てんかん重積 治療

てんかん発作重積状態
すぐに、気道確保、酸素投与、輸液ルートを確保し、以下の薬物で発作を止め、採血、血液ガス、必要に応じて脳CTなどを行ってください。

薬物療法
Step 1. ジアゼパム(ホリゾン®、セルシン®など)
セルシン(10mg/ml)5-10mg静注 2-3回まで
これで、止まらなければStep 2へ

Step 2. 以下のいずれかを静注
1. フェニトイン(アレビアチン®)あるいはホスフェニトイン(ホストイン®)

アレビアチン250mg 静注 50mg/分以下の速度でゆっくり静注します
薬剤の血管外漏出による組織壊死、AVブロックなどの副作用に注意してください
2. フェノバルビタール(ノーベルバール®)
ノーベルバール 20mg/kg 静注
アレビアチンを2回500mg静注後あるいはノーベルバール静注後も止まらなければStep 3へ。止まれば、維持投与へ

Step 3. ミダゾラム(ドルミカム®)
ドルミカム 0.15-0.2mg/kg静注後、0.05-0.5mg/kg/時 持続静注
脳波のモニターで、脳波上のepileptic dischargeが止まっているかどうかの確認も必要です。これでだめなら、Step 4.へ

Step 4. その他
プロポフォール(ディプリバン®)

ディプリバン 1-2mg/kg静注後、2-10mg/kg/時
サイアミラールナトリウム(イソゾール®)
イソゾール 2-3mg/kg静注後、2-5mg/kg/時
期間挿管による呼吸管理と、昇圧剤による血圧管理が必要です

Step 5.
重積状態が落ち着いたら、一般的には血中濃度を参考にしながらフェニトイン(アレビアチン®)あるいはホスフェニトイン(ホストイン®)静注を1日1回投与などで続け、てんかん重積の原因、臓器障害の有無、禁忌などを考慮しながら、最適な経口抗てんかん薬を選択しましょう
経口薬の血中濃度が上昇すれば、静注薬も中止

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください