心房細動 治療

心房細動は、抗凝固療法が最も重要です。さらに、心拍数調整を行い、発作性心房細動など洞調律維持が期待できる場合には挑戦します。

心房細動治療薬の選択

心拍数調整(Rate control)
WPW症候群(デルタ波)なし、心機能良好

    Caチャネル遮断薬 ワソラン(ベラパミル)5mg 5-10mgを2分以上かけて静注
                へルベッサー(ジルチアゼム)0.25mg/kgを2分以上かけて静注
                ペプリコール(ベプリジル)内服
    β遮断薬 インデラル(プロプラノロール)0.15mg/kgを2mgづつ間欠的に静注
    ジゴキシン ジゴシン(ジゴキシン)0.25mgを2時間毎に静注、総量1mgまで

WPW症候群(デルタ波)なし、心機能低下

    ジゴキシン ジゴシン(ジゴキシン)0.25mgを2時間毎に静注、総量1mgまで
    β遮断薬 インデラル(プロプラノロール)2mg静注など少量使用

WPW症候群(デルタ波)あり

    Naチャネル遮断±Kチャネル遮断薬 
     サンリズム(ピルジカイニド) 150mg分3 静注の場合 1mg/kg/10分
     シベノール(シベンゾリン) 300mg分3 静注の場合 1.4mg/kg/2-5分
     リスモダン(ジソピラミド) 300mg分2 静注の場合 1-2mg/kg/5分
     タンボコール(フレカイニド) 200mg分2 静注の場合 1-2mg/kg/10分
     アミサリン(プロカインアミド)
    最終的にはアブレーション

洞調律維持(Rhythm control)
発作性心房細動

    サンリズム(ピルジカイニド) 150mg分3 静注の場合 1mg/kg/10分
    シベノール(シベンゾリン)   300mg分3 静注の場合 1.4mg/kg/2-5分
    プロノン(プロパフェノン)
    リスモダン(ジソピラミド)   300mg分2 静注の場合 1-2mg/kg/5分
    タンボコール(フレカイニド)  200mg分2 静注の場合 1-2mg/kg/10分

持続性心房細動
あまり無理して洞調律に戻す必要はありません。追求する場合は

    直流除細動
    ペプリコール(ベプリジル) 100mgからQT延長に注意しながら200mgまで増量
    ソタコール(ソタロール)    80mgから初め160-320mgまで増量可能分2
    アンカロン(アミオダロン)  400mgから開始し100mgまで減量

抗凝血療法の進め方
危険因子:TIAや脳梗塞の既往、高血圧症、糖尿病、冠動脈疾患、うっ血性心不全
75歳以上は危険因子の有無に関わらずワーファリン
75歳未満でも危険因子が1つでもある場合ワーファリン
60歳以上75歳未満で危険因子がない場合アスピリンでもワーファリンでもよい。NVAF自体の原因は不明。
60歳未満で危険因子がない場合投薬不要。NVAF自体の原因は不明。
※70歳未満ではPT-INR 2?3、70歳以上ではPT-INR 1.6?2.6を目標とする

その他

    Up-stream治療(ACEIやARBを積極的に投与)
    非薬物療法(カテーテルアブレーション)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください