感染性脊髄炎 診断

以下の様なagentが原因になりますが、最近は梅毒性はあまりなく、ウィルス性が多い印象があります
ウィルス性

    単純ヘルペス脊髄炎:特にHSV-2
    帯状疱疹ウィルス脊髄炎:帯状疱疹出現後に多い
    HTLV-I脊髄症
    HIV-1関連脊髄症
    ポリオウィルス:急性灰白質炎
    エンテロウィルス

細菌性

    リステリアなど

結核性:radiculopathyを伴うことも多い
梅毒性:後索障害やArgyll Robertson瞳孔(縮瞳、対光反射の消失、近見反射正常)
寄生虫性

    ブタ蛔虫:レバ刺し
    イヌ蛔虫
    ライム病

コメントを残す