眼瞼痙攣、顔面痙攣 治療

片側顔面けいれんガイドライン:左のガイドラインをクリック

眼瞼けいれん
1.内服薬

リボトリール、セルシン、アーテンなどが使用されます

2.ボツリヌス毒素
現在では第一選択薬です。眼輪筋のみならず、眼周囲の諸筋(鼻根筋、皺眉筋、鼻筋横部)なども対象となります

3.外科的治療
ボツリヌス毒素無効例には眼輪筋切除術を行うこともあります

顔面痙攣
1. 内服治療
リボトリール、テグレトール、バクロフェン、ガバペンなど

2.ボツリヌス毒素
現在では第一選択薬です

3. 神経血管減圧術
Jannetaの手術:血管による圧迫部位の除圧術です。9割程度は改善します。
合併症は以下の通りです

    難聴
    顔面神経麻痺
    髄液漏出

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください