緊張型頭痛 治療

慢性頭痛の診療ガイドライン 書籍

頭痛頻度の少ない反復型緊張型頭痛で、頭蓋周囲の圧痛を伴うものでは鎮痛薬が第1選択となります。一方で、慢性緊張型頭痛は鎮痛薬の効果は少なく、三環系抗うつ薬、ミオナールなどを用います。

頭痛の頻度が少ない場合
バファリン、NSAIDsなど
精神的ストレスが強い場合

    トリプタノール(10mg)1T1Xから徐々に増量、60mg/日まで
    デパス(0.5)2-3T分2-3

筋収縮が強い場合

    テルネリン
    ミオナール

その他
マッサージ、バイオフィードバック、体操など

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください