2mg 3T3X
    カルバマゼピン(テグレトール)
    ケタミン(ケタラール):NMDA受容体拮抗薬 1回20mgを生食100mlに混和して1時間かけて点滴静注

2. 三叉神経痛

    テグレトール
    フェニトイン(アレビアチン)
    リリカ

3. 帯状疱疹後神経痛
テグレトールの効果は乏しいようです

    リリカ
    ノイロトロピン 4T2X
    ロキソニン 3T3X
    トリプタノール(10mg) 3T3X(少量から初め漸増)
    抗けいれん薬
      デパケン(バルプロ酸)
      ガバペンチン(ガバペン)
      プレガバリン
    リドカインクリーム、リドカイン貼付薬(リドカインパッチ、1日2-3枚)
    ケタミン(ケタラール):NMDA受容体拮抗薬 1回20mgを生食100mlに混和して1時間かけて点滴静注
    神経ブロック

4. 坐骨神経痛
腰椎ヘルニアに伴うことが多く、安静、鎮痛剤(セレコックスなど)、リリカ投与、牽引を行い無効例では神経根ブロックを検討する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください