脳血管性認知症 治療

基本的には、脳血管障害の危険因子の管理と抗血栓療法が最も重要です。さらに、効果は乏しいと思いますが認知症に対する対症療法も行います。

1. 脳血管障害の危険因子の管理

    高血圧:ARB, ACEI, Ca-blocker, 利尿薬
    脂質異常症:スタチン+エイコサペンタエン酸
    糖尿病
    生活指導:運動、喫煙、ダイエット

2. 抗血栓療法

    非心原性:プレタール>アスピリン or プラビックス?
    心原性:プラザキサ、ワーファリン

3. 認知症の対症療法

    認知機能障害、BPSDに対しては、ADの項目を参照

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください