多発性硬化症 Update

Multiple sclerosis and the TNFRSF1A R92Q mutation: Clinical characteristics of 21 cases. Neurology 2008 71: 1812-1820.
TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS) の責任遺伝子であるTNFRSF1A遺伝子R92Q変異を持ち多発性硬化症の診断基準を満たす集団が存在し、典型的な多発性硬化症の病型を示すとともにTNF受容体関連周期性症候群のいくつかの症状を軽度であるが合併し小児期というよりも成人期に症状が出現しやすい特徴がある

Expression and regulation of IFN/β receptor in IFNβ-treated patients with multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 1940-1947.
多発性硬化症ではインターフェロンα/β受容体(IFNAR-2)の発現が、ベタフェロン長期投与による中和抗体の存在の有無と強く相関しその治療効果と強く関連している可能性がある

Impaired hypothalamic-pituitary-adrenal axis activity in patients with multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 1948-1954.
多発性硬化症では視床下部-下垂体-副腎皮質系のホルモンが上昇していて、リンパ球の糖質コルチコイドの受容体の数は正常人と変わりないがグルココルチコイドの親和性と反応性が低下している

Decreased T-cell reactivity to Epstein-Barr virus-infected lymphoblastoid cell lines in multiple sclerosis. JNNP. 2008 17. [Epub ahead of print]
MS患者では抗EBNA1抗体は上昇しているが,EBV感染リンパ芽球に対する反応が減弱しており,患者脳でEBV感染B細胞が蓄積する原因かもしれない.

Paradoxical dysregulation of the neural stem cell pathway sonic hedgehog-Gli1 in autoimmune encephalomyelitis and multiple sclerosis. Ann Neurol. 2008;64:417-27.
実験的自己免疫性脳脊髄炎や多発性硬化症の慢性期病変では sonic hedgehog (Shh)-Gli1経路による神経幹細胞の分化が抑制され,神経修復作用が制限されているようだ.

Cognitive impairment and structural brain damage in benign multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 1521-1526.
良性多発性硬化症においても白質構造の障害は認知機能障害に影響を与える

Combining beta interferon and atorvastatin may increase disease activity in multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 1390-1395.
高容量アルトバスタチンとインターフェロン1aの併用療法は多発性硬化症の病勢を悪化させる

Persistence of Immunopathological and Radiological Traits in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1527-1532.
MRIで異なった像を示したMS病巣は、病理学的には類似した炎症性病変であった

Magnetization Transfer Ratio in Gray Matter: A Potential Surrogate Marker for Progression in Early Primary Progressive Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1454-1459.
大脳灰白質のMTR値でPPMSの予後を推測できる

Predicting Clinical Progression in Multiple Sclerosis With the Magnetic Resonance Disease Severity Scale. Arch Neurol. 2008;65:1449-1453.
多発性硬化症ではMagnetic Resonance Disease Severity Scale (MRDSS) scoresなどの脳MRIによる病巣評価で予後や進行度を類推できるかもしれない

Interferon Beta-Induced Restoration of Regulatory T-Cell Function in Multiple Sclerosis Is Prompted by an Increase in Newly Generated Naive Regulatory T Cells. Arch Neurol. 2008;65:1434-1439.
インターフェロンβは再発寛解型MS患者の制御性T細胞による抑制機能を活性化させ、この活性化は胸腺から新たに産生された制御性T細胞(naive recent thymic emigrant?Treg)の増加と相関していた

CSF anti-myelin antibodies are related to MR measures of disease activity in multiple sclerosis. JNNP 2008 Oct 23. [Epub ahead of print]
新しいフローサイトメトリーを用いた手法で髄液中の抗ミエリンIgG抗体をで測定すると,MS患者で特異的な上昇がみられ,MRIでのT2延長,Gd造影病変の数とも相関がみられる.

Increasing prevalence and incidence of Multiple Sclerosis in South East Wales. JNNP 2008 Oct 17. [Epub ahead of print]
南東ウェールズでは20年間でMSが約1.5倍に増え,特に中年女性で多くなり,環境変化の要因が大きいようだ.

Regional variations in the extent and pattern of grey matter demyelination in Multiple Sclerosis: a comparison between the cerebral cortex, cerebellar cortex, deep grey matter nuclei and the spinal cord. JNNP 2008 Oct 1. [Epub ahead of print]
MS剖検検体の脳運動皮質や帯状回,小脳,視床,脊髄の観察ではいずれにおいても白質より灰白質の脱髄が優位に見られ,灰白質の脱髄は小脳と脊髄で,白質の脱髄は脊髄で最も強く見られる.

Memory Impairment in Multiple Sclerosis: Correlation with Deep Gray Matter and Mesial Temporal Atrophy.JNNP 2008 Oct 1. [Epub ahead of print]
MSで記憶障害と脳容積減少には相関があり,新単語記憶や再生は深部白質と,認知記憶は側頭葉内側と関係がある.

CSF oligoclonal band status informs prognosis in MS: a case control study of 100 patients. JNNP 2008 Oct 1. [Epub ahead of print]
オリゴクローナルバンド陰性のMSは陽性に比べて神経障害の進展が軽度で予後が良い.

Change in disability in patients with multiple sclerosis: a 20-year prospective population-based analysis. JNNP 2008;79:1137-43. Epub 2008 Feb 26.
MS患者の20年後の障害の程度についての検討.

Multiple sclerosis. Lancet. 2008;372:1502-17.
MSのレヴュー

Efficacy and safety of oral fumarate in patients with relapsing-remitting multiple sclerosis: a multicentre, randomised, double-blind, placebo-controlled phase IIb study. Lancet. 2008;372:1463-72.
再発寛解型MSに対するフマル酸の第2相臨床試験で,MRIでの新しい造影病変を約7割,年間の再発率を約3割減少させた.

Alemtuzumab vs. Interferon beta-1a in early multiple sclerosis. NEJM 2008;359:1786-801.
早期の再発寛解型MSにおいてCD52に対するモノクローナル抗体Alemtuzumabの投与は,インターフェロンβ1aと比べて病巣増加や再発の抑制効果が有意に高いが,血小板減少症などの自己免疫性の合併症が多い.

FTY720 therapy exerts differential effects on T cell subsets in multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 1261-1267.
S1P1アンタゴニストのFTY720を用いた治療はnaive T cellとcentral memory T cellにを減少させ、MSの再発を抑制する可能性をもつ

Parent-of-origin effects in MS: Observations from avuncular pairs. Neurology 2008 71: 799-803.
多発性硬化症には母系のオリジン効果(parent-of-origin effects)が認められる

Dose comparison trial of sustained-release fampridine in multiple sclerosis.  Neurology 2008 71: 1134-1141.
多発性硬化症に対する徐放型fampridineの第2相試験では10mg、15mgの低容量群で歩行スピードを改善し、重篤な副作用が少なかった

Myelin oligodendrocyte glycoprotein antibodies and multiple sclerosis in healthy young adults.  Neurology 2008 71: 1142-1146.
血清中に抗MOG抗体を有することは、多発性硬化症発症のリスクを増加させるが、これは抗EBNA抗体とMOG抗体の交差反応の一部を反映していることが示唆される

Comparison of subcutaneous interferon beta-1a with glatiramer acetate in patients with relapsing multiple sclerosis (the REbif vs Glatiramer Acetate in Relapsing MS Disease [REGARD] study): a multicentre, randomised, parallel, open-label trial. Lancet Neurol. 2008;7:903-14.
再発寛解型MSの予防に関して,インターフェロンβ1aはガラティラメルアセテートより造影される病変の数が少ないが,病変の大きさや症状の再発については差がない.

B cells and multiple sclerosis. Lancet Neurol. 2008;7:852-8.
MSにおけるB細胞の関与についてのまとめ

Grey matter pathology in multiple sclerosis. Lancet Neurol. 2008;7:841-51.
MSにおける灰白質障害についてのまとめ

Repeated subcutaneous injections of IL12/23 p40 neutralising antibody, ustekinumab, in patients with relapsing-remitting multiple sclerosis: a phase II, double-blind, placebo-controlled, randomised, dose-ranging study. Lancet Neurol. 2008;7:796-804.
再発寛解型MSに対するウステキヌマブ(IL-12/23のp40サブユニットに対するモノクローナル抗体)の皮下注射では,MRIでの造影病変の増加を防ぐことができない.

Characterisation of the spectrum of demyelinating disease in Western Australia. JNNP. 2008;79:1022-6. Epub 2008 Mar 20.
MSの頻度がアジアと同様である西オーストラリアでは,OSMSが少なくOCBの頻度が低く長い脊髄病変がみられるなどアジアでのMSの特徴が見られる.

Survival and cause of death in multiple sclerosis: a prospective population-based study. JNNP. 2008;79:1016-21. Epub 2008 Feb 26.
早期発症のMS患者ではMSによる死亡が多く,MS全体では健常人より約3倍死亡率が高い.

Bone-marrow transplantation fails to halt intrathecal lymphocyte activation in multiple sclerosis. JNNP. 2008;79:1013-5. Epub 2008 Jan 25.
MS患者では骨髄移植による髄液sCD27の正常化やoligoclonal bandの消失は難しく,リンパ球の異常な活性化を完全に抑制する
ことはできない.

Relapsing demyelinating disease affecting both the central and peripheral nervous systems. JNNP. 2008;79:1032-9. Epub 2008 Jan 21.
中枢神経と末梢神経に脱髄病変を来した5症例の報告と,MSやCIDPとは異なる新たな疾患概念の提唱.

Vanishing MS T2-bright lesions before puberty: A distinct MRI phenotype? Neurology 2008 71: 1090-1093.
思春期前の多発性硬化症(MS)MRI表現型は、思春期後発病の小児MSと比較して、異なり、思春期前MSのMRI診断基準は再検討の必要がある

A Magnetic Resonance Imaging Voxel-Based Morphometry Study of Regional Gray Matter Atrophy in Patients With Benign Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1223-1230.
Voxel-Based Morphometryによる灰白質の体積測定で二次性進行性MSは非進行性MSと比較して小脳の体積が有意に減少していて、認知機能のない、病期の長い、EDSSの低い非進行型MSが機能予後が良い可能性がある

Reproducibility of Optical Coherence Tomography in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1218-1222.
多発性硬化症症例の光干渉断層法(Optical Coherence Tomography)による網膜神経線維層厚の測定は多施設間の測定誤差も少なく有用である

A Preliminary Validation Study of Diffusion Tensor Imaging as a Measure of Functional Brain Injury. Arch Neurol. 2008;65:1179-1184.
多発性硬化症の内側縦束症候群による眼球運動障害と、脳幹病変(内側縦束部)の拡散テンソル画像による定量値は相関関係が認められる

Will Rogers phenomenon in multiple sclerosis. Ann Neurol. 2008 Aug 7. [Epub ahead of print]
同じ集団でもMSの異なる診断基準の使用により予後にも異なった差が出てしまうので,古い研究を対象として使用する際には注意が必要である.

Predicting short-term disability progression in early multiple sclerosis: added value of MRI parameters. JNNP. 2008;79:917-23. Epub 2007 Dec 12.
MSの障害の進行はMRIで計測した脳容量の萎縮率が関係しており,神経変性変化が原因と考えられる.

Serum homocysteine levels in relation to clinical progression in MS. JNNP. 2008 Aug 1. [Epub ahead of print]
血清総ホモシステイン値の低値とMSの症状進行には関係があるが,健常人とMSでは値に差はなく,非特異的な神経変性への関与があるのかもしれない.

Cognitive assessment and quantitative magnetic resonance metrics can help to identify benign multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 632-638.
認知機能障害のない良性の多発性硬化症は脳MRIで新皮質の萎縮や皮質MTr(magnetization transfer ratio)の低下が少なく、これらの定量結果は認知機能の評価テストと相関する

Disability as an outcome in MS clinical trials. Neurology 2008 71: 624-631.
再発寛解型MSの臨床試験で使用されている評価法(EDSSなど)は、治療効果判定期間期間が短く、わずかな障害を評価することが難しいため二次性進行型MSの進行度の評価に使用することは難しい

Melanocortin 1 receptor genotype, past environmental sun exposure, and risk of multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 583-589.
赤毛の女性はMSの発症リスクと関連し、赤毛以外の集団では日光への暴露はMSの発症率を低下させ、毛髪の色を調節するメラノコーチン1レセプター遺伝子とMSの関与が考えられる

Reduction of Disease Activity and Disability With High-Dose Cyclophosphamide in Patients With Aggressive Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1044-1051.
再発の多いMSに対して、エンドキサン(cyclophosphamide)大量投与(50 mg/kg/d、4日間連日、G-CSF補充あり)は、MRIでの造影される病変数の低下、EDSSの低下効果があった

Gray matter atrophy in multiple sclerosis: A longitudinal study. Ann Neurol 2008 Jul 25. [Epub ahead of print]
MS患者では灰白質の萎縮が再発寛解型より2次進行型で早く進み,神経学的障害と関連している

Helminth infections associated with multiple sclerosis induce regulatory B cells. Ann Neurol. 2008;64:187-99.
蠕虫感染を伴ったMS患者では,神経保護的なIL-10や神経栄養因子を産生するB細胞が増加しており,MSを抑制する環境要因となっているかもしれない

Autologous haematopoietic stem-cell transplantation in multiple sclerosis. Lancet Neurol. 2008 Jul;7(7):626-36.
重症MS患者に対して強力な免疫抑制療法後の自己造血幹細胞移植が有効であるが,今後大規模の研究が必要である

MRI in multiple sclerosis: current status and future prospects. Lancet Neurol. 2008 Jul;7(7):615-25.
MSの診断におけるMRIの最新のupdateなどについてのレビュー

Quantitative risk-benefit analysis of natalizumab. Neurology 2008 71: 357-364.
マルコフモデルを使用して既知のnatalizumabとインターフェロンβの再発寛解型多発性硬化症(RRMS)に対する効果を比較したところ、natalizumabはよりQALYsの保持効果があり、PMLの発症が7倍になると仮定して初めてインターフェロンβの効果を下回る

Intravenous immunoglobulin in relapsing-remitting multiple sclerosis: A dose-finding trial. Neurology 2008 71: 265-271.
再発寛解型多発性硬化症に対して免疫グロブリン(0.2-0.4g/Kg)を4週間ごとに投与しても副作用は少ないが、再発率や活動性病変の減少効果は大人数のRCTで認められなかった

Effectiveness of Rehabilitation Intervention in persons with Multiple sclerosis: A Randomized Controlled Trial. JNNP 2008 Jun 5. [Epub ahead of print]
多発性硬化症患者にリハビリは有効で,リハビリをしない場合に比べて運動機能などのいくつかの評価項目で有意な差がみられる

Relapses in multiple sclerosis are age and time-dependent. JNNP 2008 Jun 5. [Epub ahead of print]
多数の多発性硬化症症例の回顧的な研究から,再発率は初発時からの時間経過とともに低下し,発症年齢が遅いほど再発率の低下も大きい

Abnormalities in the cerebrospinal fluid levels of endocannabinoids in Multiple Sclerosis. JNNP 2008 Jun 5. [Epub ahead of print]
多発性硬化症患者の髄液の内在性カンナビノイド濃度は正常者より有意に低いが,再発期やGd造影病変がある者では高めであり,抗炎症作用があるのかもしれない

Getting specific: monoclonal antibodies in multiple sclerosis. Lancet Neurol 2008;7:538-47.
最近欧米でMS治療薬として認可されたNatalizumabなどのmonoclonal抗体について,現在治験中のものも含めてのレビュー

Effect of laquinimod on MRI-monitored disease activity in patients with relapsing-remitting multiple sclerosis: a multicentre, randomised, double-blind, placebo-controlled phase IIb study. Lancet 2008;371:2085-92.
再発寛解型MS患者へのlaquinimod 0.6mgの毎日投与により,MRIでの新しい病変の出現が40%減少する

Impact of exposure to war stress on exacerbations of multiple sclerosis. Ann Neurol. 2008;64:143-8.
イスラエル北部の再発寛解型MS患者の調査で,ミサイル攻撃の脅威にある時には自覚的なストレスが増大し,MS再発の頻度も有意に高くなる

Multiple sclerosis and cannabis: A cognitive and psychiatric study. Neurology 2008 71: 164-169.
MSの治療目的でCannabis(大麻の1種)が使用されることがあるが、カナビノイドの使用は認知機能の低下や精神症状を来たしうる

Retinal Imaging by Laser Polarimetry and Optical Coherence Tomography Evidence of Axonal Degeneration in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:924-928.
MS症例での偏光走査型レーザー光干渉断層計(GDx)と光干渉断層法(OCT)による網膜神経線維層厚は同様に低下し視神経の軸索損傷の反映を相補的に示唆する

Temporal trends in the incidence of multiple sclerosis: A systematic review. Neurology 2008 71: 129-135.
MSの発症は以前のように赤道から離れるほど発症率が高くなるという傾向は近年は少なくなっているが、より女性に多く発症するようになっている

Mechanisms of action of disease-modifying agents and brain volume changes in multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 136-144.
MS症例に対するインターフェロンβやglatiramer acetateなどのDisease-modifying agents(DMA)投与と主に脳萎縮への効果に関する総説

Soluble Nogo-A in CSF is not a useful biomarker for multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 35-37.
髄液中の水溶性Nogo-A蛋白(25kDa)のImmunoblottingによる定量は免疫グロブリン濃度の影響を受けMSの診断のマーカーとして有用でない

MRI activity and neutralising antibody as predictors of response to interferon beta treatment in multiple sclerosis. JNNP 2008 79:646-51
IFNβ治療開始6ヶ月でのMS患者で,MRIでの新しい病変と中和抗体の出現は,その後の18ヶ月で病気が進行する可能性が高いことを示唆する

Long term clinical relevance of criteria for designating Multiple Sclerosis as benign after ten years of disease. JNNP. 2008 May 13. [Epub ahead of print]
MS患者の長期間の追跡調査で,女性,若年で発症,運動障害がないことが予後良好である可能性を示唆する

Effects of fluoxetine on disease activity in relapsing multiple sclerosis: a double-blind, placebo-controlled, exploratory study. JNNP 2008 May 1 [Epub ahead of print]
フルオキセチンによりMSの新しい病変出現を押さえることができる

Localizing central nervous system immune surveillance: Meningeal antigen-presenting cells activate T cells during experimental autoimmune encephalomyelitis. Ann Neurol. 2008 May 21. [Epub ahead of print]
実験的な自己免疫性脳脊髄炎マウスでは,まずくも膜下腔にCD4陽性T細胞が出現し軟膜が抗原提示細胞との相互作用による免疫反応活性化の重要な場所になっている

Phase 2 trial of a DNA vaccine encoding myelin basic protein for multiple sclerosis.Ann Neurol. 2008;63:611-20.
MSに対するBHT-3009(全長MPBのDNAをもつ)の0.5mg投与で新たな病変の出現を半数以下に押さえられたが,1.5mgの容量では効果がない

Cognitive and psychosocial features of childhood and juvenile MS. Neurology 2008 70: 1891-1897.
幼少期のMS症例は特に発症年齢が低いほど認知機能の低下が強い

Intractable hiccup and nausea in neuromyelitis optica with anti-aquaporin-4 antibody: a herald of acute exacerbations. JNNP 2008 Apr 17 [Epub ahead of print]
抗AQP4抗体陽性視神経脊髄炎では頑固なしゃっくりと嘔気がしばしば見られ,抗AQP4抗体と関係している可能性がある

Imaging correlates of decreased axonal Na(+)/K(+) ATPase in chronic multiple sclerosis lesions. Ann Neurol 2008;63:428-435.
MSの慢性期病変の神経軸索ではNa(+)/K(+) ATPaseが減少し,MRIでもとらえることができる.

A longitudinal study of variations in and predictors of fatigue in multiple sclerosis. JNNP 2008;79:454-7.
多発性硬化症患者の疲労に関する長期研究によると,首尾一貫感覚sense of coherenceのある人や配偶者との生活をしている人に疲労が強く出やすい.

Use of combined conventional and quantitative MRI to quantify pathology related to cognitive impairment in multiple sclerosis. JNNP 2008;79:437-41.
MRIによる脳梁の形態(萎縮)や質的な変化(ADC上昇,MTR低下)が,MS患者の認知機能低下と関連している.

Evolution of different MRI measures in patients with active relapsing-remitting multiple sclerosis over 2 and 5 years: a case-control study. JNNP 2008;79:407-14.
活動性の再発寛解型MSではMRIで見ると,灰白質や白質などの萎縮は部位ごとに異なったパターンで進行する.

Rapamycin prevents epilepsy in a mouse model of tuberous sclerosis complex. Ann Neurol. 2008 3 [Epub ahead of print]
ラパマイシンは多発性硬化症モデルマウスの痙攣を予防し延命効果がある.

Rituximab in relapsing-remitting multiple sclerosis: a 72-week, open-label, phase I trial.Ann Neurol. 2008;63:395-400.
リツキシマブによるB細胞減少により,明らかにMSの再発が減った.

Magnetization transfer ratio evolution with demyelination and remyelination in multiple sclerosis lesions. Ann Neurol. 2008;63:254-62.>
MS患者のGd造影病変の磁化移動変化率の推移はいくつかのパターンをとり,脱髓の進行や再髓鞘化などの異なった経時的変化を示しているのだろう

Varicella-zoster virus in cerebrospinal fluid at relapses of multiple sclerosis. Ann Neurol. 2008;63:303-11.
多発性硬化症の増悪期には,髄液に大量の帯状疱疹ウィルス(VZV)の粒子が存在し,髄液や末梢血液単核球でのVZVのDNA量も増加している

Regional hippocampal atrophy in multiple sclerosis. Brain 2008 131: 1134-1141
海馬(特にCA1領域)はMS患者で萎縮し記銘力障害と相関し、RRMSよりSPMSのほうが障害程度が強い(3T MRIでの検討)

Postwithdrawal rebound increase in T2 lesional activity in natalizumab-treated ms patients. Neurology 2008 70: 1150-1151.
MS患者においてNatalizumab (ヒトα4-integrin抗体) を中断すると治療前より異常信号病変が増えるというReboundが認められてしまう

Multiple sclerosis-like disorder in opa1-related autosomal dominant optic atrophy. Neurology 2008 70: 1152-1153.
MS様の脳内病変を認めたOPA1遺伝子変異を持つ常染色体優性視神経萎縮(ADOA)の44歳男性例

Tnfrsf1a r92q mutation in association with a multiple sclerosis-like demyelinating syndrome. Neurology 2008 70: 1155-1156.
MS様の脱髄病変を来たしたTNF受容体関連周期性症候群(Tumor necrosis factor receptor-associated periodic syndrome)の16歳例

Do oligoclonal bands add information to MRI in first attacks of multiple sclerosis? Neurology 2008 70: 1079-1083.
MS初発時にオリゴクローナルバンドが認められると再発率は二倍になるが機能予後には影響しない

Responsiveness and predictive value of EDSS and MSFC in primary progressive MS. Neurology 2008 70: 1084-1091.
PPMSでの神経機能評価はMSFCよりEDSSが優れるが、どちらも機能予後の予測値としては不適切である

Genome-Wide Pharmacogenomic Analysis of the Response to Interferon Beta Therapy in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:337-344.
MS患者においていくつかのSNP(glypican 5, collagen type XXV α1 etc)はIFNbeta治療の反応性を規定する

Maternal Transmission of Multiple Sclerosis in a Dutch Population. Arch Neurol. 2008;65:345-348.
多発性硬化症発症は父系よりも母系の影響が強い

Interferon Gamma Allelic Variants: Sex-Biased Multiple Sclerosis Susceptibility and Gene Expression. Arch Neurol. 2008;65:349-357.
IFNγ遺伝子多型 (rs2069727 etc)は男性の多発性硬化症発症に関与する

Pluriformity of inflammation in multiple sclerosis shown by ultra-small iron oxide particle enhancement (USPIO). Brain 2008 131: 800-807.
USPIOナノパ?ティクル静注後MRI画像でMS患者脳内の炎症を評価できる

Strong EBV-specific CD8+ T-cell response in patients with early multiple sclerosis. Brain. 2008 Jun 11.
clinically isolated syndrome (CIS)のような早期MS患者ほどEBV-specific CD8+ T cellsが多く、疾患の発症にかかわるかもしれない

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください